会社の飲み会で楽しめるゲームと貰えると喜ばれる景品を紹介

<人生大逆転>私の体験談をご紹介

転職エージェントを使って社畜からの脱出!年収100万アップさせた方法

何も考えず適当に転職活動をしても失敗します。

学歴もスキルもない私が、転職エージェントを利用して5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。学歴やスキルもなく、転職に関する知識がない人にこそ転職エージェントを利用しないのはもったいないです。

なぜなら、転職エージェントは転職に関しての独自のノウハウを持っており、的確なアドバイス、非公開求人の紹介、履歴書添削、面接対策、年収交渉をしてくれるからです。

転職活動をスムーズに行えるサポートが充実しています。

自分のキャリアに自信がない人や転職しようにも何したら良いか分からない人ほど転職エージェントを利用するべきです。

どの転職エージェントを利用するか迷ったら業界最大手のマイナビエージェントがおすすめです。まずは、王道の転職エージェントを利用するのが間違いないです。求人数も多くサポートの質が高いので全ての人におすすめできます。

無料で90秒で簡単に登録できます。

社員の交流を深めるため、新入社員歓迎、気の合う同僚たちと愚痴を言い合う…など、社会人になったら様々な理由で頻繁に飲み会に行く機会があると思います。中には、部署や業務のチーム単位での、半ば強制参加の飲み会もあると思います。

もしあなたがその飲み会の幹事になった時に、飲み会を盛り上げようとゲーム大会のようなものを開催する場合があると思います。ゲームに勝ったら景品がもらえるとさらに盛り上がりますよね。

この記事では、飲み会を盛り上げるためのみんなが楽しめるゲームと、社会人になってももらって嬉しい景品を紹介したいと思います。

はずれなし!飲み会で楽しめる色々なゲーム

「飲み会の幹事の一人になってしまった。やること多いのに、ゲームのルールとか説明とかもしなきゃだし…正直めんどうくさい。」と思っているそこのあなた。

確かに、飲み会のお店を探したりどのコースを選ぶか考えたり、一人当たりいくら徴収すればいいのか計算したりと、やることが多くて大変ですよね。

しかし、飲み会でやるゲームはその場にいる人が楽しめれば良いのですから、そのことで悩んで独自性のあるゲームを考える必要はありません。今も昔も万人に広く愛されているゲームで盛り上がりましょう。

ただし、飲み会だからと言ってハメを外しすぎず、周りの方に迷惑がかからない程度に盛り上がるようにしましょう。

ビンゴゲーム

当たれば景品がもらえるゲームの代表的なものです。ルールを説明する必要もなく、得意不得意もないので平等に楽しめるでしょう。また、景品がもらえるチャンスが大きいので盛り上がること間違いなしです。飲み会の参加人数が多い場合でも対処できます。

事前に準備しなければならない道具も、雑貨店などのパーティーグッズのコーナーには必ず置いており、大量に購入してもそんなに高くないので後で経費を集める時に批判が殺到する、ということもありません。

誠司
リーチになった時のワクワク感がたまらない!

 

黒ひげ危機一発

こちらも複数人で遊べるゲームの代表的なものになります。いつ黒ひげが樽から飛び出してくるかのドキドキ感は、お酒を飲んで気分が高まっている時にはさらに楽しめるでしょう。飲み会の参加人数がそんなに多くなければ十分に楽しむことができます。

ゲームをする時に参加者との距離が近くなるため、親密度を深めるためにもおすすめです。また、一回きりのゲームではなく景品がなくなるまで続行可能なので、綿密な時間配分やスケジュールを立てなくても盛り上がります。

けいこ
残り少なくなってきた時のドキドキ感が楽しいよね

 

ジェスチャーゲーム

幹事がジェスチャーをして、参加者が当てるという一般的なものでもいいし、チームにわけてどちらがより多く回答したかで対抗しても面白いでしょう。そのあたりの細かいルールは飲み会の参加人数を見ながら対応しましょう。

少しだけルールを考える必要はありますが、回答を凝ったものにしすぎて誰もわからない、という状況は逆にそのあとの対応が面倒です。その時の流行のポーズやにわとりのものまねなど、みんなが分かるものの中に少しだけ凝ったものを入れるのがベストです。

誠司
大人数で楽しめるし、大盛り上がり間違いなし!

