転職の面接で女性が選ぶべきインナーは?注意点も紹介します!

<人生大逆転>私の体験談をご紹介

転職エージェントを使って社畜からの脱出!年収100万アップさせた方法

何も考えず適当に転職活動をしても失敗します。

学歴もスキルもない私が、転職エージェントを利用して5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。学歴やスキルもなく、転職に関する知識がない人にこそ転職エージェントを利用しないのはもったいないです。

なぜなら、転職エージェントは転職に関しての独自のノウハウを持っており、的確なアドバイス、非公開求人の紹介、履歴書添削、面接対策、年収交渉をしてくれるからです。

転職活動をスムーズに行えるサポートが充実しています。

自分のキャリアに自信がない人や転職しようにも何したら良いか分からない人ほど転職エージェントを利用するべきです。

どの転職エージェントを利用するか迷ったら業界最大手のマイナビエージェントがおすすめです。まずは、王道の転職エージェントを利用するのが間違いないです。求人数も多くサポートの質が高いので全ての人におすすめできます。

無料で90秒で簡単に登録できます。

転職活動を開始し、いざ面接の日程が決まったものスーツのインナーはどのようなものがいいのか分からない。

ほとんど使ってないリクルートスーツがまだあるけど、新卒の時のようにリクルートスーツでもいいのかな?

新卒の面接とは違って、ラフで個性を出した服装でもいいのかな?

など色々悩んでしまいますよね。

そんな悩みを解決するべく、転職活動をする女性は面接の時にどのようなインナーをきた方が良いのかを紹介します。

 

転職もリクルートスーツでよい?

新卒での就職活動の際は、無地の黒スーツに白のシャツを組み合わせた、シンプルなリクルートスーツがふさわしいとされていました。転職活動の際も、同じくリクルートスーツを利用しても良いのでは?と考える方も少なくないはずです。

しかし、リクルートスーツには、社会に出る前のまっさらな状態で入ってくる、若い人材というイメージがどの企業・業界にも浸透しています。

ある程度社会人としてキャリアを積んだ、転職活動を行っている方々は今まで社会でどのように働いてきたのか、社会で何をしてきたのか、ということが重要視されており、求める人材と印象のズレが生じてしまっています。

なので、若い方々が着用しているリクルートスーツで面接に赴くのは、転職活動の際では適切ではないと言えます。20代前半で転職活動をしているならばまだしも、20代後半以上の年齢で転職活動をしている方は、リクルートスーツでなくビジネススーツの方が適切でしょう。

 

どのような種類のインナーを着るのが正解?

誠司
男はシャツ一択!
けいこ
男はいいわね〜。女性はインナーの種類が多くて何着ていいか悩むわ〜。

転職活動で面接をする際のふさわしい服装は、ビジネススーツです。ではスーツの色や柄を選び、さらにどのようなインナーと組み合わせればいいのかということは、女性の場合は特に悩む方が多いと思います。

女性の場合はインナーの種類自体がシャツやカットソー、ブラウスなど様々で、選択肢の幅が広いです。しかし、インナーの種類はリクルートスーツの時と異なり、どれを選んでも問題はありません。

希望している業種や職種によって求められる人物像は変わってくるので、服装によって印象を変えることも重要です。

例えば、営業を志望している方ならパンツスーツにカットソーのインナーを合わせて、動きやすい印象にしてみるなどです。より女性らしい印象を与えたいならばスカートにゆったりしたブラウスの組み合わせなどが良いでしょう。

金融系などのお堅い仕事の場合は、襟付きのシャツでカッチリとしたファッションが良いでしょう。

このように、自分が志望いている業界や職種について研究し、どのような人材が求められているのかを把握した上で、服装が与える印象を考えていくことが大切です。

 

インナーを選ぶ時の注意点

女性の場合はインナーの種類が豊富で、スーツとの組み合わせが重要になってきますが、面接の場面ではふさわしくないもの存在しています。

まずインナーの色ですが、基本は白色が良いでしょう。ピンク、水色、グレーなどの色がついているインナーは、なるべく薄い色のものを選ぶと清楚で女性らしい印象になってくると思います。色が濃すぎたり、赤などの目立ちすぎる色は面接という場面では適していません。

また、襟元にフリルがついているタイプのものは、華やかな印象を与えると思いますが、大きすぎたり目立ち過ぎればすれば面接の際には似つかわしくなくなってしまいます。胸が大きく広がりすぎているインナーも、印象が悪いためふさわしくないでしょう。

まずは清楚な印象を企業に与えるために、あまり目立ちすぎず、それでいて個性があるようにすることがポイントです。

 

採用担当者の実際の声

誠司
採用担当者の知り合いがいるから実際に聞いて見たよ!
知人の採用担当者

私は面接を受けられる方の服装はあまり気にしていません。

多くの方を担当してきましたが、シャツの人もカットソーの人もブラウスの人も様々でしたね〜。

胸元が開いていたり派手だったり普段着と思うような服装に関しては「ちょっと、、、」

と思ってしまいますが、、、笑

よほど不適切な服装でない限り減点されないですよ。

それよりも面接の内容を見ています!

けいこ
そこまで厳しくは見ていない見たいね!
誠司
そうだね!無難な格好で落ち着いた色を選べば間違いないね。

 

まとめ

転職する女性の面接時の服装で注意するべき点は大きく3つにまとめられます。

  • リクルートスーツではなくビジネススーツが良い
  • スーツとインナーの組み合わせで印象を変化させる
  • 襟元のフリルが目立ちすぎたり、派手な色がしているインナーはふさわしくない

 

これらの点に注意しながら、自分に一番しっくりとくる服装を選び、落ち着いて面接に臨むのがベストであると言えます。また、服装が自分に合っているか、派手すぎず地味すぎないかということが自分ではいまいちわからない、という方は、身近な人に意見を求めるのが良いでしょう。

企業が求めている人材にふさわしく、清楚でありつつも自分という個性を出した服装をして、自身の強みを企業へ精一杯伝えましょう。

 

学歴なしスキルなし】そんな私でも転職したら年収100万以上アップ

転職しようと思った時、何も考えずやみくもに転職活動していませんか?それ、かなり損しています。

なんとなくハローワークに行ったり転職サイトを利用して良いと思った求人に応募しても内定を取るのは難しいです。ましてや、私のように学歴もスキルもないと余計に難しいです。

私は転職エージェントを利用してわずか3ヶ月で5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。

私は低収入で休みなしのブラック企業に勤務していました。毎月ギリギリの生活で欲しいものなんて買えませんでした。収入が低いので女性にもモテませんでした。優良企業に就職していて充実した生活を送っている友人には嫉妬と劣等感を感じるようになり、苦しくて辛い毎日でした。

そんな私が人生大逆転に成功した体験談はこちらになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です