Fランク大学生の就職後の実態とは?辛い生活から抜け出す方法

<人生大逆転>私の体験談をご紹介

転職エージェントを使って社畜からの脱出!年収100万アップさせた方法

 

給料が上がらない会社にいても将来はありません。

学歴もスキルもない私が、転職エージェントを利用して5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。学歴やスキルもなく、転職に関する知識がない人にこそ転職エージェントを利用しないのはもったいないです。

なぜなら、転職エージェントは転職に関しての独自のノウハウを持っており、的確なアドバイス、非公開求人の紹介、履歴書添削、面接対策、年収交渉をしてくれるからです。

転職活動をスムーズに行えるサポートが充実しています。

自分のキャリアに自信がない人や転職しようにも何したら良いか分からない人ほど転職エージェントを利用するべきです。

どの転職エージェントを利用するか迷ったら業界最大手のマイナビエージェントがおすすめです。まずは、王道の転職エージェントを利用するのが間違いないです。求人数も多くサポートの質が高いので全ての人におすすめできます。

無料で90秒で簡単に登録できます。

誠司
そういえばさぁ。低学歴大学生って知ってる?
けいこ
えっ、低学歴っていうと大学を出ていない高卒以下の人達を指してる言葉じゃなかった?
誠司
いや、最近の風潮だといわゆるFランク大学と呼ばれる大学に通う学生達が、自分達は低学歴だと自覚しているらしいんだ。。
けいこ
あら、驚きだわ。大学生ってひとくくりに高学歴だと思ってた。 ちなみにFランク大学ってどういう大学でどんな人達が通ってるのかしら・・・。

 

Fラン大学とは?

河合塾では模試において合否判定が困難な学部・学科をF(フリー)ランクと分類した。

大半が倍率が低く不合格者があまりにも少ない学科で、基準となる偏差値が算出できない場合である。

実技だけの入試や国立大学の後期日程入試なども精度の高い判定は困難としてFランクとして扱われる。

参考文献 Fランク大学とは

このようにFランク大学=誰でも大学に入学出来る=低学歴という認識になっているのです。

そのためFランク大学に通う学生達は、学歴コンプレックスをもっている人が多いのも特徴です。

Fラン大学の偏差値

先ほどFランク大学は偏差値を算出できないと説明しましたが、河合塾が公開している偏差値表では、偏差値35未満の大学は記載されていません。

よって、偏差値が算出されていない大学は偏差値が35未満であることが分かります。偏差値が算出されている大学はFランク大学ではないのかと言われるとそうではなく、一般的に偏差値40弱未満の大学はFランク大学と言われています。

 

Fラン大学生の特徴

親が過保護

Fランク大学の学生の特徴として親が過保護である傾向があります。親が過保護なのと、低学歴大学生って関係あるの?と思われるかもしれません。

理由として親が過保護だと可愛い子供に、せめて大学だけでもいかせてあげなければと思うものです。

親が厳しい場合は、「高校出たら働きに出るように促したり」、「大学行き気がないなら行かなくていい」など子供を甘やかしません。親が過保護な場合は、子供に苦労をさせたくないと思って、大学ならどこでもいいからいかせたいと思ってしまうのです。

そして、子供も働くよりは大学に行って遊んだ方がいいなと考えて、親に促されるまま、Fランク大学に進学するケースが多く見られます。

勉強嫌いで勉強が苦手という強い思い込みがある

低学歴大学生の特徴として、勉強が嫌いな人が圧倒的に多いという事です。勉強が嫌いで、そもそも勉強をやり始めるまでに大きなエネルギーを使ってしまいます。

そして勉強をやったという事実に満足する傾向に強く、無意味な勉強に時間をついやしがちです。

無意味な勉強
  • テキストの文章を丸薄し
  • 蛍光ペンでやたらとマークをする
  • 問題を解いて答え合わせしたら満足してしまう

こういった無意味な勉強は時間と労力の割には、テストの点につながりづらいのが特徴です。

そのため「自分はどうせ頭が悪い」と勉強が嫌いになり、勉強に対してのやる気を失ってしまうのです。私達人間は目に見えた結果が見えないと、やる気が下がってしまいますからね。

