転職の面接で名刺は必要?渡された時のマナーも解説します!

<人生大逆転>私の体験談をご紹介

転職エージェントを使って社畜からの脱出!年収100万アップさせた方法

何も考えず適当に転職活動をしても失敗します。

学歴もスキルもない私が、転職エージェントを利用して5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。学歴やスキルもなく、転職に関する知識がない人にこそ転職エージェントを利用しないのはもったいないです。

なぜなら、転職エージェントは転職に関しての独自のノウハウを持っており、的確なアドバイス、非公開求人の紹介、履歴書添削、面接対策、年収交渉をしてくれるからです。

転職活動をスムーズに行えるサポートが充実しています。

自分のキャリアに自信がない人や転職しようにも何したら良いか分からない人ほど転職エージェントを利用するべきです。

どの転職エージェントを利用するか迷ったら業界最大手のマイナビエージェントがおすすめです。まずは、王道の転職エージェントを利用するのが間違いないです。求人数も多くサポートの質が高いので全ての人におすすめできます。

無料で90秒で簡単に登録できます。

皆さんは自分の名刺を持っていますか?

転職の面接の時に名刺交換があったら不安ですよね?

「そもそも名刺なんて持ってねーよ!」「名刺なんて必要なの?」って言う声も聞こえてきそうです。

安心してください。転職の面接で名刺は必要ないです。

しかし、こちらから名刺を渡すことはありませんが、面接担当者から名刺を受け取ることはあります。

そして、名刺を受け取る時のビジネスマナーはかなりチェックされているんです。

今回は、「なぜ面接担当者は名刺を渡すのか?」名刺受け取り時のマナーについて紹介します。

 

転職の面接の際に名刺は必要なのか?

そもそも面接時に名刺が必要なのかという点についてですが、必要ありません。

なぜなら相手は履歴書でこちらの情報を知っていますし、こちら相手の面接官に関する情報を知る必要がないからです。

そもそも名刺の役割は、所属している会社の代表として渡すものなので転職している状態で名刺を渡すのは不自然な行為です。

そして、名刺には企業の個人情報も含まれているため、むやみに渡すのは不適切です。

 

転職の面接でも名刺を渡される可能性はある

しかし、名刺を渡すつもりがなくても、相手から名刺を渡される場合があります。

けいこ
そもそもなんで名刺を渡すの?
名刺を渡す理由
  • 最低限のビジネスマナーができているかどうかを見るため
  • 社会人の習慣として渡している
  • 連絡先がわかるように渡している
  • 履歴書の経歴と合っているかどうか確認するため
誠司
名刺の受け取り方からビジネスマナーをチェックしているんだ。ビジネスマナーがあることをアピールできるチャンス!

 

名刺の受け取り方

普段名刺交換をしている人であれば、名刺交換のやり方にあたふたしないでしょう。

しかし、前職によっては「名刺交換なんてしたことないよ!」と言う人もたくさんいると思います。

下記に名刺交換のやり方を紹介します。

受け取りの一連動作

1.相手が名刺を出すそぶりを見せたら相手に近づき自分の名刺入れを受け皿にするように両手で受け取ります。相手の名前に指がかからないするのがポイントです。

2.次に「頂戴します」「ありがとうございます」等と軽くお辞儀をして受け取りましょう。ここでやってしまいがちなのが、ペコペコしながら受け取ってしまうことです。頼りない印象を与えてしまうのでNGです。

3.名刺を必ず目を通して、机の左に置きましょう。カバンやポケットにすぐ入れてしまいがちですが、マナー違反なので注意してください。テーブルがない場合は、「失礼致します」と伝え、カバンにしまっても大丈夫です。

誠司
この3つの流れを意識すれば大丈夫!
けいこ
名刺の受け取り方は分かったけど、もし名刺を求められたらどうしたらいいの?

 

名刺を求められた場合

企業によっては、履歴書の職務履歴と合致するか確認するために名刺を求められることがあります。

面接での名刺交換は本来必要のないものですから「現在名刺を持ち合わせていない」「退職したので名刺は返却した」といった断り文句を言えば問題はありません。

名刺を渡さないのが普通ですから、名刺がないからといって減点はされないのでご安心ください。

 

名刺を作っておいても良いでしょう

面接は会社の営業とは違い、あなた個人で受けるものなので、前職または現職の名刺は使わないようにしましょう。

基本的には名刺を出されても交換する必要はないのですが、それでも心配なのでしたら転職用の名刺を作っておくのもOKです。

この際はあまり派手なものにせずに、シンプルにまとめましょう

 

必要な項目
氏名

住所

電話番号

メールアドレス

 

まとめ

  • 基本的に名刺を用意しておく必要はない
  • 企業側は名刺の受け取り方をチェックしている
  • 名刺を求められても、持ち合わせていないことを伝えれば大丈夫

 

ここまでが面接時の名刺交換の基本的なマナーでした。

いかがでしたでしょうか?思い悩むほど難しいことはなかったと思います。むしろ名刺交換は動きの少ない面接で数少ない体を動かす機会なので緊張をほぐすにも有効かもしれません。

結論から言って転職面接での名刺交換はほとんどないですし、する必要もないので、基本的には受け取り方だけ覚えておけば問題はないと思います。名刺交換は社会に出てから必要なマナーですので覚えておくようにしましょう。

この記事を読んで少しでも皆さんの面接に対する心配と緊張がほぐれたら幸いです。

 

 

学歴なしスキルなし】そんな私でも転職したら年収100万以上アップ

転職しようと思った時、何も考えずやみくもに転職活動していませんか?それ、かなり損しています。

なんとなくハローワークに行ったり転職サイトを利用して良いと思った求人に応募しても内定を取るのは難しいです。ましてや、私のように学歴もスキルもないと余計に難しいです。

私は転職エージェントを利用してわずか3ヶ月で5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。

私は低収入で休みなしのブラック企業に勤務していました。毎月ギリギリの生活で欲しいものなんて買えませんでした。収入が低いので女性にもモテませんでした。優良企業に就職していて充実した生活を送っている友人には嫉妬と劣等感を感じるようになり、苦しくて辛い毎日でした。

そんな私が人生大逆転に成功した体験談はこちらになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です