会社を辞めたい4年目の悩み!後悔しない為の3つのアドバイス!

<人生大逆転>私の体験談をご紹介

転職エージェントを使って社畜からの脱出!年収100万アップさせた方法

 

給料が上がらない会社にいても将来はありません。

学歴もスキルもない私が、転職エージェントを利用して5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。学歴やスキルもなく、転職に関する知識がない人にこそ転職エージェントを利用しないのはもったいないです。

なぜなら、転職エージェントは転職に関しての独自のノウハウを持っており、的確なアドバイス、非公開求人の紹介、履歴書添削、面接対策、年収交渉をしてくれるからです。

転職活動をスムーズに行えるサポートが充実しています。

自分のキャリアに自信がない人や転職しようにも何したら良いか分からない人ほど転職エージェントを利用するべきです。

どの転職エージェントを利用するか迷ったら業界最大手のマイナビエージェントがおすすめです。まずは、王道の転職エージェントを利用するのが間違いないです。求人数も多くサポートの質が高いので全ての人におすすめできます。

無料で90秒で簡単に登録できます。

入社して4年目。

会社全体の様子も把握できるようになり、後輩も増え、そろそろ自分の将来を考える時期ではないでしょうか。

中学高校は3年間、大学は4年間などと区切りがあったのに、会社には定年の間まで区切りがありませんよね。

このタイミングで「会社を辞めたい」という思いが出てきたという人もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし何の計画も無しに今の気持ちだけで会社を辞めてしまうと、後で「やっぱり辞めなければ良かった」と後悔する結果になってしまう危険性があります。

入社して4年目でもし「会社を辞めたい」と思っているのならば、しっかり自分の気持ちと向き合い、これからどうしていきたいのか明確な目標を決めてから行動するようにしましょう。

誠司
突発的に辞めてしまうと後々後悔してしまうかもしれないもんね。

まずはよーく考えて、後悔しない道を選ぼう!

自分の人生設計は、自分で判断しなくてはならないのです。

誠司
一度しかない自分の人生だから悔いのないように生きたいと誰もが思うよね。
けいこ
でも実際に選択する時ってかなり悩むはず。みんな失敗はしたくないもの。
誠司
だから4年目の今ならやり直しがきくんだよ。悩みながら過ごすくらいなら、何かを変える勇気が必要だよ。選択肢は一つではないんだし。

今回は入社4年目で会社を辞めたいと思ってしまうその理由と対処法についてまとめさせて頂きましたので、ぜひご参考になさって下さい。

 

会社を辞めたいと思う入社4年目の人が多い理由とは

4年間今の会社で働き続けているということは、あなたはある程度忍耐力のある人、また特に職場に大きな問題がなく、居心地が良かったということも言えますよね。

多くの人がどのような理由で入社4年目で会社を辞めたいと感じているのか、見ていきましょう。

業務に慣れ、新鮮さが無くなった

入社したての頃は何もかもが分からなくて、初めて知ることばかりで大変さの中にも今までできなかったことができるようになる喜びもあったと思います。

しかし入社4年目にもなるとある程度の業務はこなせるようになり、毎日同じことの繰り返しのように感じてしまう人もいるようです。

誠司
これから定年まで毎日同じことを繰り返すのか・・・と思うと、嫌になってしまう気持ちも分かるなぁ。

責任がプレッシャーに感じる

入社4年目になると後輩も増えてきて、上司から様々な要望が増えてくる時期でもありますよね。

自分のキャパを越えるような量の仕事を任されたり、「もう4年目なんだから」と何かにつけて言われたりと、プレッシャーに感じてしまうことも辞めたいと感じる原因の一つになっているようです。

けいこ
真面目な人ほど「もう4年も働いているのに」という思いが出てきてしまうのかもしれないね。

周りとの収入の差を知った

久しぶりに会った友人や知人と収入の話題になり、同じ入社4年目なのにかなりの差が出ていて転職を考える人もいるようです。

誠司
僕も同窓会で友人たちと話した時に、入社時はほぼ同じくらいの給料が4年目になるとかなり差が出てきて焦ったよ。

個人の成績や頑張りなどもありますが、会社自体にあまり昇給がない場合、どんどん昇給していく周りの友人達を見て「辞めたい」と感じてしまうようです。

けいこ
他にも残業が多いなど労働環境が整っていなかった場合、実際の先輩達を冷静に見ることで将来が不安になったりもするわよね。

 

入社4年目で会社を辞めることを迷う理由

では入社4年目で「会社を辞めたい」と思ったけれど、躊躇してしまう理由は何なのか見ていきましょう。

職場の人間関係が良い

仕事の内容に不満はあるけれど、人間関係に恵まれていて会社を辞めるのが惜しいという場合もあります。

人間のほとんどの悩みやストレスの原因は人間関係と言われているぐらい、会社勤めをする中で人間関係はとても大事なものなので、人間関係に恵まれているならば他のことは目を瞑ろう・・・と思ってしまうのも無理はありません。

けいこ
私の友人は人間関係で仕事を辞めるか悩んでいたけど、上司に相談して異動して今ではキャリアアップもできて本当に転職しなくてよかったと言ってたわ。

親に心配をかけてしまう

会社を辞めることで親に心配や迷惑をかけてしまうという理由から、会社を辞めることを躊躇してしまう場合もあります。

また転職することを親や家族に反対されてしまうこともあるようです。

親御さんにとってはあなたはいつまでも可愛い大切な子供なので、転職するとなったらきっと心配したり反対されたりすることもあるでしょう。

しかしあなたはもう親御さんの意見を聞かないと決められない子供ではなく、立派な大人です。

反対されても心配されても「会社を辞めたい」という強い気持ちがあるのならば、行動すべきでしょう。

けいこ
でもあなたのことを誰よりも大切に思っている親御さんの、どうして会社を辞めることや転職することに反対なのか、その理由は一度聞いてみるべきかも。

もしかすると納得できる部分があるかもしれないし、その理由によっては親御さんの心配や反対を解消できるかもしれないよ!

