高卒は出会いがない理由とは?今日からできる出会える方法を紹介

誠司
そういえばこないだ僕の高校の時の友達が、高校を卒業して以来全く出会いがないって嘆いていたよ。 やっぱり高校を卒業してすぐ働き始めると、出会いがないのかな?
けいこ
そうねえ。確かに社会人になると出会いがないって話はよく聞くわ。 でも、何で社会人になると出会いが減ってしまうのかしら。

小学校、中学校、高校って出会いを活用出来るかは別ですが、異性との出会い自体に困る事ってあまりなかったと思います。

誠司
学校だったら周りに異性がいるのが当たり前だったもんね。 それに同じ学校に通っているから自然に話かけられるし、共通の話題も一杯あったから話しかけやすかった記憶があるよ。
けいこ
そうよね。同じ学校の男子ってだけで親近感が湧いたっていうのはあったわ。 これがもし町中で見知らぬ男から声をかけられたら、「何この人?」みたいに思うわ。

そのため学校というのは、人との関係を構築するのに重要な親近感と共通点があるため、異性との関係が発展しやすいといえます。

異性と出会いが当たり前にあり関係も築きやすい恵まれた環境を離れたら、出会いがなくなると感じるのは当然ですね。

高卒の人は学校に通わなくなるタイミングが大卒の人よりもはやく、その分出会いの機会を失うのです。

そして社会人になると「出会いがない、出会いがない」と皆口をそろえていう様になります。

しかも皮肉な事に仕事人間になればなるほど出会いがなくなるという悪循環になってしまうのです。

それでは社会人になると出会いがなくなってしまう理由について詳しくみていきましょう。

学校を卒業して社会人になると出会いが少なくなると感じる理由

仕事でスケジュールがかつかつ

社会人として働きだすと移動も含めて1日の半分以上の時間が仕事にとられます。

朝早くに起きて仕事にでかけ、帰ってくる頃には肉体的にも精神的にもクタクタです。

学生の時の様に「今日学校終わり〇〇寄ってこうよ」みたいなノリもなくなります。

例え休みであっても、お客様の対応とか納期の影響により休日出勤や残業が必要になる事もザラです。

そのため休日の予定が入れづらく、仕事に対応出来る様にあまり予定を入れない受け身な休日が増えてしまうのです。

しかも社会人になると経済的にも余裕が出来るため、パチンコやスロットなどギャンブルにはまりやすい時期でもあります。

パチンコやスロットに限らず、ゲームやネットサーフィンなど1人遊びが癖になると人との出会いがもっとなくなります。

結局遊びの時間よりも自分の時間を優先したい人は人との出会いがなくなってしまいやすいです。

髪型や髪色などオシャレに制限がある

社会人として働き始めると髪型や髪色などにも制限が出てきます。

社会人の常識として清潔感のある髪型にしなくてはいけないので、オシャレな髪型は難しくなります。

最近ではソフトモヒカンとかおしゃれ坊主とか短髪でもオシャレな髪型は増えてます。

髪の毛をある程度伸ばしたいと考える男子にとっては、社会人になるとかなりオシャレがしづらいと感じるでしょう。

そして男性は基本的に髪の毛を染める事もタブーとなっており、一部の職業を除いて原則黒髪が常識となってます。

社会人になると髪型や髪色などの制限によりオシャレをするのが面倒くさくなってしまうのです。

そしてオシャレをしなくなると見た目に自信がなくなり、異性と出会うのも億劫になっていきますよね。

そもそも異性と出会えない

社会人として働きだすと異性との出会いが激減すると言われていまれています。

それは高校、大学を卒業して働きだしたほとんどの人が「うん、うん、わかるわかる」とうなずくでしょう。

職場や仕事関係での出会いはあるかもしれませんが、かなり限定的です。

特に異性へのアプローチは皆面白がってすぐ噂になるので、下手に異性にがっつくと自分の首を絞める残念な結果になりかねません。

学校の時の様な周りに30人、40人、50人と異性がいるという事は社会人になるとほぼありえません。

まさに学校は毎日が合コン状態なのです。

通うだけで出会いの宝庫だった学校を卒業したら、自然と出会いが激減するのは当然の結果ですね。

そのため社会人になると、自分から出会いを作らないと自然に異性と出会える可能性はほとんどなくなります。

高卒の人が出会いが少ないと感じる原因

小中高のつながりしかなく、コミュニティが限定されている

高校までは県内に通う人が多いので、高校までのつながりというのは大半が地元でのつながりになります。

地元でのつながりというのは深い仲になりやすい反面、人間関係が広がっていかないというデメリットもあります。

地元で誰か異性を紹介してもらうと〇〇の元恋人みたいに田舎特有の閉じた人間関係となってしまいます。

しかもほぼ同じ地域での人間関係なので、喋っていて共感は出来ても刺激にはならないでしょう。

しかし大学に進学して他県の人とつながりを持つようになると、文化の違いや方言など話をするだけで刺激を受けます。

それに大学の場合は新しい人と知り合う環境が整っているため、友達の友達は友達といった形で人間関係が広がっていきます。

生活がパターン化しやすい

働き始めると生活がパターン化しやすくなります。

大学に通っていればありあまるほどの時間があるので、いくらでも人との関係を広げる余裕があります。

それに大学生であればバイトをしてお金を稼ぎながら、更に出会いも作る事が出来ますよね。

バイトの場合は辞めたくなったらすぐに辞めれるので、後先の事を考える事もありません。

