転職面接において40代男性にふさわしい服装とはどんなもの?

<人生大逆転>私の体験談をご紹介

転職エージェントを使って社畜からの脱出!年収100万アップさせた方法

何も考えず適当に転職活動をしても失敗します。

学歴もスキルもない私が、転職エージェントを利用して5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。学歴やスキルもなく、転職に関する知識がない人にこそ転職エージェントを利用しないのはもったいないです。

なぜなら、転職エージェントは転職に関しての独自のノウハウを持っており、的確なアドバイス、非公開求人の紹介、履歴書添削、面接対策、年収交渉をしてくれるからです。

転職活動をスムーズに行えるサポートが充実しています。

自分のキャリアに自信がない人や転職しようにも何したら良いか分からない人ほど転職エージェントを利用するべきです。

どの転職エージェントを利用するか迷ったら業界最大手のマイナビエージェントがおすすめです。まずは、王道の転職エージェントを利用するのが間違いないです。求人数も多くサポートの質が高いので全ての人におすすめできます。

無料で90秒で簡単に登録できます。

40代の男性が転職をしようと考えたときに

誠司
どんな服装で行けばいいんだろう。少しでも印象を良くしたいな〜

と感じている方も少なくないでしょう。

今回は、40代男性の面接時の服装について説明していきたいと思います。

 

40代男性の転職面接時にふさわしい服装は?

40代は、社会人として経験が20代、30代に比べて豊富であり、経験があることにより落ち着きがでてくることが特徴である。

そのため、面接において40代はほかの年齢層に比べ「落ち着きがある」「清潔感があることがポイントとなります。

面接では、スキルや経験を見られることはもちろんのこと服装による第一印象による印象も重要となります。

面接にふさわしい服装を選択する必要があります。

40代男性が選ぶべきスーツのポイント

スーツは、ネイビーやグレーといった暗めの色を選択することが落ち着いた印象を与えるために必要です。

明るい色を選択してしまうと、カジュアルな印象が強くなり、派手な落ち着いていないという印象につながりかねないため避けることが望ましいです。

スーツにおいては、清潔感のある着こなしとはスーツの着こなしにおいて清潔感を感じる部分は、体のサイズに合っているのか、スーツがきれいかという部分が重要となります。

サイズの合ったスーツを選ぼう

スーツの着こなしにおいて清潔感を感じる要素として、体のサイズに合っているのかという部分も重要となります。

スーツは落ち着いた色を選択していたとしても、体のサイズに合っていなければ、だらしない印象になりせっかくのスーツが台無しとなってしまうことがあります。そうならないためのチェックポイントを紹介します。

これらから逸脱している場合には、サイズが合っていない可能性があるため買い直すまたはサイズを調整する必要があります。

40代男性が選ぶべきシャツのポイント

ワイシャツは無地のホワイトや淡いブルーのような落ち着いた清潔感のあるものを選択することが望ましいです。

明るい過ぎるピンクやストライプのような柄などは、カジュアルな印象を与えられてしまうため面接には向きません。

40代男性が選ぶべきネクタイのポイント

派手過ぎない色のものを選択しましょう。

40代の落ち着きを見せるため、ブルーやネイビー、グリーン、グレーのような落ち着いた印象を与えることのできる色を選択するようにしましょう。

スーツとの着こなしとして、類似色を選択することで、スーツとのまとまりが良くなるため落ち着きのある印象を与えることができるため選択に迷ったときはおすすめです。

40代男性が選ぶべき靴のポイント

靴は黒や暗めな茶色のような明る過ぎない落ち着いた色の靴を選択しましょう。

デザイン性の高いものや紐の無いものはカジュアルな印象が強くなってしまい好印象を与えることができません。

40代男性が選ぶべき靴下のポイント

靴下に特別集中的にみている面接官は少ないでしょう。それよりも全体的な印象を重視してみるというのが一般的です。 しかし、重要視してみられていない=関係ないではないのです。

屈し下はスーツとの統一感によって細かいところまで意識した「几帳面な人」という印象を与えることができます。

統一感を出すためにスーツの色とあったブラックやネイビーといった落ち着いた色を選択するのが望ましいと言えます。

40代男性が選ぶべき鞄のポイント

面接時の鞄は、必要な資料や配布された資料を入れることに用いられます。

鞄はA4サイズの紙を折り曲げず入れることができるぐらいの大きさのものがおすすめです。

また、自立する鞄を選択することが望ましいです。

面接時、鞄は床に置くこともあり、自立したものを選択することにより物をスムーズに出すことができ、開閉部が直接床につくことを防ぐことができ清潔な印象を与えることができるからです。

鞄の色においても、ブラックやネイビーなどの落ち着いた色を選択することが望ましいと言えます。

40代男性選ぶべきアクセサリーのポイント

アクセサリーは基本的に必要最低限にとどめることで華やかさが出過ぎず好印象を与える上で重要となります。

そのため、身に付けるものとしては、結婚指輪や時計ぐらいに留めましょう。ネックレスやピアスはNGです。

また、時計を着ける際は、黒や銀といった落ち着いたものを着けるようにしましょう。

最近は、時計を着けず携帯電話、スマートフォン利用している人も少なくないことでしょう。そのため時計は「別に必要ない」と考えている人もいるでしょう。

しかし、面接の場においては、時計は着用した方が望ましいと言えます。

なぜなら、時計を着用することがビジネスマナーと考えている面接官がいるからです。

年配の方に多いのですが、時計を身につけていないと「時間に気を使わない人なのかな?」と思う人もいます。

 

面接までに見ておくべき身だしなみチェック項目

好印象を与える髪型

髪は茶髪などに染めている場合には、黒染めするようにしましょう。

そして、前髪は目にかからないようにし全体的にも短めにすることで清潔感のある。髪型となります。

落ち着いた印象を与えるためにワックスを使用し整えるようにしていく必要があります。

40代になれば、白髪が出てきた人も少なくないでしょう。

白髪がある人は、白髪染めをする際には生え際までしっかりと染められているか確認するようにしましょう。

髭は綺麗に剃りましょう

髭は剃り残しなく剃りきるようにしましょう。

髭を伸ばしていると、清潔感がなく整っていない印象となります。

 

まとめ

  • 面接時の服装は落ち着いたもの
  • 清潔感を意識して

 

今回は40代男性にふさわしい面接の服装について説明させて頂きました。

40代男性は、面接において清潔感があり、落ち着きがある服装がふさわしいです。なるべく派手な色を使わず無難な服装で悪い印象を持たれないことが大切です。

20代であれば少し派手な色でも個性として受け入れられることもあるでしょう。しかし、40代ともなると派手な色は受け入れられにくいです。

面接は第一印象は大事ですから、万全の準備をして面接に挑みましょう。

学歴なしスキルなし】そんな私でも転職したら年収100万以上アップ

転職しようと思った時、何も考えずやみくもに転職活動していませんか?それ、かなり損しています。

なんとなくハローワークに行ったり転職サイトを利用して良いと思った求人に応募しても内定を取るのは難しいです。ましてや、私のように学歴もスキルもないと余計に難しいです。

私は転職エージェントを利用してわずか3ヶ月で5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。

私は低収入で休みなしのブラック企業に勤務していました。毎月ギリギリの生活で欲しいものなんて買えませんでした。収入が低いので女性にもモテませんでした。優良企業に就職していて充実した生活を送っている友人には嫉妬と劣等感を感じるようになり、苦しくて辛い毎日でした。

そんな私が人生大逆転に成功した体験談はこちらになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です