会社を辞めたいけど理由がない人へ!理由を切り分け方3つの方法

<人生大逆転>私の体験談をご紹介

転職エージェントを使って社畜からの脱出!年収100万アップさせた方法

何も考えず適当に転職活動をしても失敗します。

学歴もスキルもない私が、転職エージェントを利用して5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。学歴やスキルもなく、転職に関する知識がない人にこそ転職エージェントを利用しないのはもったいないです。

なぜなら、転職エージェントは転職に関しての独自のノウハウを持っており、的確なアドバイス、非公開求人の紹介、履歴書添削、面接対策、年収交渉をしてくれるからです。

転職活動をスムーズに行えるサポートが充実しています。

自分のキャリアに自信がない人や転職しようにも何したら良いか分からない人ほど転職エージェントを利用するべきです。

どの転職エージェントを利用するか迷ったら業界最大手のマイナビエージェントがおすすめです。まずは、王道の転職エージェントを利用するのが間違いないです。求人数も多くサポートの質が高いので全ての人におすすめできます。

無料で90秒で簡単に登録できます。

仕事をする中で「辞めたい」とは思うけど理由は特にないという方は、どの程度やめたいのか、どういう状況に置かれているのかによって、今後が決まります。

この文章を読み進めていきながら、会社を辞めずに仕事を続けるか、会社を辞めてしまうかを考えてみる事をおすすめします。

そもそも「辞めたいけど理由がない」のは一時的なものの可能性が高い

仕事の休憩中、仕事終わり、休日に「会社辞めたい」と思って調べていることだと思います。

  • 忙しくて、または連日の仕事で疲れている
  • 仕事でミスをしてしまった
  • 上司に怒られてへこんでいる

 

上記のようなことがあると「辞めたい」「会社に行きたくない」などを思ってしまうこと、とても分かります。

もちろん今は辛くて仕方がないとは思いますが、今は昇格したり重要な仕事を任されたりと、経験を積んで成長していくための過程の最中です。

「それならまだ頑張ろう」と思える方は、あまり気に病まず、気分転換をしながらこれからも頑張ると良いでしょう。

 

本当に辞めたいなら理由を明確にすることが大事

今の会社を辞めたいと思い「辞める」という行動をするなら、理由を明確にしておきましょう。

「理由はないけど辞める」という場合、主にあなたが後に苦労することになります。

 

①会社側が納得しない

辞めたい理由を明確にしないまま上司や人事担当などに「辞めます」と報告した場合、必ず辞める理由を聞かれます。

理由がないまま辞めさせてくれるわけはありません。

社員が辞めると、各手続きが必要になったり社外への信用に傷がついたりなど会社が背負うリスクが大きいので、理由がない場合は話すら聞いてもらえない可能性が高いです。

 

②同じことを繰り返しやすい

その会社を辞められてとして、その後はどうするのかと考えた時、また違う会社に転職したり、あるいは起業したりと方法はあります。

しかし、辞めたい理由が定まっていないまま会社を変えた場合、また「理由はないけど会社を辞めたい」と思うかもしれません。

昇格や給与アップなどのチャンスすらないどころか、そもそも転職ができないリスクに追われることも考えられます。

新しい会社での面接で、前の会社を辞めた理由を聞かれ「理由はないです」と答えて採用する会社はありません。

ですので、なぜ辞めたいかを明確にしましょう。

 

辞めたい理由を見つけ出す方法

 

理由を聞かれたとしてパッと答えられないなら、理由を導き出す方法を試してみましょう。

ここでは、3つの方法を紹介します。

 

①書き出してみる

辞めたい理由がすぐに出てこないなら、今の会社や仕事に関して思っていること、いいところ悪いところを書き出してみましょう。

紙に書くでも携帯やパソコンで打ち込むでも、とにかく文字にしてアウトプットできればいいので、方法は何でもいいです。

ただし、SNSなどのネット上ではなく、あくまで自分だけ見ることができるものにしましょう。

 

