田舎の飲み会では車が必須?どうやって帰る?移動手段を一挙紹介

<人生大逆転>私の体験談をご紹介

転職エージェントを使って社畜からの脱出!年収100万アップさせた方法

何も考えず適当に転職活動をしても失敗します。

学歴もスキルもない私が、転職エージェントを利用して5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。学歴やスキルもなく、転職に関する知識がない人にこそ転職エージェントを利用しないのはもったいないです。

なぜなら、転職エージェントは転職に関しての独自のノウハウを持っており、的確なアドバイス、非公開求人の紹介、履歴書添削、面接対策、年収交渉をしてくれるからです。

転職活動をスムーズに行えるサポートが充実しています。

自分のキャリアに自信がない人や転職しようにも何したら良いか分からない人ほど転職エージェントを利用するべきです。

どの転職エージェントを利用するか迷ったら業界最大手のマイナビエージェントがおすすめです。まずは、王道の転職エージェントを利用するのが間違いないです。求人数も多くサポートの質が高いので全ての人におすすめできます。

無料で90秒で簡単に登録できます。

Uターンや、Iターン、Jターンで就職して、田舎で普段は車通勤。

田舎での職場の飲み会での移動手段って、みんなどうしているのか気になりますよね。

車で飲み会会場まで行ったとして、飲んだ後に車を運転して帰るワケにはいかないですしね。

都会では、飲み会での足の確保について「公共交通機関で移動」というのがほとんどではないでしょうか。

都会のように公共交通機関が発達していない田舎では、自家用車が一人に一台と言っていいほど普及し、生活の上で必需品となっています。

上記を受けて今回は、田舎の飲み会での交通手段を一挙紹介していきたいと思います!

誠司
車で通勤するのが当たり前の田舎で仕事してる場合の飲み会って、みんなどうしてるんだろう?そもそも飲み会だけじゃなくて、田舎では何をするにしても車は必須だからね・・・
けいこ
私達「奥さん」という立場が送迎するにも限界あるよね~

 

都会と田舎の交通手段で違う点

田舎は基本的に車社会です。

チョット隣の家に行くにも車でいくこともあり、自家用車は生活に対して必需品です。

それに対して、都会は公共交通機関が充実しているので、移動で困る事はまずないでしょう。

けいこ
近くのコンビニや自販機まででも、車で行っちゃうこともあるらしいわ!田舎では本当に車が欠かせないようね。

 

田舎での飲み会、その時の移動手段は?

車社会の田舎で飲み会、その時に使える手段として候補はいくつかあります。

  • 代行運転業者を呼ぶ
  • タクシーで帰る
  • 誰か(家族等)に送迎してもらう
  • 飲まない人(ハンドルキーパー)を一人作り、その人に送迎してもらう
  • 大きな飲み会だと送迎バスがあることもあるのでそれを利用する
  • 行きは車で行って、翌日取りに行く
  • 徒歩で行く

ネットでの声も聴いてみましょう。

では移動手段候補を順を追って紹介していきます。

代行運転業者を呼ぶ

田舎の飲み屋街の近くには、必ずと言っていいほど代行運転業者があります。

それを使うのが一番手っ取り早いし周りに迷惑をかけない方法だと思います。

今の時代、もし仮に車で飲み会に行ったとして、飲んで車を運転して帰っている最中に、検問で飲酒運転で引っ掛かった時の代償を考えてみてください・・・

田舎ですと代行運転業者の需要が高く、競合他社が複数居たりして、価格競争が起きていて安く済むのでおすすめですね。

タクシーで帰る

自宅が同じ方向の人間が複数でタクシーに乗り合いをして、割り勘や様々な決済で帰るのは、人数が多いほど安く済むのでオススメです。

行きは家族に送ってもらって、帰りは乗り合いで帰る。そういうパターンも多いに有りだと思います。

また、行きも会社から乗り合わせて飲み会会場へ、もよくあります。

ただ、歓楽街や、深夜割増料金といったものもあるので、トラブルには要注意です。

家族等に送り迎えしてもらう

一番手堅く費用も抑えられますが、どうしても終了時間がまちまちになる飲み会では、家族等に迷惑がかかってしまいます。

子どもがいる場合はもっと大変でしょう。家事育児を奥さんにまかせて自分は会社の付き合いで飲み会するのに、奥さんに送り迎えしてもらっていては、奥さんへの負担が半端ないです。時にはブチギレられてしまうでしょう・・・

