人間関係に疲れて会社を辞めたいと思ってるあなたへ

皆さん仕事をしていると、様々な人と関わると思います。仕事を通して気があう仲間や尊敬できる上司、慕ってくれる後輩など素敵な出会いがたくさんあります。

しかし、人間関係が辛くて仕事をやめたいと思っている人もたくさんいます。

人間関係なんて、どこで働いても付きまとうものだし、そんなことを理由に辞めるのってありかな。それならもう少しここで頑張ったほうがいいのかな。そんな風に悩んでいる人は多いと思います。

そこで、どのような人間関係で悩んでいる人がいるのか、この辛い状況から抜け出せる解決策はあるのか解説していきたいと思います。

 

悩んでるのはあなただけじゃない

そもそも、こんなことで悩んでいるは自分だけじゃないかと思っていませんか。そんなことはありません。

厚生労働省の調べでは、仕事を辞めた人の退職理由のうち約1割~2割の人は人間関係がうまくいかなかったからという理由で辞めています。

あなたが関係を悩んでいる相手は?そしてどんなことで?

人間関係と一言で言っても、色々あります。

あなたが悩んでいる相手は誰ですか?そして、どんなことで悩んでいますか?

上司からの暴言・暴力などのパワハラ

上司から人格を否定するような「バカ」「クズ」「死ね」などの暴言や殴る、蹴る、物を投げるなどの暴力を受けることはパワハラです。あなたは何も悪くなく、組織としてあってはならないことです。

上司、同僚によるセクハラ

身体をじっとみられたり、触られたりするのは明らかなセクハラです。また、性的なことを聞かれたり、身体的な特徴のことを言われたりするのもセクハラと言えます。

上司としての権限をつかい、食事やデートにしつこく誘ったり、関係を拒否すると仕事上の不利益を被ったりなどもセクハラになります。

パワハラ同様、これもあってはならないことです。

同僚による無視や陰口やいじめ

あなた自身が周りの人たちに無視をされたり、陰口をいわれたり、意地悪をされるなどは、本当に耐えられないことだと思います。また、あなた自身じゃなくても、周りの誰かがされていたとしても、そんな職場では働きたくはありませんよね。

こういった場合、敵は一人ではなく、複数いることが多くは職場環境を変えることはとても難しいといえます。

上司や同僚に気に入らない、性格があわない人がいる

上記に書いたようなひどいことはないけど、ただ気に入らない人がいる。また、とにかく上司と考え方があわなくて、自分を認めてもらえていないと感じる。職場の雰囲気になじめなく、自分だけが浮いているような気がする。

そんな風に感じ始めると仕事にいくのがつらくなりますよね。

自分が辞めてしまう前にできることはありませんか?

人事や窓口に相談しよう

 最近、コンプライアンスの問題が厳しくなり、多くの企業でパワハラやセクハラの問題に敏感になっています。人事や窓口に相談することで、パワハラ・セクハラの張本人と距離を置くことができるかもしれません。

 また、厚生労働省が運営している「あかる職場応援団」では「外部の相談窓口」の案内も行っていますので、解決に向けた取り組みを紹介してくれるかもしれません。

あなたを支えてくれる仲間はいますか?

どんなに辛い状況でも、それがこの先ずっと続くというのは考えにくいことです。

例えば、人事異動により、人間関係で悩む相手もしくはあなた自身が異動になり、必然的に距離を置くことができます。

なので、距離を置くまでのしばらくの間、あなたの話を聞き、支えてくれる人がいるならば、ストレスを発散しながら辛抱するのも一つの手だと思います。

辞めた後の想像はできていますか?

本当に仕事を辞めてしまうと、あなたの生活はどのように変わるでしょうか?新しい仕事はすぐにみつかるでしょうか?今の仕事の条件以上のところはありますか?

好条件の転職先を見つけることができなくても、あなたは後悔しませんか?

仕事を辞めた後のことを想像し、冷静になって考えてみてください。

もう一度頑張ると決めたあなたへ

ここまで読んで、もう少し頑張ることを決めたあなたに、人間関係に悩まなくなるお手伝いとして、少しだけアドバイスです。

まず、大前提として相手の性格は簡単には変わらないということを知ってください。ついつい、相手に変わってもらうことを求めてしまいがちですが、相手に求めるても何も変わらないので、結果裏切られることになりどんどんストレスが溜まっていきます。

一番大切なのは、その人との「距離」です。無理をせず必要最低限の付き合いをしてください。そして、色んなことを言われても気にしない、受け流すことを心がけましょう。

そしてもう一つとして、自分が変わるということです。憎いと思う感情は、無意識のうちに相手にも伝わってしまい、さらにお互いの関係が悪化するでしょう。

なので、憎むことをやめ、その相手のいいところ探しをしてください。無理やりにでも、何か1日1つ褒めていくのもいいでしょう。

辞めると決めたあなたへ

 色々とストレスも不満も募っていて、今すぐにでも辞めてしまいたいと思うかもしれませんが、できるだけ円満退職を心がけましょう。

 そのためには、退職の2か月前には連絡すること、繁忙期は避けること、また退職願いの内容が恨み節にならないように書き方にも注意しましょう。

 一つの区切りは、新しいスタートにもつながっています。お互いが嫌な気持ちにならないようにしましょう。

まとめ

  • 人間関係に悩んで辞めたいと思っているのはあなただけじゃない
  • どんな人間関係に悩んでいるのか振り返る
  • 相談できる相手がいるなら相談して解決策を探す
  • 自分自身を変えることで窮地を脱す
  • それでも改善されないときは退職してもいい

結局、色々考えてみたけれど辞めるしか選択がないという場合もあると思います。その選択を選ぶことで、後ろめたさを感じる必要はありません。仕事を辞めてよかったという人もたくさんいます。

無理をしてストレスが原因で病気になってしまうことは、何よりも避けたいことです。あなたの人生、何よりも大切なのは、あなた自身が幸せであることだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です