寿退社って男性でもあり?気持ちよく寿退社する方法を大公開!

<人生大逆転>私の体験談をご紹介

転職エージェントを使って社畜からの脱出!年収100万アップさせた方法

 

給料が上がらない会社にいても将来はありません。

学歴もスキルもない私が、転職エージェントを利用して5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。学歴やスキルもなく、転職に関する知識がない人にこそ転職エージェントを利用しないのはもったいないです。

なぜなら、転職エージェントは転職に関しての独自のノウハウを持っており、的確なアドバイス、非公開求人の紹介、履歴書添削、面接対策、年収交渉をしてくれるからです。

転職活動をスムーズに行えるサポートが充実しています。

自分のキャリアに自信がない人や転職しようにも何したら良いか分からない人ほど転職エージェントを利用するべきです。

どの転職エージェントを利用するか迷ったら業界最大手のマイナビエージェントがおすすめです。まずは、王道の転職エージェントを利用するのが間違いないです。求人数も多くサポートの質が高いので全ての人におすすめできます。

無料で90秒で簡単に登録できます。

けいこ
あら、どうしたの?なんだか浮かない顔ね?
誠司
ん~・・・それが最近、僕の同僚の男性に寿退社を考えているって相談されたんだけど、どうアドバイスをすべきか悩んでたんだ。
けいこ
男性で寿退社?それは珍しいわね。だけど、仕事をする女性が増えてきたんだもの。男性だってそんな考えが出てきてもおかしくないのかもしれないわね。

それじゃあ、今日は男性の寿退社についてどうすればうまく退社できるのか一緒に考えてみましょう!

近年では、男性も家事や育児をするのことに対して抵抗がなくなってきましたね。それでも、寿退社と聞くとやっぱり女性がするものというイメージが否めません。

男性が寿退社を選ぶのには、どんな理由があるのでしょう?
そして、実際に寿退社をするなら、どんなことに気を付ければ気持ちよく退社することができるのでしょう

この記事では、寿退社を考えている男性が気持ちよく退社できるための情報をまとめてみました。

どうぞ、最後までお付き合いください。

 

寿退社の現状は?

まずは、寿退社の現状についてみてみましょう。
女性の寿退社、男性の寿退社それぞれに違いはあるのでしょうか?

女性の寿退社の特徴

寿退社を選ぶ女性は、今も昔も一定数います。

しかし、それを送り出す会社の雰囲気には格差があるように感じます。

具体的に言えば、ざっくりと、「女性は結婚したら、会社のことなど考えずに辞めてしまう。重役に着けるなら、結婚をしていない女性だ。」と、決めつけている会社や、辞めるまでの経緯を評価し「おめでとう!」と、素直に送り出してくれる会社と様々です。

寿退社を選ぶ女性の特徴としては、「家庭を大切にしたい」と結婚を機会に退職する女性がいる一方、「この仕事自分に向いていない・・・でも寿退社くらいの理由でないと辞めさせてくれない会社だから、仕事を辞めるために寿退社したい」と、考える女性がいることです。

この2つのタイプの女性は、前者が実際に寿退社をする女性。後者が寿退社を望むけど実際はまだ至っていない女性が多いようです。

女性の寿退社時の会社の雰囲気

また、女性の寿退社は珍しくありませんがそれを送り出す会社の雰囲気には格差があります。その原因は、どこにあるのでしょう?