 

社会人になっても嬉しい景品

男性社員もいる飲み会でこの夏一押しの神コスメ詰めを景品に選んだり、たまたま古書店で見つけた歴史的にとても貴重な書物を景品にしても、その場では盛り上がるかもしれませんが持ち帰って速攻でゴミ箱に捨てられてしまうかもしれません。

参加する飲み会が気の合う同僚たちで開くのか、新入社員歓迎や出産祝いなどの仕事の延長のようなものなのかで、景品のラインナップを変えてみるのが良いでしょう。今回は、どちらの場合でも重宝される景品を紹介します。

 

商品券・割引券・クーポン券

社会人になっても普段使いができて、もらっても嬉しいものといえばダントツで「お金」、もしくは「現金」であることは間違いないでしょうが、貰えなかった人たちや費用の徴収の際に批判がくるでしょう。

ですが欲しいものは欲しいのです。なので、社会的な体裁を守りつつ、「お金」として使用できるが「お金」ではない商品券・割引券・クーポン券などを景品に選ぶと良いでしょう。

「景品のラインナップが微妙すぎてゲームやっても楽しくない、今すぐおうちに帰りたい」という状況になってしまうのならば、景品の商品券でその人の欲しいものを直接買ってもらえば、批判もされず景品を選ぶ手間も省けて一石二鳥です。

もちろん、財布の中から発掘された、未使用だけれど期限が切れているものや、あと3時間後にはただの長方形の紙になってしまうものはふさわしくありません。使用期限をしっかりと確認するようにしましょう。

 

お菓子

甘いの、辛いもの、しょっぱいものなど、お菓子には種類が豊富にあります。その時に話題になっていたり、新しく発売されたり、知る人ぞ知る、という風に選んだお菓子によってその都度盛り上がれるし、お菓子は食べられるので二度楽しめます。

お菓子を詰め合わせて景品にするのも良いかもしれませんが、複数の商品を購入してさらにそこから自分たちで袋詰めする作業を考えると少し面倒です。店頭に並んでいて、事前にラッピングしてくれる製菓店で購入した方が良いでしょう。

ただし、どんなにおいしいお菓子でもアレルギーがあっては食べられませんし、好き嫌いなどは人それぞれなので、事前に調べておくか、分かる範囲で注意しておきましょう。

 

ゲームと景品にかける費用はどのくらいがベスト?

飲み会に参加した人たちから、最後に(最初でも)参加費用を徴する場面があると思いますが、ゲームに使用した道具や景品代もそこに含まれるのです。

安い居酒屋のコース・食べ放題、飲み放題メニューでも一人当たり3000円以上はかかることが多いと思いますが、景品代でそれ以上かかってしまうともらっても嬉しくなくなってしまうかもしれません。また、景品をもらえなかった人もいるでしょう。

参加者には全員何か景品を配るのか、そうでないのかもその飲み会がどんな目的開催されるのかを考えつつ、一人当たりの費用は2000円以下に抑えるのがいいと思います。

 

まとめ

飲み会か時として社会人としての交流の一面もあり、メンツによっては緊張してしまったり、余計な出費だな、嫌だなと思うこともあるかもしれません。どうせ参加するならばより楽しい方がいいですよね。

  • 参加者全員が楽しめる定番のゲームで飲み会を盛り上げる
  • 景品は、普段使いできる商品を選ぶ
  • ゲームやその景品にかける費用はなるべく抑える

以上のことを念頭に置きながら、みんなが楽しく飲み会に参加できるように、幹事として計画を立てていきましょう。

学歴なしスキルなし】そんな私でも転職したら年収100万以上アップ

転職しようと思った時、何も考えずやみくもに転職活動していませんか?それ、かなり損しています。

なんとなくハローワークに行ったり転職サイトを利用して良いと思った求人に応募しても内定を取るのは難しいです。ましてや、私のように学歴もスキルもないと余計に難しいです。

私は転職エージェントを利用してわずか3ヶ月で5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。

私は低収入で休みなしのブラック企業に勤務していました。毎月ギリギリの生活で欲しいものなんて買えませんでした。収入が低いので女性にもモテませんでした。優良企業に就職していて充実した生活を送っている友人には嫉妬と劣等感を感じるようになり、苦しくて辛い毎日でした。

そんな私が人生大逆転に成功した体験談はこちらになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です