会社を辞めたい入社3年目に伝えたい!円満退職の5つの方法!

<人生大逆転>私の体験談をご紹介

転職エージェントを使って社畜からの脱出!年収100万アップさせた方法

何も考えず適当に転職活動をしても失敗します。

学歴もスキルもない私が、転職エージェントを利用して5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。学歴やスキルもなく、転職に関する知識がない人にこそ転職エージェントを利用しないのはもったいないです。

なぜなら、転職エージェントは転職に関しての独自のノウハウを持っており、的確なアドバイス、非公開求人の紹介、履歴書添削、面接対策、年収交渉をしてくれるからです。

転職活動をスムーズに行えるサポートが充実しています。

自分のキャリアに自信がない人や転職しようにも何したら良いか分からない人ほど転職エージェントを利用するべきです。

どの転職エージェントを利用するか迷ったら業界最大手のマイナビエージェントがおすすめです。まずは、王道の転職エージェントを利用するのが間違いないです。求人数も多くサポートの質が高いので全ての人におすすめできます。

無料で90秒で簡単に登録できます。

2年間頑張って勤めたけどもう辞めたい方、辞めたいと思っているけど言い出せない方はもちろん、実際に会社を辞めている方も少なくないのです。

入社3年以内の離職率は、厚生労働省が発表している学歴別就職後3年以内離職率の推移で確認できます。

勤めた会社を辞めたくなったらどうすればいいのかなんて、学校でも職場でも教えてくれないですよね。

現状の辞めたい理由によって、どうしたらいいのか、辞めることはできるのか、転職する方法などをお伝えしていきます。

この記事の内容
  • 節目の3年で辞めるべきかどうか
  • 円満退職する方法
  • いい会社に転職するにはどうしたらいいか

 

会社を辞めたいと思うよくある理由

 

よくある理由
  • 病気を患い仕事を続けることがつらい
  • 給料が低い、仕事に見合っていない
  • 会社に将来性がない、成長が見込めない
  • 連勤や残業がつらい
  • 人間関係が悪い、職場の特定の人と合わない
  • とりあえず3年働いた
  • やりたい事がある

3年間同じ会社で仕事を続けていれば、思うところが出てくるでしょう。

本当に辞めたいと思っていても、実際に辞めて、成功する場合と失敗する場合があります。

改善策がないなら、改善できるような方法を考えてみる

現在の世の中ですと、キャリアアップのチャンスがあるので同じ会社に長年勤める方が有利です。

途中で辞めて退職すると、経験した事のある業種や職種でも、新しい会社ではまた一から実績を積んで信頼を得るので、早く昇格したい方などは軽率に辞めない方がいい場合もあります。

今の会社に在籍したまま仕事ができるか、一度考えてみましょう。

やりたいことを始める

やりたいことがあるから会社を辞める方も多いですが、今の会社で働きながら始められることもあります。

例えば、全く違う仕事の会社に転職したい場合、今までの経験だけで採用してくれるとは限りません。

必要な資格、または持っていた方が優遇される資格などを、会社を辞めてから勉強し始めると、その間の生活費などに苦しむ可能性があります。

今の仕事を続けながら勉強し始めた方が、金銭面で悩む事が少ないでしょう。

また、次の仕事を意識したものでなくても、新しい趣味などを始めると気分転換になりますし、「次の休みに好きな事ができるから、それまで頑張ろう」という感じで、仕事のモチベーションアップにも繋がります。

手当受給

給与が低いという方は、会社の就業規則を確認したり上司や人事担当など各種手当の事が分かる人に尋ねたりする事をおすすめします。

福利厚生で会社に制度があれば、申請を出すことによって通勤手当や残業手当、住居手当など給与そのもののアップではないですが、プラスアルファのお金が貰えるかもしれません。

各会社によりますので、確認しておきましょう。

異動

人間関係が理由で辞めたい方は、会社の中で異動できないか相談してみてください。

部署の異動で上司も同僚も部下も変わりますし、店舗勤めの方は店舗の転勤によって職場の人も来るお客さんも変わります。

他人と関わること自体は、会社員である以上断ち切ることのできないものですが、相性が合わなかったり個人的に嫌だったりする人から遠ざかることはできます。

転職

今の会社で、上記のような方法ができない場合、あるいは改善しようとするとまた別の問題が発生する場合には、いっそ転職する事をおすすめします。

会社のシステムや人間関係を自分の力だけでよくしようと頑張るのは、時間も体力も精神も損する結果になる可能性が高いので、そこまでしなければならないなら他の会社に移りましょう。

