会社を辞めたいと感じている新卒の新入社員に考えてほしい事

<人生大逆転>私の体験談をご紹介

転職エージェントを使って社畜からの脱出!年収100万アップさせた方法

何も考えず適当に転職活動をしても失敗します。

学歴もスキルもない私が、転職エージェントを利用して5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。学歴やスキルもなく、転職に関する知識がない人にこそ転職エージェントを利用しないのはもったいないです。

なぜなら、転職エージェントは転職に関しての独自のノウハウを持っており、的確なアドバイス、非公開求人の紹介、履歴書添削、面接対策、年収交渉をしてくれるからです。

転職活動をスムーズに行えるサポートが充実しています。

自分のキャリアに自信がない人や転職しようにも何したら良いか分からない人ほど転職エージェントを利用するべきです。

どの転職エージェントを利用するか迷ったら業界最大手のマイナビエージェントがおすすめです。まずは、王道の転職エージェントを利用するのが間違いないです。求人数も多くサポートの質が高いので全ての人におすすめできます。

無料で90秒で簡単に登録できます。

学校を卒業し、せっかく就職活動を頑張って仕事が決まったというのに、「このまま続けてていいのかな」「もう会社やめたい」と悩んでいませんか?

学生生活から一転、会社員として過ごす毎日が辛かったり苦しかったり、疲れも溜まっていますよね。

新卒採用で入社して、まだ3年とか経ってないけど会社を辞めたいと思っている方向けに、「他にもこういう理由で辞めたいと思っている方がいますよ」という紹介や、「こう思ったときは、こういう方法で改善できませんか?」といった提案をさせていただきます。

よくある辞めたい理由

エン転職でのアンケート調査(2018年実施)で、「給与が安い」「人間関係がよくなかった」のような「会社を辞めたい理由」がランキング上位に上がりました。

新卒で入った会社でも、当てはまる理由はあるでしょうか。

1.給与が安い

各企業が採用後の基本給や各種資格手当などを求人情報に載せていて、会社説明会でも面接でも説明をしています。

会社に入って仕事をして、実際にもらえる給与は聞いていた説明より安いはずです。「思っていたより給与が安い」と感じるのは、基本給から雇用保険や厚生年金などが差し引かれるからです。

実際に支給される金額は、基本給から保険料などが差し引かれた後の金額なので、聞いていた給与より安くなることがあります。

2.やりがいを感じない

「成果を上げた分だけ給与が上がる」「早く帰れる」など、頑張った分のご褒美があれば、やりがいを感じて「次も頑張ろう」と思えますよね。

しかし、成果が自分への報酬ではなく会社の実績にしかならなかった場合、「仕事を続ける理由がない」「やりたかった事なのにやりたくなくなってきた」など、気持ちの部分に影響が出る方もいらっしゃるでしょう。

3.人間関係

上司や同僚と相性が悪かったり、パワハラやセクハラなどのハラスメントを受けたりするケースもあります。

また、人としての相性は悪くないのに一緒に仕事をすると意見が合わなかったり、逆に職場では一緒に仕事しやすいのに仲良くなって食事に行くと違和感を感じたりケンカになったりする、という悩みを抱えている方もいらっしゃいます。

4.労働条件が合わない

通勤時間が長い、残業時間が長い、夜勤が多いなどの理由で辞めたくなることもあります。

体力的に、精神的に辛くなると、給与や人間関係などに不満はなくても、会社を辞めるという選択肢も考えますよね。

本当に辞めていいのか?

 

「会社を辞めたい」と感じた時、まず考えるのは、改善方法があるかないかです。

辞めたいと思ってすぐに辞めて、「辞めなきゃよかった」と後悔した場合、損をすることが多いからです。

辞めたい理由や現状から、考え直すか解決策を考えるなどして辞めない方がいいのか、早いうちに辞めた方がいいのか、振り分けていきましょう。

1.辞めない方がいい場合

給与が安い

保険や年金などは、会社員である間は必ず差し引かれます。

会社によっては、以下のような昇給制度や各種手当などを設けている場合があります。

  • 昇格して給与アップ
  • 特定の資格取得により資格手当受給
  • 時間外労働による残業手当

就職活動の時点で細かい説明が無くても、人事担当や上司に尋ねてみると教えてくれることもありますので、一度相談されてはいかがでしょうか。

人間関係

会社員として働く以上、誰とも関わらないということができないので、より疲れない人間関係に身を置くことが改善方法です。

「私が何とかしないと」とは考えるだけ時間も気持ちももったいないので、一度部署や、別の支店、営業所に異動できないかということを、人事担当や上司に相談してみてください。

