あなたの会社は大丈夫?ボーナスが上がらない会社の特徴と対策を解説

<人生大逆転>私の体験談をご紹介

転職エージェントを使って社畜からの脱出!年収100万アップさせた方法

何も考えず適当に転職活動をしても失敗します。

学歴もスキルもない私が、転職エージェントを利用して5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。学歴やスキルもなく、転職に関する知識がない人にこそ転職エージェントを利用しないのはもったいないです。

なぜなら、転職エージェントは転職に関しての独自のノウハウを持っており、的確なアドバイス、非公開求人の紹介、履歴書添削、面接対策、年収交渉をしてくれるからです。

転職活動をスムーズに行えるサポートが充実しています。

自分のキャリアに自信がない人や転職しようにも何したら良いか分からない人ほど転職エージェントを利用するべきです。

どの転職エージェントを利用するか迷ったら業界最大手のマイナビエージェントがおすすめです。まずは、王道の転職エージェントを利用するのが間違いないです。求人数も多くサポートの質が高いので全ての人におすすめできます。

無料で90秒で簡単に登録できます。

社会人の皆さんは賞与を楽しみにしている人も多いのではないでしょうか?「ボーナスがでたら旅行に行こうかな」「欲しいモノを思い切って買っちゃおかな」等奮発していろいろなことをする人も多いと思います。

そんな中で「毎年ボーナスが少ない」「ボーナスが前よりも少なくなった」「前と同じだった」など自分の頑張りに対して納得していない人も多いのかと感じています。

ここで皆さんに知ってもらいたいのはどのようにしていけばボーナスが上がるのか参考にしてもらいたいと思っております。ボーナスが上がればしたかったことなどが出来ることも増えていきますよね!

それでは見ていきましょう。

 

ボーナスが上がらない会社の特徴

ボーナスが上がったという人もいれば、ボーナスが上がらないという人も様々。ボーナスが上がらない会社にはどのような特徴があるのでしょうか?

従業員はコマと考えている経営者

従業員をコストと考えている経営者はボーナスを多く出さない傾向にあります。従業員のボーナスを増やせば増やすほど自分の利益が少なくなりますからなるべくボーナスを安く抑えようとします。

自分のために働いてくれるコマとしか見ていません。そんな経営者は従業員に対して「お前の代わりなんていくらでもいるんだぞ」と暴言を吐いたり、きついノルマを与えてきます。

誠司
従業員のこと何も考えていないよね

従業員が一生懸命働いて利益をあげてくれているおかげで会社が回っているのですからそのような考え方の経営者の元で働くべきではありません。

成果を出した従業員にはそれに見合ったボーナスを還元するべきです。このような会社ではこのまま頑張っても明るい未来が見えませんから転職を考えても良いでしょう。

会社の利益が悪く倒産寸前

そもそも利益が悪くて従業員に与えるお金がないパターンです。

お金がなければボーナスが少なくても仕方ありません。

自分一人がどれだけ利益をあげても限界がありますから、このまま会社に居続けるのは危険かもしれません。

起死回生のチャンスがあるとすれば、打開の策を思いついて会社全体を巻き込んで引っ張っていくしかないでしょう。その結果、会社の業績が上がれば周りの評価も変わって素晴らしい未来が訪れるかもしれません。

しかし、会社全体を巻き込んで引っ張っていくなんて難しいですから、転職を考えるのが無難でしょう。

 

年功序列の会社

年功序列の会社では、若いうちにどれだけ頑張っても給料に反映されません。最も長く働いている人が最も評価されてしまいます。

どれだけ優秀な若手でも、無能な上司よりも給料が低くなってしまいます。その会社に長く勤め上げれば将来的にはボーナスが上がる可能性が高いですが、その会社は将来も存続しているかはわかりません。

最近では終身雇用が難しくなってきて居ますから、どれだけ成果を出しても若いうちに評価されない会社に居続けるのはリスクかもしれません。

 

ボーナスが上がる会社なのか上がらない会社なのか見分ける方法

評価基準が明確にされているか確認する

評価基準が明確になっていない場合はボーナスが上がる期待は薄いです。評価基準を曖昧にして実際の評価よりも低く評価することで、あまりボーナスを与えないでおこうとする会社もあります。

