会社を辞めたいけど言えない!その理由と上手な退職のコツとは?

<人生大逆転>私の体験談をご紹介

転職エージェントを使って社畜からの脱出!年収100万アップさせた方法

 

給料が上がらない会社にいても将来はありません。

学歴もスキルもない私が、転職エージェントを利用して5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。学歴やスキルもなく、転職に関する知識がない人にこそ転職エージェントを利用しないのはもったいないです。

なぜなら、転職エージェントは転職に関しての独自のノウハウを持っており、的確なアドバイス、非公開求人の紹介、履歴書添削、面接対策、年収交渉をしてくれるからです。

転職活動をスムーズに行えるサポートが充実しています。

自分のキャリアに自信がない人や転職しようにも何したら良いか分からない人ほど転職エージェントを利用するべきです。

どの転職エージェントを利用するか迷ったら業界最大手のマイナビエージェントがおすすめです。まずは、王道の転職エージェントを利用するのが間違いないです。求人数も多くサポートの質が高いので全ての人におすすめできます。

無料で90秒で簡単に登録できます。

会社を辞めたい、だけど言えない・・・。

そんなふうに思い悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

なぜ言い出せないのかは人によって異なると思います。

辞めるまでの間が気まずそうだから、自分が辞めることで同僚の負担が増えるのが心苦しいからなどなど。

しかしこれといって気まずい思いをせずに、円満に退職できた人もたくさんいます

社員が一人減れば、同僚たちの負担が一時的に増えるのは確かです。

しかし、それはあくまで一時的なことです。

辞職のタイミングに多少の融通が利くのであれば、繁忙期を避けて辞職するという心遣いだけで十分です。

辞めたいと思っているのに言いだせず、ダラダラと先延ばしにしていても自分の為にはなりません。

今の会社を辞めて新生活を始めることで、スキルアップやプライベートの充実など得られるものもたくさんあるでしょう。

そんな新生活を送るためにも、まずは会社を辞めたいと言えない理由と向き合ってみましょう。

また、トラブルが起きないように辞めるためのコツもまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

会社を辞めたいと言えない理由

辞めると言ってから実際に退職するまでの間が気まずそう

けいこ
辞めると言ってから実際に退職するまでの間って、なんだか気まずそうなイメージがあるわよね。
誠司
実際には、円満に退職できた人もたくさんいるんだけどね。

辞職の旨を告げたらなんとなく気まずくなりそうだと思う人もいると思います。

しかし、引き継ぎが終わればたいていは残っている有給休暇を消化しないといけません。

当然有給の消化中は出社する必要がないので、気まずい思いをする期間は意外と短いものです。

事前に引き継ぎ資料を作成しておくといった準備をしておけば、引き継ぎにかかる時間をさらに短くすることもできます。

円満に退職できた人もたくさんいます

スキルアップややりたいことが見つかったなどの前向きな理由なら、社員のことを大切にしている会社であれば快く送り出してくれることでしょう。

逆に、そういった理由でも気まずい雰囲気になる会社であれば、表面上はともかく、実際には社員のことを大切にしていない可能性があります。

そんな会社なら、必要以上に気兼ねすることもないでしょう。

自分が辞めることで他の人の負担が増える

けいこ
退職時に気まずくなりそうなイメージがあるのって、やっぱり引き継ぎで他の人の負担が増えてしまうからかしら。
誠司
引き継ぐ人からすればいきなり自分の担当作業が増えるわけだからね。でも、引き継ぎは仕事内容を振り返る機会でもあるんだ。

退職者が出ると、一時的とはいえ、引き継ぎや仕事の割り振りの都合でどうしても他の社員の負担が増えてしまいます。

しかし、それはあくまでも一時的なものです。辞職のタイミングに多少の融通が利くのであれば、繁忙期を避けて退職するという心遣いだけで十分でしょう。

また、引き継ぎは作業効率を見直すチャンスでもあります。

引き継ぎ資料を作成するついでに作業を見直して効率を上げることができれば、今後の作業負荷を減らすこともできます。

上司や会社からの期待を裏切るように感じる

けいこ
退職って、今まで面倒を見てくれた上司や会社に申し訳ないって気持ちにもなっちゃうわよね。
誠司
面倒を見てくれたことへの感謝があるから後ろめたさがあるんだろうね。でも、退職した後でも付き合いがあれば恩返しをする機会は必ずあるよ。