人は成果があがらないとやる気をなくす反面、成果がしっかりあがればぐんぐん伸びていく事もあります。

そのため仕事を始めてから成果をあげて化けたりスキルアップ転職で成長していくFラン学生もいるのです。

目先の誘惑に弱く人に流されやすい

物が少なかった昔と違って現代は至るところに誘惑が潜んでいます。勉強に限らず、禁煙ダイエットギャンブルなど、どれも誘惑が強烈で完全に断ち切るのが難しいものばかりです。

そして、現在一番勉強の誘惑となるのが、スマートフォンでしょう。スマートフォンはいつでも身につけている事が多く、動画もネットサーフィンもSNSも何でも出来ます。

スマートフォンは1秒あれば開けてしまうので、その手軽さ故に勉強の大きな弊害となっています。少しスマートフォンをいじるつもりが気付けばYoutubeを見たり、ブログをチェックしたりと、何かと気が散ります。

それに、友達から遊びの連絡があれば、遊びにでかけてしまいます。Fランク大学の人は優先順位を考えず、目先の楽しさに目がくらみ面倒な事は後回しにしがちな傾向があります。

そして、この目先の事を優先する習慣は社会人になっても抜けず、就活だけでなく転職活動も後回しになり後悔してしまうのです。

 

Fラン大学生の就職活動あるある

就活をやり始める時期が遅い

Fランク大学の生徒は基本的に就活をスタートする時期が遅くなりがちです。普通優秀な学生達就活>>>学生生活ですが、Fランク大学生大学生活>>>就活となりがちです。

なぜ、Fランク大学生は就活をスタートする時期が遅れてしまうのか?

それは目の前の楽しみの方が大事だったり、少しでも社会に出るという現実から現実逃避したいためです。

そして、周りの人が就活一段落してから焦り始めるのです。

学歴フィルターを実感しまくる

就活の時期になると大手の企業ほど大量のエントリーシートが就活生から送られてきます。エントリーシートに目を通す人事の人は、エントリーシートを読む以外にももちろん仕事を抱えています。

それこそ何千、何万枚と送られてくるエントリーシート全てに目を通していたら、膨大な時間がかかります。そのため目を通すべきエントリーシートと目を通さなくていいエントリーシートの選別が必要になります。

そのエントリーシートの選別の時に、皆様が知っての通りである学歴フィルターが使われます。有名大学に入学するには競争を勝ち抜く必要があります。

そして、有名大学卒業という肩書きは、競争を勝ち抜いた努力の証明にもなります。もちろんFランク大学と言われる大学にも上位層の優秀な学生はいます。

しかし、Fランク大学の上位層を探すより、有名大学の優秀な人間を探す方が簡単なのはいうまでもありません。以上の理由から企業はまず学歴で学生を選別しているのです。

そのためFランク大学の学生は大手に書類を提出しても、ほぼ書類選考のみで不採用とされてしまいます。

こちらの動画ではFランク大学の学生がエントリーシートを勝ち抜く為の方法について、まとめられています。

就活を速攻で片付けて、とりあえず遊ぶ

Fランク大学の学生の風潮として、とりあえずブラック企業でも何でもいいから早く内定を決めたがる傾向にあります。

その時の学生の心の声はこうです。

内定が決まったFランク就活生の心の声
  • 就活かったりぃ~、はやく内定決めて遊びまくりてぇ
  • とりあえず内定出たし、もう就活だるいからここできめよっかな。
  • あ、一応内定先企業で検索してみるか。
  • OO株式会社 ブラック企業 OO株式会社 帰れない OO株式会社 過労死 
  • げっ、ブラック企業じゃん。と、とりあえずは働き始めるまで期間あるし、大丈夫だろ。

Fランク大学生にとっていい企業に早い段階で内定を勝ち取るのは、並大抵の事ではありません。やはり準備もしてないFランク学生が早い段階で内定をもらえるのは、ブラック企業が多くなります。