誠司
家族にお願いする時は、多少態度が冷たくても決して腹を立てず、謙虚・感謝の気持ちを忘れずに!手土産とともにお礼をしっかり伝えよう!次の送迎も気持ちよくしてもらうためにねっ

誰か飲まない人(ハンドルキーパー)に送迎してもらう

飲み会メンバーの中にハンドルキーパーがいれば、代行運転業者やタクシーで帰る必要もないので、費用が抑えられます。

確かに、簡単かつ時間的に自由がききます。

ですが、その人も同額の会費を払っていた場合はトラブルの原因になることもあるでしょう。

誠司
なんでお酒飲みもしないしみんなの送迎までしているのに、会費もしっかり払わなくちゃいけないんだー!それは納得いかない!ってね。

飲まない、もしくは飲めない人の分を飲む人達で割増で割り勘するとか、そういった面でハンドルキーパーへの配慮を忘れずに負担を減らしてあげると良いと思います。

送迎バスを利用する

大きな飲み会や、大きい会場で行う飲み会では、飲食店が送迎バスを用意していることもあります。

集合場所から送迎バスに乗り、飲み会へ行って楽しんだ後、送迎バスで集合場所へ帰り、そこで解散するという手段もあります。

多くは、送迎バスの集合場所まで家族に送迎してもらう、または集合場所まで歩いていくといった感じです。

車で行って翌日取りに行く

飲み会会場まで距離がありどうしても車で行くしかない場合や、仕事先や営業先から直で車で行く必要がある飲み会の場合は、会場の駐車場や、周辺のコイン式駐車場に車を停めてタクシーで帰ったり、ハンドルキーパーが居ればそれで帰れます。

ですが、移動手段に車は必須の田舎ですので、翌日取りに行く必要が発生します。

奥さんや家族に頼んで、駐車場へ連れて行ってもらい回収して帰る、またはそこから出勤というパターンですね。

徒歩で行く

あまりオススメはしませんが、飲み会会場が近ければ徒歩で行って帰るのも一つの手でしょう。

お酒に強い人であれば意識を持って帰れますが、なんせお酒に酔っているので不注意で転んだり、不慮の事故に巻き込まれる危険性もあるので十分に注意が必要です。

田舎の飲み会でNGな交通手段

飲んで自転車で帰る

無いとは思いますが、これは絶対におやめください。

自転車は軽車両に該当するので、免許があろうとなかろうと、法律上飲酒運転に該当します。

自転車に乗って行く位であればハンドルキーパーや、送迎を頼んだほうが心地よくお酒が飲めます。

飲んだ後に自分で車を運転して帰る

言わずもがな、絶対におやめください。

上記にもありますが、飲酒運転で捕まるだけならまだしも・・・

人身事故など起こしてしまったら・・・

もうあなたの人生取り返しがつかないですよ。

 

けいこ
車がないと不便でも、ダメ!絶対!

 

まとめ

田舎の飲み会では

  • 何らかの送迎手段を用意する。
  • タクシーや代行等で帰る
  • 車で行ったら置いて帰る。
  • ハンドルキーパーが居たらその分の会費は軽くしてあげる。

 

代行運転業者に愛車を任せるのが怖いならば、置いて帰ってきて翌日取りに行くのが一番です。

費用はかかりますが、タクシーを捕まえて「〇〇へ」とだけ言えてしまえば後は部座席で寝ていられるタクシーも気持ち的に楽でしょう。

ハンドルキーパーを用意したり、お酒が飲めない人が居たら、その方の分は食事代程度の会費に抑えてあげるのが良心的です。

田舎は確かに車社会ですが、絶対に自家用車がないと飲み会に参加できないという事はないので、上記の様々な手段をうまく活用しながら、おおいに楽しみましょう!

学歴なしスキルなし】そんな私でも転職したら年収100万以上アップ

転職しようと思った時、何も考えずやみくもに転職活動していませんか?それ、かなり損しています。

なんとなくハローワークに行ったり転職サイトを利用して良いと思った求人に応募しても内定を取るのは難しいです。ましてや、私のように学歴もスキルもないと余計に難しいです。

私は転職エージェントを利用してわずか3ヶ月で5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。

私は低収入で休みなしのブラック企業に勤務していました。毎月ギリギリの生活で欲しいものなんて買えませんでした。収入が低いので女性にもモテませんでした。優良企業に就職していて充実した生活を送っている友人には嫉妬と劣等感を感じるようになり、苦しくて辛い毎日でした。

そんな私が人生大逆転に成功した体験談はこちらになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です