自分の都合で退職してしまうのは、会社への貢献を期待して育ててくれた上司や会社への裏切り行為のように思えるかもしれません。

しかし、先にも述べましたが、本当に社員を大切にしてくれる会社なら、スキルアップなどのポジティブな理由であれば円満に送り出してくれるでしょう。

また、退職後の付き合いで恩を返すという方法もあることを覚えておいてください。

例えば、新しい会社と前の会社の橋渡しをするということもできます。

間接的な方法ではありますが、転職したからこそできる貢献というものもあります。

辞めた後のことが決まっていない

けいこ
退職すると、どうしても今までとは生活が変わるわよね。けど、極端な変化があるとストレスに感じてしまうわ。
誠司
「人間は変化を嫌う」って話もあるらしいよ。それに悪いほうへ変わってしまったらどうしようと不安になることもあるよね。
けいこ
転職先が決まっていない場合、退職したら収入がなくなるという切実な問題もあるわ。
誠司
とはいえ、今の環境に不満があるのなら行動するしかないよね。一歩踏み出さなければ何も変わらないのだから。

転職先が決まっていないのに退職した場合は収入がなくなってしまい、安定した生活を手放さなければいけません。

それが不安で辞めたいと言いだせない人もいることでしょう。

しかし、在職中に転職活動をするという方法もあります。

退職後に転職活動をするのとは忙しさに大きな差がありますが、収入面での不安がないというメリットがあります。

誠司
次の仕事が決まっていれば安心して退職できるよね!

 

退職は労働者の自由な権利

けいこ
ブラック企業だと、辞めたくても辞めさせてもらえないってイメージがあるわ。
誠司
実際にそういったトラブルもあるみたいだね。けれど、退職の妨害は違法行為で、そんなことをする権利は会社にはないんだ。

会社は退職を妨害することはできません。

基本的には、退職は労働者の自由な権利だからです。

雇用期間の決まっていない一般的な正社員なら、2週間前に退職する旨を伝えれば法的には問題ありません。

妨害とまではいかなくても、人手不足を理由に辞めないでほしいとお願いされるかもしれません。

しかし、人手不足はそれを改善してこなかった会社の責任です。退職する社員には何の責任もありません。

ブラックな会社だったら退職願・退職届を出しても受理されない、なんてこともあるかもしれません。

それどころか、退職の意思を示しただけで嫌味や嫌がらせなどを受けるかもしれません。

しかし、そういった行為は当然、許されることではありませんし、また過剰に恐れる必要もありません。

どうしても辞めさせてもらえないのであれば、労働基準監督署総合労働相談コーナーへ相談しましょう。

弁護士に相談できる法テラスを利用する手もあります。

けいこ
トラブルになりそうだったら、プロの手を借りて解決するのが良いね。

 

スムーズに会社を辞めるコツ

転職エージェントを利用し、転職先を決めてから退職する

けいこ
仕事を辞めてから転職活動をするのはやっぱり不安よね。なかなか転職先が見つからなかったら精神的にも経済的にも辛そう。
誠司
理想は転職先を決めてから退職することだろうね。
けいこ
でも、自分一人で仕事をしながら転職活動もするなんてできるのかしら。
誠司
かなり大変だろうね。だから負担を減らすために、転職エージェントを利用するのがいいと思うよ。

仕事を辞めたいけど、退職後が不安で踏ん切りがつかない人もいることでしょう。

そういう場合は、在職中に転職先を決めましょう

とはいえ、仕事をしながら転職活動を行うのは当たり前ですが忙しいです。

モチベーションが高ければなんとかなるかもしれませんが、それでも一人でやるのは大変でしょう。

そこで利用したいのが転職エージェントです。

転職エージェントは転職のプロで、在職中でもサポートしてくれます。スキルや希望条件にあった会社を教えてくれますので、一人で転職活動をするよりも負担が減ります。まずは気軽に登録してみてください。

誠司
僕も実際に転職エージェントを利用したことで在職中に次の転職先を決定してから、退職することができたよ!