新しい会社へ飛び込むのが不安

入社4年目で一通りの業務をこなせるようになってきたところで、また新しい会社で一から仕事を覚えられるのか?という不安もありますよね。

新しい会社へ転職したところで今よりも必ず状況が良くなるかは分からないし、新しい会社へ飛び込むにはとても勇気が必要です。

「それなら今のままで良いや」と考える人も少なくないでしょう。

誠司
分かる分かる。

新しい環境に飛び込むのって本当に不安だよね。

僕も転職を決意するまではいろいろと悩んだよ!

 

転職して後悔しないための3か条

自己分析をする

「会社を辞める」と言うと、まず家族など周りの人が心配しますよね。

その時の説明のためにも、なぜ会社を辞めたいのかを明確にする必要があります。

転職理由と何をやりたいのかをはっきりさせていれば、ブレずに面接でもしっかりと答えられますよ。

ただ仕事に飽きた、周りの同期が転職を考え始めたから、という理由だけでしたら転職はお勧めできません。

今の会社で上司に異動の希望を出す方がいいと思います。

今の仕事に飽きたという理由だけの人は、また3年くらいしたら次の仕事も飽きて辞めたくなってしまう傾向にあるからです。

誠司
仕事を転々としてしまうと、「この人は職を転々としているからどうせうちもすぐに辞めてしまうだろう」と判断されてしまって、仕事を見つけることが難しくなってくる可能性もあるよね。

自分の理想にすべて当てはまる会社というものは絶対にありません。

情報収集をする

自分がやってきた経歴を生かして転職するのか、未経験の分野でチャレンジしたいのか、4年目でしたらどちらも可能です。

どのような分野・職種で働きたいのか、希望の条件を明確にし、たくさん情報収集をしましょう。

インターネット等を使って調べるのはもちろん、気になる会社がある場合、実際に働いている人の話を聞くことができれば一番いいですね。

けいこ
希望の仕事に出会えるタイミングも縁だから早目にアンテナを張っておくことが大切ね。

プロの仲介を利用する

転職エージェントに登録することにより、転職に関する様々な悩みに相談に乗ってもらうことができます。

転職エージェントは転職のプロなので、自分一人で転職先を探すよりも圧倒的に情報量が多く、あなたの希望条件に近い会社をきっと見つけてくれるはずです。

後悔しないためにも、絶対外せない条件などしっかりと伝えておきましょう。

誠司
少しでも不安なことや気になることがあれば、一人で悩まずに転職エージェントに相談してみよう。

 

まとめ

  • 仕事に慣れ、会社での責任も重くなってきた入社4年目で会社を辞めたいと思う人は多い。
  • 入社4年目で会社を辞めたいと思ったら、なぜ辞めたいのか自己分析をして理由を明確にしよう。
  • 転職を決意したら転職エージェントに登録し、たくさん情報収集をしよう

入社3年目までの「第二新卒」では経験よりもやる気を重要視されていましたが、4年目になるとスキルが重視されてきます。

何をやってきて、どう結果を出したのかをしっかりと説明することが大切なアピールポイントになります。

20代は上の年齢に比べ仕事を覚えることも速く、職場での順応性も高いので、この将来性のある若さも有利になりますよ。

ですから未経験の分野でも採用される可能性が充分にあります

けいこ
入社4年目になると、結婚や出産など将来設計を考え始める人も多いわよね。

現職場が産休育休の制度が充実していなかったという理由で、私の友人は産休制度や育休制度がしっかりとしている会社に転職して、今も育児をしながら働いているわ。

誠司
これから先まだまだ働く期間が長いから、20代のフットワークが軽いうちに自分の合った仕事、環境を見つけることは大切だよね。

転職することが必ずしも良いことでなく、問題意識をもって働くことが大切です。

転職する意思がなくても今一度立ち止まり、自分の将来を考えてみてください。

意識を高くもっていると仕事も恋愛も素敵な出会いがあるものかもしれませんよ。

学歴なしスキルなし】そんな私でも転職したら年収100万以上アップ

転職しようと思った時、何も考えずやみくもに転職活動していませんか?それ、かなり損しています。

なんとなくハローワークに行ったり転職サイトを利用して良いと思った求人に応募しても内定を取るのは難しいです。ましてや、私のように学歴もスキルもないと余計に難しいです。

私は転職エージェントを利用してわずか3ヶ月で5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。

私は低収入で休みなしのブラック企業に勤務していました。毎月ギリギリの生活で欲しいものなんて買えませんでした。収入が低いので女性にもモテませんでした。優良企業に就職していて充実した生活を送っている友人には嫉妬と劣等感を感じるようになり、苦しくて辛い毎日でした。

そんな私が人生大逆転に成功した体験談はこちらになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です