私は、辞める側、送る側どちらにも原因はあると思います。寿退社をする側、送り出す側が表面上だけの関係だった場合、互いに不満を抱えてしまいますよね。

また、自分と違う生活リズムやライフスタイルを持つ同僚への配慮も、職場で過ごす上では大事なことだと思います。
会社の雰囲気は、社員一人一人の雰囲気から生まれるものです。

「前例がないから、結婚したからって会社は辞めにくい。」

「こんなに忙しいのに、寿退社なんてしたら悪だ。」

なんて、考える社員が多ければそういう会社になってしまいます。自分が苦しいと思うことが、誰かも同じように思うように、自分が「こうだったらいいな」と思うことが、誰かの幸せにつながることもあります。

会社は、一人では成り立ちません。一人一人が、しっかりコミュニケーションが取れる職場にしていくよう努力したいですね。

けいこ
たしかに、業種や会社の風潮によって、女性の寿退社への考え方は様々よね。働き手不足から、結婚や出産後も社会復帰もしやすくなったように思うけれど、そもそも「辞めていくから」と女性の出世への冷たい風潮は、まだまだ存在しているように感じるわ。
女性の寿退社のまとめ
  • 寿退社を望む女性は多い。
  • 気持ちよく退社するためには職場の仲間とのコミュニケーションも大事。
  • ひとりひとりが働きやすい職場へ変えようと、努力すべき

男性の寿退社の特徴

次に男性の寿退社です。

やはり、男性が寿退社を選択するのは考え方は徐々に普及してきているものの、現状はまだ少ないと言えるでしょう。

しかし、それでも寿退社を男性が選ぶ時とはどんなことが考えられるでしょうか?それは、「仕事を辞めたい」と、考えていた時と「結婚をしたい」と、思った時が重なったときです。

女性の寿退社と大きく違うのは、「会社を辞めて家庭に専念したい」と、思う「専業主夫」を望む男性はあまりいません。
どちらかというと、上のツイッターのように、家庭を大切にしながらその人生に合った仕事を選ぶ「寿転職」が多いようです。

男性の寿退社の雰囲気

やはり、実例が少ないためそれを送る側も戸惑ってしまうのが現状です。

特に、未婚の女性からの風当たりは強くなるかもしれませんね。ただそれも、普段のコミュニケーションで応援者が出てきてくれる可能性はあるかと思います。

やはり、言葉のイメージやそれまでの職場の雰囲気などもあると思いますが女性に比べて、男性の方がさらに寿退社をする上で周りへの配慮が必要だと感じますし、まだまだ未知の領域なところがあるので、相手(会社の上司・先輩・同僚など)が納得する形での話し方が必要かと思います。

男性の寿退社のまとめ
  • 実際寿退社を選ぶ男性は少ない。
  • 寿退社というより、結婚を機に家庭とうまく両立していける仕事に転職する「寿転職」する男性が増えている。
  • 寿退社を選んだ場合、それを気持ちよくやり過ごすにはまだまだ努力と強い信念が必要
誠司
やっぱり、女性の寿退社と男性では環境も特徴も違うんだな~

 

男性が気持ちよく寿退社をするためには

やはり実例がない分、味方が少ない男性の寿退社。どうすれば、少しでも気持ちよく寿退社をすることができるでしょう。

けいこ
それでも、男性が寿退社を選ぶのは、ゼロではないわ。より、具体的にどうすれば気持ちよく寿退社ができるのかを見てみましょう。

退職後のライフスタイルを明確にし、基盤を作る。

まずはじめに、退職後のビジョンをしっかりとたてることです。単純に「仕事がきついから」と、いう理由では会社側も納得してくれません。

  • 「新しい事業をしようと考えている。」
  • 「家業を継ごうと考えている。」
  • 「よりスキルアップのできる仕事へ転職の宛がある。」

など、明確にすべきです。

それが、自分の信念にもなると思いますし、相手にも伝わりやすくなります。

会社だけでなくパートナーや家族への相談

寿退社は、自分と会社だけの問題ではありません。その後の生活には、必ずパートナーの理解も必要です。

しかも、結婚が決まってからの転職は場合によってはリスクのようにも見えます。なので、そのタイミングや時期はしっかりとパートナーや家族と相談すべきです。

けいこ
私の友人にも、結婚前にパートナーガ転職したらしいけど、相当不安だったみたいね。だって、結婚後の予定が分からなくなるじゃない?どちらも成功させたいなら、大事な人にはしっかり話しておかないとね。
誠司
問題は何の相談もなかったことだよね。自分の中でだけではなくて、これから共にしていく大切なパートナーとは、話し合ってお互い方向性を一致させておかないとね。