それでも限りある大学生活を謳歌したいFランク大学生は、とりあえず働きはじめの問題は後回しにしてしまいます。

よって、働き始めた後の理想と現実のギャップに苦しみ、もっと就活をちゃんとしとけばよかったと後悔するのです。

 

Fラン大学から就職後の実態

Fラン大学生は就職活動においてかなり不利な状況で戦っていかなければなりません。そのために、ブラック企業に就職する可能性が高く、誤って入ってしまった場合、過酷な生活が待ち受けています。

平均年収以下しか稼げない

日本の平均年収は400万弱と言われています。

ブラック企業に入社した場合、年収は平均年収以下に設定されていることが多いです。中には年収200万もいかない企業も存在しています。

入社1年目の時期だと企業にとって即戦力でないため、どこの企業の給料もあまり変わらないです。しかし、2年、3年と勤務年数が増えていくにつれて給料に大きな差が生まれてしまいます。

大企業だと働く年数が上がるにつれて給料もボーナスも大きくなっていきますが、ブラック企業だとずっと給料が上がらないままです。

独り身だと生きていけることはできますが、今後家庭を持ちたいと考えている場合かなり生活が厳しくなるでしょう。

労働環境が過酷で辞める

ブラック企業の特徴の一つに労働環境の悪さです。

有給が取れない、休日出勤は当たり前。残業時間が月に45時間を超えるなどです。また、過酷なノルマを与えて達成できなかった場合、暴言や暴力などで労働者を追い詰めます。

これらは典型的なブラック企業の特徴でこのような会社で働くと長くは持ちません。身体的にも精神的にも辛く、辞めてしまう人がほとんどです。

フリーターやニートになる

Fラン大学生はそもそも就職できなかったり、就職できたとしてもブラック企業に入ってしまい仕事が続かずにフリーターやニートになってしまう人が多いです。

大学の楽しさと仕事の辛さのギャップに耐えられず、正社員として働こうという気力が湧きません。特に実家に住んでいる人は働かなくてもいきていけるので、親に甘えてしまって危機感もなかなか持てません。

だらだらとフリーターやニート生活を続けてしまい現状から抜け出せなくなってしまうパターンです。

 