逆に評価基準が明確だとその評価基準をクリアしていけば評価に見合ったボーナスが支給されます。

誠司
評価基準が不明確だとモチベーションも下がるよね。

自分の会社の評価基準がわからない場合は人事担当者に評価基準を聞いて見ましょう。

 

上司のボーナスを聞く

上司の姿は将来の自分の姿と言われています。

例えば、自分よりも役職が高い上司のボーナスを聞いて、それが自分のボーナスとあまり変わらなければ、その会社に居続けても将来ボーナスが増えることはないでしょう。

どれだけ頑張って役職をあげてもボーナスはあまり変わりませんから。

逆に上司のボーナスが高ければ、将来的にボーナスが上がる可能性が高いでしょう。

けいこ
でも、上司にボーナスいくらもらったかなんて聞きにくいなあ

確かに、相当仲良くないと上司にお金の話は聞きにくいと思います。そのような場合は、飲み会などのお酒の席で上司が酔っ払った時にさりげなく聞いて見ましょう。

普段言いづらいことでもお酒の席では言いやすいものです。上司も酔った勢いでぽろっと教えてくれるかもしれません。

 

ボーナスはどのように決まるの?

基本的にはボーナスは給料の〇ヶ月分と会社によって決められています。

そこからあなたの仕事に対する評価が加わって具体的なボーナスが算出されます。

評価基準
  • 業績評価
  • 能力評価
  • 意欲評価

主にこの3つです。

業績評価とは会社の利益にどれだけ貢献したかを表しています。

能力評価は与えられた仕事をこなすことができる能力を評価するものです。スキルや知識が高いほど評価されていきます。

意欲評価とはどれだけやる気を持って仕事に取り組んでいるかを評価したものです。

 

ボーナスを上げるには評価を上げよう

ボーナスが上がらない会社でなければ、業績・能力・意欲の評価を上げればあなたが評価され、ボーナスを上げることができます。

けいこ
でも評価を上げるなんて簡単にいうけど実際に難しいよね。
誠司
確かにね。でも意欲の評価を上げることは今すぐにでも簡単にできるよ

業績も能力もいきなり上がることなんてできません。

しかし、意欲評価は今すぐにでもあげることはできます。意欲評価を上げるコツはやる気を見せつけることです。

また、意欲を上げることで能力も上がり、業績もあがってくるでしょう。

 

意欲の評価を上げていく方法とは?

これらを徹底することです。

  • 言われたことをすぐにやる
  • 納期を必ず守る
  • 一度した失敗は二度としない
  • タスクの完成度を磨く
  • ネガティブな発言をしない
  • 仕事を楽しむ

これらを意識して仕事に取り組んでいますでしょうか?意外とできていない人が多いのではないでしょうか?

できている人とできていない人とでは評価が全く変わってきますので今すぐにでも徹底していきましょう。

けいこ
意識すれば誰にでも今すぐできそうね!

 

まとめ

  • ボーナスが上がらない会社にいるのは危険
  • 最初に一番評価を上げやすいのは意欲評価

 

ボーナスが上がらないのには会社の状況が悪かったり、経営者の方針が悪かったり様々な理由があります。自分の仕事の評価がボーナスに反映している会社であれば、その会社で頑張ることは素晴らしいと思います。

しかし、自分の成果が評価されない、評価されてもボーナスに反映されない会社でそのまま働き続けるのはおすすめできません。

もし、そのような会社であれば今すぐに転職を考えても良いのではないでしょうか?

 

学歴なしスキルなし】そんな私でも転職したら年収100万以上アップ

転職しようと思った時、何も考えずやみくもに転職活動していませんか?それ、かなり損しています。

なんとなくハローワークに行ったり転職サイトを利用して良いと思った求人に応募しても内定を取るのは難しいです。ましてや、私のように学歴もスキルもないと余計に難しいです。

私は転職エージェントを利用してわずか3ヶ月で5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。

私は低収入で休みなしのブラック企業に勤務していました。毎月ギリギリの生活で欲しいものなんて買えませんでした。収入が低いので女性にもモテませんでした。優良企業に就職していて充実した生活を送っている友人には嫉妬と劣等感を感じるようになり、苦しくて辛い毎日でした。

そんな私が人生大逆転に成功した体験談はこちらになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です