しかし高校を出てすぐ働きはじめた場合は人間関係を広げる余裕もなく、日々の仕事に忙殺される毎日です。

職場でも出会いがあるかもしれませんが、下手を打つと気軽に辞められない上に仕事がやりづらくなり地獄に変わります。

そして仕事が終わったあとも友達と予定が中々合わなかったり、疲れていたりして、中々新しい事に挑戦する気にもなりません。

そうなると家でゴロゴロしたりスマホをいじったりと刺激のない毎日を送って年だけとってしまいかねません。

高校卒業後の就職先が家族経営の企業だったり、同性ばかりの職場が多い

高校を卒業して地元で就職するとなると以下の様な就職先が多いです。

  • 家族経営の企業
  • 建設現場や物流系の現場作業員
  • 介護施設の職員

上記の様な職場は同性の比率が多かったり、家族経営の会社の場合そもそも同世代の社員がおらず出会いがない事も考えられます。

社会人になると職場での自然な出会いが望めない場合は、自分で積極的に出会いを作る努力をしないと恋人が出来る可能性が極端に下がります。

狙った相手を100発100中で落とせるモテ男(子)だったとしても出会わなければ意味がありませんからね。

出会いを作る為の方法

マッチングアプリを使う

今はスマートフォンが生活必需品となり、成人のほとんどが1人1台スマートフォンを持つ時代です。

まだガラケーを使っているという人はいるかもしれませんが、携帯持ってないんだよねという人は中々いないですよね。

特に最近では女性も安心してつながれる場が不足している事も相まって、健全な出会いが欲しいと考える女性も多いのです。

出会いというと男性ばかりがピックアップされがちですが、安全な出会いが欲しいのは女性も一緒です。

以前は出会い系のアプリが注目されていましたが、最近ではマッチングアプリというものが注目されています。

そして出会いに関するアプリにつきものなのがサクラですよね。

サクラというと無駄にお金を消費するだけでなく、期待を裏切られたりと散々なので出来ればサクラには遭遇したくないものです。

特に無料のマッチングアプリや出会い系のサイトでポイント課金制を導入しているものはサクラが潜んでいる可能性が高いです。

こちらのサイトでサクラの詳しい見分けかたやオススメのマッチングアプリについて書かれているので、マッチングアプリが気になっている方にオススメです。

新しい習い事やイベントなど積極的に参加する

マッチングアプリなどのネット上で出会いのきっかけを作るのも有効ですが、リアルでの出会いの方が即効性があります。

ネット上での出会いは気軽に相手に声をかけられるメリットはありますが、デメリットとして相手の素性が分かりません。

特に女性の場合は性犯罪に巻きこまれたり、男性の場合は美人局など犯罪に巻きこまれる可能性もあります。

そのためネットでの出会いは相手と会って、安心出来る人だと認識出来るまでの時間が長いです。

その点リアルな出会いは相手の素性と顔が分かっているため安心出来ますよね。

マッチングアプリだけとかリアルの出会いだけにこだわらず両方使って出会いを作れば最強なんじゃないかと思います。

身近な人を大切にして人とのつながりを大切にする

人とのつながりって当たり前の事ですが大切です。

たまに身近な人を大切に出来ない人っていますが、もったいないんですよね。

身近な人を大切にする事で得られる最大のメリットとしては心に余裕が出来る事です。

自分の周りに大切な人がいるというだけで、精神的な支えになるし、自信にもなります。

人というのは大切にされると、自分も好意を返したいという心理が働きます。

これは心理学用語でいうと好意の返報性という人間心理に基づいています。

身近な人を大切に出来ない人の例
  • 相手に使うお金を出し渋る
  • 相手に何かをする時に見返りを求める
  • 相手に何かをしてもらう時にお礼を言わない

他人は自分が大切にされていると感じる行為も見ますが、それ以上に大切にされていないと感じる行為の方をよく見ています。

そのため女性と食事に行った時に、割り勘が不評なのはその女性自身「自分が大切にされていない」と敏感に感じてしまうからですね。

そして基本的に人は大切だと思ってない人に自分の友達とか知り合いは紹介しません。

特に女性は信頼してない男性に友達は紹介しません。トラブルになった時に自分まで巻き添えになるのはごめんですからね。

何故なら脈がないと判断されたという事は男として価値がないと判断されたわけで、価値がない男を友達に紹介する可能性は極めて低いという訳ですね。

仮に変な人を紹介してしまうと、紹介した人の信頼度もがくんと落ちますからね。

友達を紹介してもらいたかったら、まずは相手を大切にすることで信頼関係を構築する事を優先するべきなのです。

まとめ

出会いを作る為の方法

  • マッチングアプリを使う
  • 新しい習い事や集イベントなど積極的に参加する
  • 身近な人を大切にして人の輪を大切にする

学校を卒業すると出会いが減ってしまうのは社会人の共通の悩みです。

しかし出会いがない事を嘆いていても、出会いが増えるわけではありません。

そのため1人でも多く異性と出会える様にネット、リアル、身内などを駆使して、使える資源を有効活用するのが得策ですよね。

やはり出会いの数が少なくなると1人の異性に執着してしまい余裕がなくなりがちなので、出会いの数は多いにこした事はないですよ。

人生の幸福度において異性の存在は大きいですからね。人との出会いは大切にしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です