会社によって、退職金を貰える勤続年数が異なりますが、今の時代は丸3年経てば退職金を貰える会社が多くあります。

円満退職するための5つの方法

では、辞めようと決意した時、どうしたらいいのかを紹介します。

気持ちが定まった時点で報告すること

1人の社員が会社から居なくなると、その人がいたポジションに穴が空く事になります。

状況によりますが、多くの場合はその穴を他の人が埋めるよう工夫します。

誰がその役をするのか、前もって方針を定めるので、会社を辞めたいという人は気持ちが固まった時点で上司や人事担当に報告しましょう。

いつまでで辞めるのかについて、希望を聞かれた場合は、早くてその日から2週間以降、余裕があるなら1ヶ月以降の日付で希望を出します。

病気の療養が必要なら診断書を発行してもらい提出すること

病気にかかり仕事を続けるのが難しいという場合、病気のため安静にしなければならないという証拠として、病院から診断書を発行してもらって会社に提出します。

口頭で病名を言って、信じてもらえたにしてもそのまま辞められはしないでしょう。

まずは、病気の療養を理由に休職して、与えられた期間が終わる頃に、まだよくならないので退職するという申出をするのが理想的です。

どこの会社に行っても変わらない事を理由にしないこと

「人間関係が悪いから」「とりあえず3年働いたから」というのを、会社を辞めたい主な理由にはしないようにしましょう。

退職の話をしている時や転職活動の面接中につい言ってしまうと、よくない印象を与えてしまいます。

人間関係やとりあえず3年というのはどの会社でも辞めたくなる理由になりやすいので、キャリアアップの制度や会社の将来性が見込めているかどうか、自分の成長に繋がりそうか、などの基準に関係する理由が望ましいです。

辞める一ヶ月前までに退職届を書くこと

辞めるという報告も早いうちにしておく必要がありますが、退職届も早めに書いておきます。

会社によって、辞める日から逆算してどれくらいまでに書かれたものが有効か、というのは変わりますが、一ヶ月前までに書いたものなら承認される可能性が高いです。

そして上司や人事担当に報告してから、誰に退職届を提出していいかを確認して実施しましょう。

次の会社は辞める前から探しておくこと

会社を辞めた後、家業を継いだり起業したりする場合は不要ですが、また別の会社に転職する予定であれば、まだ会社に在籍している間に探しておきましょう。

会社を辞めると健康保険や年金の支払いに追われ、経済的に苦しくなる事があります。

会社に勤めている間は、個人が払うべき保険料などの何割かを会社が負担してくれているので、金銭面で余裕のあるうちに探しておき、できれば今の会社を辞めて次の日から新しい会社に入社するのがベストです。

【体験談】入社3年目に会社を辞めた友人の話

私の友人の話ですが、接客業として働いていた会社を入社3年目の終わりに辞めました。

辞めた理由は、労働時間のキツさと給与の低さでした。

シフト制で夜勤が多く、睡眠や食事が安定しなかったそうで、病気にはならないものの体力も精神も限界で辞める決断をしました。

丸3年勤めたなら退職金を貰って辞められるだろうと予想していましたが、辞めることが会社の人事担当とも話して決定した後、「うちの会社は4年経ったら退職金貰えるよ。もう1年頑張る?」と上司から言われたそうです。

友人は丸3年で貰えるものと思っていて期待外れで少しショックだったようですが、もう辞める腹だったので4年目に入る直前で会社を辞めました。

転職先を探して辿り着いたのが工場で、品質管理の仕事に就いた友人。

接客業の頃と業種も職種も違うし仕事に関する実績も資格もないのですが、やる気を買われて採用されました。

仕事ではプログラミングを使う事があるようで、「経験も勉強もした事ないけど、新しい事を覚えられるのが楽しいし、職場の人たちとも上手くやっていけてる」と話していました。

以前の会社に居た頃と今の会社で働き始めた後で比べると、友人の表情や話し方が明るくなっていました。

自らやりがいを感じられる仕事に就くと、周りも安心します。

次の会社を探すなら

転職するという強い意志があるなら、転職エージェントがオススメです。

数多くの転職希望者の悩みを聴きながら次の会社探しの手助けをしてくれます。

まだ辞める意志が固まってはいない方は、転職サイトに登録して、空いた時間に少しずつ他の会社について検索して調べてみるのがおすすめです。

特定の地域で会社を探すなら、ハローワークに相談してみましょう。

会社と自分とを取り持って履歴書や面接日などの案内をしてくれたり、その会社に現在何人応募しているのかなどの情報を教えてくれたりします。

辞めるか続けるか、自分の人生の為によく吟味しましょう

最後に、入社3年目で会社を辞めたいと思ったときのおさらいです。

ポイント
  1. 辞めたいと思う理由を解決できないか対策を考える
  2. 辞めると決断したら円満退職できるようにする
  3. 転職するなら相談したり他の会社を調べたりする

人生は一度きりです。

後悔することのないように、よく調べてよく考えて、時には周りに相談して、あなたが働きたい会社でやりたい仕事をしましょう。

影ながら、働くあなたにエールを送ります。

学歴なしスキルなし】そんな私でも転職したら年収100万以上アップ

転職しようと思った時、何も考えずやみくもに転職活動していませんか?それ、かなり損しています。

なんとなくハローワークに行ったり転職サイトを利用して良いと思った求人に応募しても内定を取るのは難しいです。ましてや、私のように学歴もスキルもないと余計に難しいです。

私は転職エージェントを利用してわずか3ヶ月で5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。

私は低収入で休みなしのブラック企業に勤務していました。毎月ギリギリの生活で欲しいものなんて買えませんでした。収入が低いので女性にもモテませんでした。優良企業に就職していて充実した生活を送っている友人には嫉妬と劣等感を感じるようになり、苦しくて辛い毎日でした。

そんな私が人生大逆転に成功した体験談はこちらになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です