転職の面接を辞退したい!どのような理由を伝えれば良い? 

<人生大逆転>私の体験談をご紹介

転職エージェントを使って社畜からの脱出!年収100万アップさせた方法

何も考えず適当に転職活動をしても失敗します。

学歴もスキルもない私が、転職エージェントを利用して5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。学歴やスキルもなく、転職に関する知識がない人にこそ転職エージェントを利用しないのはもったいないです。

なぜなら、転職エージェントは転職に関しての独自のノウハウを持っており、的確なアドバイス、非公開求人の紹介、履歴書添削、面接対策、年収交渉をしてくれるからです。

転職活動をスムーズに行えるサポートが充実しています。

自分のキャリアに自信がない人や転職しようにも何したら良いか分からない人ほど転職エージェントを利用するべきです。

どの転職エージェントを利用するか迷ったら業界最大手のマイナビエージェントがおすすめです。まずは、王道の転職エージェントを利用するのが間違いないです。求人数も多くサポートの質が高いので全ての人におすすめできます。

無料で90秒で簡単に登録できます。

様々な理由で仕事を辞めて、新たな職場でのスタートを切るための転職活動の際に、絶対に通らなけらばならないのが面接です。

企業へとあなたの強みを伝える最大の機会であり、あなたが企業の雰囲気を知る上でも、面接はとても重要だと言えます。

しかし、その重要な面接を辞退しなければならなくなってしまった場合もあるはずです。一体どのような理由で面接を辞退するのか、またその時どのように対応すればいいのか、詳しくまとめました。

 

面接を辞退する理由

仕事を辞める理由に様々なものがあるように、面接を辞退する理由にも様々な理由があります。

そのなかでも数多く挙げられているものの一つに、「選考予定がすでにあった」「別の企業から内定をもらったため」という理由があげられます。

同時に何社もの企業の選考を受けることで、スケジュール調整や他の企業の選考状況によって予定が合わず面接を辞退するようです。

次に「希望する部署に入れない可能性があった」があげられます。

面接を通して雰囲気があっていないと感じたり、希望する部署に配置されない可能性があるなど、認識のずれによって面接を辞退するようです。

その他の辞退理由
  • ネット上で悪い評判を聞いたから
  • 企業側の対応が悪かったから
  • 周りの人に反対されたから
  • 働ける自身がなくなってきたから
  • 体調が悪くなったから

以上の理由により、面接を辞退することへとつながったようです。

より自分の能力を活かせる環境であったり、給料についてだったり、転職活動の企業選びのポイントが人それぞれ存在しており、それにマッチした企業を選ぶことが大切だと思います。その際に、面接を辞退しなければならないという場面も、どうしても発生してしまうでしょう。

どの企業が本当に自分に合っているのか、その都度その都度で冷静に見極めなければなりません。

 

面接辞退の理由は何と伝えればよい?

「面接を辞退したい」と思っても何と伝えれば良いか悩みますよね。なんて言っていいか見つからず憂鬱な気持ちになってしまいます。

実は、面接の辞退の理由は特に詳しい理由を伝える必要はないんです。

「一身上の都合により辞退させて頂きます」と伝えれば十分です。

面接官から何か言われることはありませんし、もし、辞退の理由を聞かれても下記の理由を伝えれば大丈夫です。

辞退理由参考例
  • 他者に内定が決まった
  • 家の事情で働ける状況ではなくなった
  • 今の仕事を辞めれなくなった
  • 貴社のことを面接などを通して理解していく中で思っていたものと違った

これらの理由であれば問題なく辞退することができます。間違っても、応募した会社が悪いような理由でやめることを伝えるのは辞めましょう。

 

面接を辞退する時の注意点

転職活動で、企業にとってもとても重要である面接を辞退するのですから、それなりの誠意を見せる必要があります。人事部の方はあなたとの面接のために日程の調整をし、部屋を確保したり履歴書の確認など様々な準備をしています。

もし、何の連絡も入れずに面接を辞退してしまったら、企業の準備も水の泡になってしまいますし、なにより約束を破ることになります。社会に出て働いた経験があるならば、企業にとってどれだけ迷惑がかかるかはすぐに想像できるはずです。

面接を辞退する時は、メールでも電話でも、なるべく早い段階で採用担当の方に伝えるのがマナーです。面接の日時が近かったり、緊急の理由で当日に行けなくなったは際には確実に伝わるように、電話を使いましょう。

求人サイトやエージェントの紹介である企業ならば、担当の方の指示に従い、面接辞退の手続きをしてもらいます。

どのような理由があるにせよ、早め早めの行動が大切です。

 

まとめ

  • 面接を辞退する理由は、他の企業との選考状況や、企業との認識のずれによるよるものが多い
  • 面接の辞退理由は「一身上の都合により辞退します」で大丈夫
  • 面接辞退を決意した段階で、担当者に連絡する

 

転職活動をしていく中でどうしても面接を辞退したくなる時もあると思います。辞退する時は企業に対して失礼のないようにしましょう。

社会人として適切なマナーを守りながら、悔いのないようにあなたの転職活動を成功させましょう。

学歴なしスキルなし】そんな私でも転職したら年収100万以上アップ

転職しようと思った時、何も考えずやみくもに転職活動していませんか?それ、かなり損しています。

なんとなくハローワークに行ったり転職サイトを利用して良いと思った求人に応募しても内定を取るのは難しいです。ましてや、私のように学歴もスキルもないと余計に難しいです。

私は転職エージェントを利用してわずか3ヶ月で5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。

私は低収入で休みなしのブラック企業に勤務していました。毎月ギリギリの生活で欲しいものなんて買えませんでした。収入が低いので女性にもモテませんでした。優良企業に就職していて充実した生活を送っている友人には嫉妬と劣等感を感じるようになり、苦しくて辛い毎日でした。

そんな私が人生大逆転に成功した体験談はこちらになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です