転職の面接におけるスーツの身だしなみやマナーは?【男性編】

<人生大逆転>私の体験談をご紹介

転職エージェントを使って社畜からの脱出!年収100万アップさせた方法

何も考えず適当に転職活動をしても失敗します。

学歴もスキルもない私が、転職エージェントを利用して5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。学歴やスキルもなく、転職に関する知識がない人にこそ転職エージェントを利用しないのはもったいないです。

なぜなら、転職エージェントは転職に関しての独自のノウハウを持っており、的確なアドバイス、非公開求人の紹介、履歴書添削、面接対策、年収交渉をしてくれるからです。

転職活動をスムーズに行えるサポートが充実しています。

自分のキャリアに自信がない人や転職しようにも何したら良いか分からない人ほど転職エージェントを利用するべきです。

どの転職エージェントを利用するか迷ったら業界最大手のマイナビエージェントがおすすめです。まずは、王道の転職エージェントを利用するのが間違いないです。求人数も多くサポートの質が高いので全ての人におすすめできます。

無料で90秒で簡単に登録できます。

けいこ
友人が転職するのだけど、どんな服装が良いかアドバイスを求められているの。誠司は転職に成功したから聞いて欲しいって!

面接官の印象に残るようにアピールしたいらしいのだけどどんな服装が良いかな?

誠司
服装でアピールしようとするのは少しずれているよ。
けいこ
みんなと同じようなものが良いの?
誠司
服装での奇抜さは求められてないよ。アピールするなら、清潔感を意識しよう!清潔感がある人は好印象を持ってもらえるよ

転職活動時にどのような服装で行けば、相手に良い印象を持ってもられるのか悩みますよね。

就職活動の時に着ていたリクルートスーツで良いのか、それとも普段着ているスーツで良いのか。

今回は転職の面接において気をつけたいスーツや身だしなみに関するマナーについて紹介します。

 

スーツの選び方

リクルートスーツはNG

転職活動でリクルートスーツで面接に挑もうと考えている人がいるかもしれませんが、転職活動においては辞めておいた方が良いです。

本来リクルートスーツは新卒用に作られたものなので、転職活動では不向きです。

リクルートスーツだと新卒というイメージがあるので、どこか頼りない印象を与えてしまいます。

 

ジャストサイズを選ぼう

自分自身にあったスーツを選ぶこと。身体のサイズに合っていることが重要となってきます。

自分の体に合っているスーツの見分け方は、肩のサイズが合っているかで判断することができます。スーツを着て肩のサイズが大きいと感じたり、窮屈に感じたりする場合は、サイズを変更することをお勧めします。

年月とともに体型は変化します。面接時に着るスーツが体にフィットしているのかを事前にチェックしておきましょう。

 

清潔なスーツにしておくこと

汚れている、シワシワ、臭いがあるスーツでは良い印象となるわけがありませんね。

クリーニングに出しておくことが最善です。

また、スラックスを美しく見せるためには、プレスラインがしっかりと入っていることが重要です。

アイロンがけすることによって、ケアすることはできます。意外と手間がかかりますが、プレスラインがあるのとないのとでは、印象が変わってきますのでやっておきましょう。

色はネイビー、グレーといった落ち着いたものが良く、柄は無地、シャドーストライプ、ピンストライプあたりが良いでしょう。

 

シャツの選び方

スーツと同様に、自分自身にあったサイズのシャツを選ぶこと。派手な色や柄のシャツは避け、シンプルな白シャツが良い印象につながります。

ボタンはしっかり留める。第1ボタンや袖のボタンも、しっかり留めること。

シャツの着こなし次第で、悪い印象を与えてしまいます。

 

ネクタイの選び方

派手な色や柄は避けた方が無難です。相手に与える印象を左右するものではありますが、ネクタイではアピールしない方が良いでしょう。

ブランドロゴが入ったものや、キャラクターデザインが入ったものなどは、ビジネスという場においては好まれません。

 

ベルトの選び方

素材やバックルの形状によって種類が分けられますが、レザー製ベルトでバックルがシングルピンのものがスーツに合います。

二つ穴ベルトやメッシュベルトなど、カジュアルなものは避けましょう。

 

バッグの選び方

ビジネスバッグも面接時に見られている意識を持ちましょう。派手な色や柄は避け、汚れのないキレイなものにしましょう。

履歴書や筆記用具など面接に必要なものを入れるため、ベーシックなA4サイズが無難です。

頑丈で汚れも気になりにくいナイロンタイプが良いでしょう。地面に置いてへたってしまうようなバッグは良い印象につながらないため、自立するタイプがベターです。

 

革靴の選び方

足にフィットする革靴を選ぶこと。多少きつめに感じるくらいがベターです。試着など最初はきつく感じても、だんだんと革が足に馴染んでくるためです。

逆に、大きい革靴を履いていくうちに足にフィットさせることは不可能です。

 

靴下の選び方

派手な色や柄は避け、薄手のものにしましょう。スーツや靴の色と同系色がベターです。

迷う場合は、黒を選ぶのが無難です。黒は引き締め効果もあるので、足元をスッキリと見せてくれます。

 

まとめ

  • 奇抜な服装はNG
  • 清潔感のある服装がベスト
  • ジャストサイズを選ぼう
  • バッグや靴など小さなところまで面接官は見ている

 

スーツやシャツは着させられているという印象を与えないことが大切です。しっかり着こなしているという印象を持たれるよう、自分自身にあったサイズのものを選びましょう。

一番アピールすべきポイントは清潔感です。

服装や身だしなみで、個性は表現せず、無難にまとめることが良い印象につながります。

派手な服装でアピールするのではなく、清潔感を意識して面接に挑みましょう。

学歴なしスキルなし】そんな私でも転職したら年収100万以上アップ

転職しようと思った時、何も考えずやみくもに転職活動していませんか?それ、かなり損しています。

なんとなくハローワークに行ったり転職サイトを利用して良いと思った求人に応募しても内定を取るのは難しいです。ましてや、私のように学歴もスキルもないと余計に難しいです。

私は転職エージェントを利用してわずか3ヶ月で5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。

私は低収入で休みなしのブラック企業に勤務していました。毎月ギリギリの生活で欲しいものなんて買えませんでした。収入が低いので女性にもモテませんでした。優良企業に就職していて充実した生活を送っている友人には嫉妬と劣等感を感じるようになり、苦しくて辛い毎日でした。

そんな私が人生大逆転に成功した体験談はこちらになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です