異動は叶わなくても、話をして気持ちが和らぐだけでも大きな一歩ですよ。

労働条件

労働条件に関しても、通勤方法など異動で改善できるケースもあります。

体調面や個人的な理由で休日がほしい場合、有給や各種休日に関する制度を利用するのもいいかもしれません。

会社ごとに定められているはずなので、一度確認してみることをおすすめします。

2.辞めた方がいい場合

前項目の「辞めない方がいい場合」で当てはまらなかったり、それでも改善できなかったりする際は、辞めるという選択肢を考え始めてもいいでしょう。

しかし、辞めるという選択肢にはリスクが伴います。

入社丸1年で仕事を辞めた新卒社員の体験談

私の実体験ですが、新卒で入った会社を丸1年で辞めました。

理由は、以下の3つです。

  • 残業多い
  • 通勤時間長い
  • 他の社員の尻ぬぐい

定時から2時間経ってから退勤する毎日で、田舎の電車は1時間に一本で片道30分でした。

業務に慣れてきてからは、私より半年前に入社した先輩社員の雑な事務処理の修正を強制されることもありました。

異動すると引越しをしないといけなくなるので、結局その会社を辞め同じ業界の違う会社に転職して、今は辞めたい理由がない状態です。

会社で3年間続けるメリットとデメリット

メリット

会社を辞めたいという話をすると、「3年は続けろ」と返ってくることがあります。

3年間同じ会社で仕事を続ければ

  • 自分の向き不向きが分かる
  • 退職する際に失業保険が下りる

というメリットがあります。

デメリット

逆に、会社を辞めたい場合、3年間辞めずに続けるデメリットも2つあります。

  • 自分の人生のための時間が無駄になる
  • 精神的ダメージにより病気を患うなどの可能性がある

「やりたい事をやるために今の会社を辞めたい」という場合は、3年もの間自分にとって無駄な時間を過ごすことになります。

今の仕事がノウハウに使えるなら、身につくまで続けた方がいいでしょう。

また、辞めたくても辞められずにうつ病にかかったり自殺行為に走ってしまったりするケースが、社会現象にもなっています。

ご自身が仕事どころか生活すらままならなくなるなら、退職や休職を考えましょう。

辞めるなら覚悟はしておくべきこと

1.履歴書に傷がつく

次に転職する際、一度会社に入社してどれくらいの期間で退職したことを明記する必要があります。

履歴書は不備のないように書く必要があるので、退職したことがあれば必ず記述しましょう。

2.転職する際不利になる

会社を辞めて、また別の会社に転職する場合、新卒の時と同じく就職活動を行います。

面接では、前職のことを必ず聞かれ、返答次第で「また会社すぐに会社を辞めないかどうか」が採用結果に影響します。

嘘をつくのはもってのほかで、辞めた理由をポジティブな解釈で説明し、採用してもらえるのが理想になります。

3.失業保険がもらえないことも

会社ごとに、何年仕事を続けたかによって失業保険がどの程度もらえるかが決まっています。

1年以上でもらえるところもあれば、3年以上続けてからでないともらえないところもあるので、一度就業規則などを確認してみてください。

辞める時どうしたらいいのか

辞めることが自分の中で決まったら、上司か人事担当に申し出ましょう。

会社とも退職が決まれば、退職届の提出などの指示が出ますので、タイミングなどをしっかり確認しておきましょう。

転職するなら

別の会社に転職する場合、就職活動を行います。

お住まいの最寄りのハローワークで求人票を見て職を探すか、インターネットの転職サイトに登録して職を探す、といった選択肢があります。

どちらの場合も転職のプロとの相談もできるので、ぜひ活用してみてください。

さいごに、辞めたいと思った時に考えるポイント3つ

  1. 本当に辞めていいのか?
  2. 覚悟はしておくべきこと
  3. 辞める時どうしたらいいのか

人生を左右する大事な決断になると思います。

本気で辞めたいとお思いの方は、慎重に検討してみてください。

いい方向に向かうことを、お祈りしております。

学歴なしスキルなし】そんな私でも転職したら年収100万以上アップ

転職しようと思った時、何も考えずやみくもに転職活動していませんか?それ、かなり損しています。

なんとなくハローワークに行ったり転職サイトを利用して良いと思った求人に応募しても内定を取るのは難しいです。ましてや、私のように学歴もスキルもないと余計に難しいです。

私は転職エージェントを利用してわずか3ヶ月で5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。

私は低収入で休みなしのブラック企業に勤務していました。毎月ギリギリの生活で欲しいものなんて買えませんでした。収入が低いので女性にもモテませんでした。優良企業に就職していて充実した生活を送っている友人には嫉妬と劣等感を感じるようになり、苦しくて辛い毎日でした。

そんな私が人生大逆転に成功した体験談はこちらになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です