スキルアップや起業などの前向きな理由を口実にする

けいこ
嫌な職場だったら、退職するときに不平不満をぶちまけてスッキリしたい気持ちもあるわよね。
誠司
気持ちはわかるな。けど、そうすると在職中はもちろん、退職後にもトラブルが起きる可能性があるから、やめておいたほうが良いだろうね。
けいこ
スキルアップや起業、あとは夢の実現みたいな前向きな口実がいいみたいね。

職場の環境が嫌い、人間関係に疲れたなどのネガティブな退職理由を正直に伝えてしまうと、退職するまでの間が気まずくなるかもしれません。

また、そういった理由の場合、配置転換などの労働条件の改善を条件に引き止められ、面倒なことになるかもしれません。

そのため、余程のことがない限り、ネガティブな退職理由は言わないほうが良いでしょう。

代わりに、スキルアップや起業などのポジティブな理由がおすすめです。前向きな理由での退職なら、待遇の改善を条件に引き止めるのも難しいからです。

https://twitter.com/mh_ww_pm/status/1225072204615802880

介護や家業を継ぐなどの引き止めづらい理由を設定するのもありでしょう。

ただし、こちらの場合は嘘がバレるというリスクもあります。退職後にも付き合いがあるか、バレる心配はないか、よく考えましょう。

退職代行を利用する

けいこ
最近だと、退職代行ってサービスもあるのね。この前、テレビで特集していたわ。
誠司
それだけ退職時のトラブルが多いってことなのかもね。
けいこ
代行業者もいろいろあるみたいね。どの業者がいいのかしら。
誠司
退職代行を利用する場合、法律の専門家である弁護士に任せるのがいいみたいだよ。未払いの残業代や有給消化についても力になってくれるんだって。

退職の意思を表明したものの、会社側が中々承諾してくれないこともあるでしょう。

退職について相談しただけで、上司や同僚から嫌がらせを受けてしまうようなひどい職場もあるかもしれません。

そんなときのために退職代行があります。退職代行は名前のとおり、労働者の代わりに退職のための手続きを行ってくれるサービスです。

利用する場合は弁護士がやっている退職代行がいいでしょう。

弁護士は御存知のとおり、法律の専門家です。退職の手続きはもちろん、未払いの残業代や有給休暇の取得などの問題も引き受けてもらえます。

 

まとめ

ここにタイトル
  • まずは会社を辞めたいと言えない理由と向き合おう
  • 退職は労働者の自由な権利であり、会社は退職の妨害をできない。どうしても辞めさせてもらえない場合は退職代行サービスを利用しよう。
  • 退職の理由にポジティブな内容を伝えることによって、会社側も引き留めづらく円満に退職しやすくなる。
  • 在職中に転職エージェントを利用して次の転職先を決定してから、安心して退職しよう。

会社を辞めたいけど言えない。そんな日々とはおさらばしましょう。

会社を辞めたいと言えない理由は人それぞれでしょう。まずはなぜ言えないかを考えて見てください。

そうすれば、退職するために自分がどうすればいいかもわかってくるはずです。

そもそも、退職は労働者の権利です。会社は退職しないように懇願してくるかもしれませんが、そこに法的な強制力はありません

退職を認めないなんてもってのほかです。

いざ会社を辞めるときは、今後のトラブルを避けるためにも上手に辞めましょう。

そのためにも、転職エージェントの利用や前向きな口実の用意をしておきましょう。

最終手段ではありますが、退職代行というサービスもあります。

会社を辞めたいと言えなかった昨日までと決別するためにも、この記事を参考に一歩踏み出してみてください。

学歴なしスキルなし】そんな私でも転職したら年収100万以上アップ

転職しようと思った時、何も考えずやみくもに転職活動していませんか?それ、かなり損しています。

なんとなくハローワークに行ったり転職サイトを利用して良いと思った求人に応募しても内定を取るのは難しいです。ましてや、私のように学歴もスキルもないと余計に難しいです。

私は転職エージェントを利用してわずか3ヶ月で5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。

私は低収入で休みなしのブラック企業に勤務していました。毎月ギリギリの生活で欲しいものなんて買えませんでした。収入が低いので女性にもモテませんでした。優良企業に就職していて充実した生活を送っている友人には嫉妬と劣等感を感じるようになり、苦しくて辛い毎日でした。

そんな私が人生大逆転に成功した体験談はこちらになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です