上司へのメールに「お疲れ様です」は使える?注意すべき点とは

<人生大逆転>私の体験談をご紹介

転職エージェントを使って社畜からの脱出!年収100万アップさせた方法

何も考えず適当に転職活動をしても失敗します。

学歴もスキルもない私が、転職エージェントを利用して5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。学歴やスキルもなく、転職に関する知識がない人にこそ転職エージェントを利用しないのはもったいないです。

なぜなら、転職エージェントは転職に関しての独自のノウハウを持っており、的確なアドバイス、非公開求人の紹介、履歴書添削、面接対策、年収交渉をしてくれるからです。

転職活動をスムーズに行えるサポートが充実しています。

自分のキャリアに自信がない人や転職しようにも何したら良いか分からない人ほど転職エージェントを利用するべきです。

どの転職エージェントを利用するか迷ったら業界最大手のマイナビエージェントがおすすめです。まずは、王道の転職エージェントを利用するのが間違いないです。求人数も多くサポートの質が高いので全ての人におすすめできます。

無料で90秒で簡単に登録できます。

就職活動が実り、働いて収入を得るという社会人生活に入っていかれる新入社員の方もいらっしゃることでしょう。

新しい世界でのワクワクと同時に、今までの学生生活とは違うさまざまな出来事への戸惑いや不安もありますよね。現在では当たり前になった電子メールでの連絡も、ぞんざいに扱ってしまうと上司に「失礼な部下だ」と思われるという落とし穴が待っているかもしれません。

まずはどのように書き出せばよいか、上司宛てのメールのマナーを知って、不安を1つでも手放していただけたらと思います。

 

「お疲れ様です」の使い道と意味

デジタル大辞泉によると、「相手の労苦をねぎらう意で用いる言葉。また、職場で先に帰る人へのあいさつにも使う」となっています。同じ職場で働く人への一般的なあいさつとして、使われる言葉ですね。

また、メールでの書き出しの挨拶としても使われ、「お疲れ様です。」と書き出してから本文を書くことが多いです。

上司へのメールで「お疲れ様です」はOK?

上司、目上の方に対しても、「お疲れ様です」という書き出しは使ってOKです。

ただし、「社内」で使うようにしましょう。社外の方に対しては失礼にあたりますので、「お世話になっております」とします。

ポイント
  • お疲れ様です=社内で使える言葉
  • お世話になっております=社外で使える言葉

上司に「ご苦労様です」は使える?

「ご苦労様です」は、「お疲れ様です」とよく似た意味の言葉ですが、目上から目下に使われるねぎらいの言葉なので、上司宛てのメールに書くのはNGです。

上司に「ご苦労様です」というと「こいつは礼儀を知らない奴」だと思われてしまうので注意してください。

誠司
特に新卒で入社したばかりの人は間違いやすいポイントだからしっかり覚えた方がいいね!
けいこ
そうね。第一印象が悪くなったら最悪よね!

 

「お疲れ様です」は時間帯によっても使い分けよう

「お疲れ様です」は、相手を選ぶことが少なく使いやすいあいさつといえますが、基本的に「疲れている人をねぎらう」という意味がありますので、始業直後の時間帯などに使うと「まだ疲れていないのに」と思われたりして、そぐわない場合もあります。

そういった場合には、冒頭のあいさつを「おはようございます」、「本日もよろしくお願いいたします」などと言い換えることもできます。

ポイント

朝は「おはようございます」お昼から「お疲れ様です」と使い分けれるとなお良し

「お疲れ様です」も注意が必要な場合もある

一方で、「お疲れ様です」が失礼であるととらえられる場面もあるようです。

タレントのタモリ氏が「子役が誰にでも『お疲れ様です』と言って回るのはおかしい」と発言し、その後、週刊ポスト2015年8月14日号において「『ご苦労様です』『お疲れ様です」は本来人をねぎらう言葉で、目上の人が使うのが伝統的である」という趣旨の日本語研究者の発言が掲載されていました。

このように、目上の方に使うのは失礼とされる場合もあることを覚えておいて、相手に不快感を与えることがないよう気をつけましょう。

誠司
僕の会社ではみんな使っているからびっくりしたな〜。現代では、当たり前に使われてきているからそこまで気にしなくてもいいんじゃないかな?
けいこ
そうね。でも最初は職場の皆んなの様子を見つつ、「お先に失礼します」などの言葉を使った方が良さそうね!

 

「お疲れ様です」以外に使えるメールの書き出し

  • 「○○の件、承知いたしました」
  • 「ご連絡ありがとうございました」
  • 「○○の件につきましてご報告いたします」
  • 「表題の件ですが」

などがあります。

上司へのメールは簡潔さが大事なこともあります。

課長、部長などの上司のメールボックスには、1日に何十通ものメールが届いていてもおかしくありません。

某企業で課長をしている友人の話では、1日に50通を超えることもあるそうで、「最初の1文で内容がわかると振り分けの判断がすぐにできて助かる」とのことでした。

特に急ぎの場合など、忙しい上司の時間を余分に使うことなく用件が伝えられ、好印象を残すこともあります。

 

まとめ

  • 「お疲れ様です」とは、人をねぎらう言葉である
  • 「お疲れ様です」は上司へのメールに使ってよい
  • 「ご苦労様です」は目上から目下に使うねぎらいの言葉なので、上司へのメールには使わない
  • 上司へのメールは簡潔さも重要。冒頭で内容がわかるメールは上司への気配りにもつながる

 

「お疲れ様です」は、メールの場合にも使いやすいあいさつの言葉です。

しかし、そこにあえてひと工夫することによって、あなたの印象を変えることができる部分でもありますので、いつもワンパターンで自動的に入力するのではなく、ときには違う1文を考えてみるのもよいでしょう。

相手に失礼にならないように注意しながら、気持ちのよいコミュニケーションを心がけましょう。

学歴なしスキルなし】そんな私でも転職したら年収100万以上アップ

転職しようと思った時、何も考えずやみくもに転職活動していませんか?それ、かなり損しています。

なんとなくハローワークに行ったり転職サイトを利用して良いと思った求人に応募しても内定を取るのは難しいです。ましてや、私のように学歴もスキルもないと余計に難しいです。

私は転職エージェントを利用してわずか3ヶ月で5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。

私は低収入で休みなしのブラック企業に勤務していました。毎月ギリギリの生活で欲しいものなんて買えませんでした。収入が低いので女性にもモテませんでした。優良企業に就職していて充実した生活を送っている友人には嫉妬と劣等感を感じるようになり、苦しくて辛い毎日でした。

そんな私が人生大逆転に成功した体験談はこちらになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です