Fランク大学生が辛い生活から抜け出す方法

新卒で入社した会社で頑張り出世をする

Fランク大学生のみならずどんな大学を出ていても、新卒キップはとても貴重です。

新卒入社中途入社では将来の成長の幅に大きな差が出ます。

やはり新卒は経営幹部や管理職になる比率が多く、中途よりも優先的に出世していきます。日本では昔から青田買いといって、新卒一括採用をするのが慣例となっています。

そのため新卒に対して思い入れがあり、期待感もいっそう強いのです。もし、学歴に自信がない人は、人生で一枚しかない新卒キップの使い道をよく考えましょう。

注意点としては出世したとして待遇はよくなるのか確認しなければなりません。もし、出世しても待遇がよくならないのであれば出世する意味があまりありません。

飲みの席などで上司などからさりげなく聞いて見ることをおすすめします。

ネットで簡潔出来るビジネスをやってみる

今の日本ではフリーランスやYoutuberやブロガーなど働き方が選べる時代になりましたね。

一昔前までは会社に通って仕事をする以外の選択肢はないに等しい状態でした。

わざわざ会社に通わなくても、フリーランスのプログラマーWebデザイナーブロガーなど会社に出勤しない人も増えています。

誰だって出来れば毎日通勤電車に乗りたくない、そもそも会社行きたくないと思うのは当然のことです。

そのため今自由な時間とお金を得る為に、Webデザインやプログラミングなどを学ぶ人が増えています。

そして今後はよりWeb系の技術というものは伸びていく業界のため、挑戦してみる価値はおおいにあります。

IT業界有名大学とかFラン大学とか高卒とか学歴は関係ありません。純粋にいいものを作れる、技術力の世界なのです。

転職エージェントを利用し転職する

先ほども新卒で就職する事の重要性はお伝えしましたが、全ての人が新卒入社した会社で長く頑張れるとは限りません。

むしろ新卒入社して3年以内に約3割の人が何らかの理由で退職すると言われています。

そして新卒で入社した会社を1年たたずに、1ヶ月や3ヶ月などで見切りをつけてはやばやと退職する人もいます。

ただ、辞めるのはいいのですが、短期離職をしてしまう人は大抵が行き当たりばったりで辞めてしまうケースが目立ちます。

誠司
僕の友人で大学を卒業した後、新卒で入社した会社すぐ辞めちゃった子がいるんだよね。
けいこ
あら、そうなの。その後その友人はどうなったの?
誠司
結局しばらくはフリーターでしのいでいたらしいけど、その後は空白期間が出来て就活もうまくいかず、実家で引きこもっちゃったみたいだね。
けいこ
引きこもりって他人毎みたいに思ってたけど、誰でもきっかけ次第でなっちゃうものなのね。 その友人は安易に仕事を辞めてフリーターを始めちゃったのが原因だと考えられるわね。 あなたも何もあてがないのに、いきなり仕事辞めてこないでよね。
誠司
大丈夫だよ。僕は現状仕事を辞めるきもないからね。 それにもし辞めるにしても転職エージェントを遣って、ちゃんと次の職場を確保してからしか辞めないよ。

新卒入社した会社を短期離職した場合に、やりがちな失敗はとりあえずフリーターや派遣社員などの非正規として働く事です。

理由もないのにフリーターや派遣社員などをしていると、技術が身につかない上に貴重な時間は確実に消費します。

そして現状として非正規で働いていた期間は転職活動の場では評価されにくいという現実があります。

やはり中途入社の人間に望むものとして、即戦力となるスキルが欲しいという企業の思いがあるからです。

そのためやりたい事かなえたい夢がある場合を除いて、安易に非正規社員として働く事は避けた方がいいですね。

逆に短期で仕事を辞めた場合は、期間を空けない様に素早く転職活動をする事が望ましいです。

特に技術系の仕事は技術が身につけば、食いっぱぐれがなく、更に業務に関連した資格を身につければ年収のUPも期待出来ます。

自分で転職活動するのが面倒だったり、入社した企業がブラック企業だと嫌だなぁと思う人には転職エージェントがオススメです。

転職エージェントは無料で求人を出してくれるハローワークと違ってお金を払ってでも人を採用したいという企業が集まっています。

そのため必然的に求人の質は高まりますし、転職エージェントでは履歴書の添削や面接対策もバッチリ行ってくれます。

だから普段仕事が忙しくて転職活動の準備なんてしていられないという人にもありがたい存在なのです。

自分で転職活動するにしろ、転職エージェントを利用するにしろ、転職活動の準備は万全に行っておきましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

Fランク大学に入学してしまって、人生を悲観的に考えている大学生は思いのほか多いものです。

そして、大学を出ている分、作業系の仕事は嫌とか、安くて拘束時間の長い仕事が嫌とか、理想のライフスタイルもあるでしょう。

大学を卒業して、新卒で終章した企業で一生勤めるという固定観念を捨てて見てはどうでしょうか?今は働き方も自由に選べるし、転職支援サービスも充実していて以前よりは、離職のリスクも減りました。

もしも、自分がブラック企業で働いていて、もう限界だと感じたら迷わず転職を考えましょう。

転職は逃げではなく、一つの選択肢なのですから。

学歴なしスキルなし】そんな私でも転職したら年収100万以上アップ

転職しようと思った時、何も考えずやみくもに転職活動していませんか?それ、かなり損しています。

なんとなくハローワークに行ったり転職サイトを利用して良いと思った求人に応募しても内定を取るのは難しいです。ましてや、私のように学歴もスキルもないと余計に難しいです。

私は転職エージェントを利用してわずか3ヶ月で5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。

私は低収入で休みなしのブラック企業に勤務していました。毎月ギリギリの生活で欲しいものなんて買えませんでした。収入が低いので女性にもモテませんでした。優良企業に就職していて充実した生活を送っている友人には嫉妬と劣等感を感じるようになり、苦しくて辛い毎日でした。

そんな私が人生大逆転に成功した体験談はこちらになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です