実例が少なくてもやりきる信念も必要

「あいつ、寿退社を選ぶなんて変わってるな。」なんて、陰で言われることもあるかもしれません。

ただ、結婚は男性にとっても人生の大きなイベントです。とことん考え、とことん拘っても良いはずです。

時には世間の目を無視するくらいの強い気持ちも必要かと思います。

これから共にするパートナー、さらに家族が増えることを考えたときに、それらが成り立っていけるようこれから自分の仕事がどうあるべきかを考えて、パートナーと具体的に条件を擦り合わせておくことが重要になってきます。

寿退社を男性がする場合も、一人の考えではなく、家族の考えも大切にしなければならないし、家族側としても、信念をもって寿転職する夫を支えていくものだとも思います。

 

本当の男女平等とはどんな形?

今の世の中の流れは、どうでしょうか?男性が育児をする、家庭に入るのもひと昔では珍しかったことです。女性は可愛がり、男性はたくましく育てられるのも当たり前の時代があったのも事実です。

過去の時代が悪いわけでなく、今の時代が多くのことを吸収し多くの考えが出てきた証であると私は思います。時代が変わるというのははじめは必ず、少数派の意見が表に出てくることから始まるはずです。

女性が生きにくい時代がありました。それは今も残っているかもしれません。

ただ一方で、男性も生きにくさを感じる世の中になりつつあるのかもしれませんね。男性の寿退社は、未来の男性の当たり前になるのかもしれません。

「おかしい」「やめたら?」と、単純に言うのではなく「どうしてそう思うのか?」と、耳を傾けてみることが、社会的に必要になってくるのでしょう。

それに対して、信念をもって伝えることが男性の寿退社を「当たり前にしていく、第一歩」ではないでしょうか?

誠司
そうか、新しい時代の流れか~。確かに今は周りの目より、個人の気持ちって重視されるもんな。
けいこ
そうね、少数派の意見はそれを言う人も聞く人も相手の気持ちをより考えてあげることが大切ね。

 

まとめ

男性の寿退社のまとめ
  • 女性の寿退社より男性の寿退社は寿転職が多め
  • 女性の寿退社より、男性の寿退社の方が周りへの理解に対しての努力が必要
  • 寿退社をするためには、一方的ではなく理由もつけて相手が分かるように伝えるべき
  • 男性の寿退社も珍しくない世の中が来る可能性はある

実際に、寿退社を選ぶ男性、結婚を機に働く事の条件を見直す男性は、多くはないですがいるようです。

女性の社会進出や、会社勤めでない働き方が増えているという世の中の流れも後押ししているのかもしれませんね。

これからもっともっと、働き方の多様化が進んでいくことでしょう。

ご自身の今後のライフスタイルをしっかり考え、周りの方にも相談しより気持ちの良い形に収まることを願っています。

学歴なしスキルなし】そんな私でも転職したら年収100万以上アップ

転職しようと思った時、何も考えずやみくもに転職活動していませんか?それ、かなり損しています。

なんとなくハローワークに行ったり転職サイトを利用して良いと思った求人に応募しても内定を取るのは難しいです。ましてや、私のように学歴もスキルもないと余計に難しいです。

私は転職エージェントを利用してわずか3ヶ月で5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。

私は低収入で休みなしのブラック企業に勤務していました。毎月ギリギリの生活で欲しいものなんて買えませんでした。収入が低いので女性にもモテませんでした。優良企業に就職していて充実した生活を送っている友人には嫉妬と劣等感を感じるようになり、苦しくて辛い毎日でした。

そんな私が人生大逆転に成功した体験談はこちらになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です