②相談してみる

家族や仕事のことを話せる友人に、話を聞いてもらうのも手段の一つです。

アドバイスを受ける前提ではなく、言葉にする事が重要なので、聞いてもらうというスタンスで大丈夫です。

考えを言葉にする事によって、「~だから会社を辞めたいんだ」と意志がはっきりすることがあります。

 

③試しに他の会社を調べてみる

インターネットで、今と同じ業界・職業の会社でもまったく違う会社でもいいので、今の会社とは違う会社を調べてみましょう。

今の会社と調べた会社のいいところ悪いところを比べてみると、「~だから辞めたい」と確定しやすくなります

 

よくある辞めたい理由

会社を辞めたい人、または実際に会社を辞めた人が、どういう理由で辞めたいと思うのかを紹介します。

 

①病気を患い働きづらくなった

会社に勤めている間に病気にかかってしまうことがあります。

休日に通院したり薬を飲んだりしていれば会社で仕事をしても大丈夫、というケースもありますが、仕事をしながらの闘病が無理な場合、会社を辞めるという選択肢が出てきます。

しばらく様子を見た方がいい場合休職という方法もあります。

可能であればまず休職をさせてもらい、何ヶ月か経っても復帰できないようなら退職するという手段だと会社側も納得しやすいでしょう。

 

②業務内容や労働環境が合わない

残業が多い、会社のイベントに強制参加というのがきつい、などの理由もあります。

自分の生活リズムを仕事に合わせたり、考え方を変えてポジティブに捉えたりできればいいのですが、納得できなければ会社を変えようと考えがちです。

 

③人間関係がよくない

同じ職場で働く人が皆自分と相性がいい人とは限りませんし、自分は関係なかったはずなのに、人と人とのいざこざに巻き込まれることもあります。

それどころか、ハラスメントと呼ばれるセクハラやパワハラ、モラハラを犯す人も中にはいます。

仕事をする上で、自分の力で相手を変えたり人間関係をよくしたりするのは、精神的ストレスになりやすいので、ますます会社を辞めたくなります。

会社は変えずに異動などの手段でもどうにもならない場合は、すぐに退職することをおすすめします。

 

もし辞めるならしかるべき報告を

すぐに退職届を出すのではなく、まずは上司または人事担当などに「辞めたい」という意志を報告する必要があります。

辞めるならその日から何日以降、いつまでに誰に退職届を出すようにという指示に従いましょう。

 

次の職業を決めるなら

ハローワークや転職サイトなど、転職先を探す方法はあります。

採用情報を調べてみて、会社を辞めたくなった理由をもとに「こういう会社だったら辞めずに済みそう」というところを探してみてください。

 

まとめ

  • 辞めたい理由が一時的なものなら辞めない方が良い
  • 辞めるなら辞めたい理由を明確にする必要がある

 

仕事を続けるにしても辞めるにしても理由がないとどうしていいか分からないですよね。辞めたい理由を書き出したり、相談したり、他の会社のことを調べたりすることで、理由がはっきりしてくるかもしれません。あなたに合った会社で仕事を続けられるよう、応援しております。

 

 

学歴なしスキルなし】そんな私でも転職したら年収100万以上アップ

転職しようと思った時、何も考えずやみくもに転職活動していませんか?それ、かなり損しています。

なんとなくハローワークに行ったり転職サイトを利用して良いと思った求人に応募しても内定を取るのは難しいです。ましてや、私のように学歴もスキルもないと余計に難しいです。

私は転職エージェントを利用してわずか3ヶ月で5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。

私は低収入で休みなしのブラック企業に勤務していました。毎月ギリギリの生活で欲しいものなんて買えませんでした。収入が低いので女性にもモテませんでした。優良企業に就職していて充実した生活を送っている友人には嫉妬と劣等感を感じるようになり、苦しくて辛い毎日でした。

そんな私が人生大逆転に成功した体験談はこちらになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です