【転職者必見】面接で退職理由を聞かれた時の注意点や回答例を紹介

<人生大逆転>私の体験談をご紹介

転職エージェントを使って社畜からの脱出!年収100万アップさせた方法

何も考えず適当に転職活動をしても失敗します。

学歴もスキルもない私が、転職エージェントを利用して5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。学歴やスキルもなく、転職に関する知識がない人にこそ転職エージェントを利用しないのはもったいないです。

なぜなら、転職エージェントは転職に関しての独自のノウハウを持っており、的確なアドバイス、非公開求人の紹介、履歴書添削、面接対策、年収交渉をしてくれるからです。

転職活動をスムーズに行えるサポートが充実しています。

自分のキャリアに自信がない人や転職しようにも何したら良いか分からない人ほど転職エージェントを利用するべきです。

どの転職エージェントを利用するか迷ったら業界最大手のマイナビエージェントがおすすめです。まずは、王道の転職エージェントを利用するのが間違いないです。求人数も多くサポートの質が高いので全ての人におすすめできます。

無料で90秒で簡単に登録できます。

「新しい会社で再スタート!」と意気込んで転職活動を始め、企業の面接に挑んで直面するのが「前の会社を退職した理由は?」という質問です。

退職理由は、履歴書や職務経歴書にも記述し面接でも回答を求められるほど、採用に直結する要素です。

 

男性   女性
労働条件が合わない 1位 労働条件が合わない
給与が少ない 2位 人間関係がよくない
会社の将来が不安 3位 給与が少ない

 

上の表は、厚生労働省が発表している平成29年雇用動向調査結果の概況を基に、「転職入職者が前職を辞めた理由」をランキング形式にしたものです。

必ず聞かれる退職理由ですが、「労働条件が合わなかった」「給料が少ない」などそのまま回答してしまうと良い印象を持ってはくれないでしょう。

実は、退職理由は言い方を工夫すれば、悪い印象を持たれることはなく、むしろ良い印象を持ってもらうことが可能です。

では、どう答えたら良い印象を持ってもらえるのか、紹介していきます。

 

なぜ退職理由について質問されるのか

そもそもなんで退職理由を聞かれるのでしょうか。

それは、退職理由を聞くことで、人物像が深く見えてくるからです。

会社が見ているポイントについて詳しくご紹介します。

考え方や人柄、モチベーションを知るため

退職理由の回答次第で、仕事や会社に対してどう考えているのか、何をモチベーションに働きたいのかが分かります。

また、企業が求めている人材であるかどうかも判断できます。

企業は、自社にあった人材を積極的に採用しています。自社と合ってなければお互いにとっていい関係を気づけません。すぐに辞められては、困りますし、自社の成長に大きく関わってくるからです。

 

同じ理由で退職しないか確認するため

社員の早期退職は会社の信用に関わりますし、社員を募るべく再度募集や面接を行うためのコストがかかるので、企業は長く勤められる人材を求めています。

前の会社を退職した理由が次の会社にも当てはまる要素だと、また同じ理由ですぐ辞めてしまう可能性が高いので、企業からは「縁がない」と断られてしまいます。

「御社なら長く続けられます」という意志を、退職理由の回答に込めましょう。

 

退職理由を答える時のポイント

けいこ
退職理由を伝えて悪い印象を持たれたら、、、と考えると怖いわね
誠司
そんなに心配することでもないよ!工夫して伝えれば大丈夫だよ!

退職理由と転職理由をセットで考える

「なぜ前の会社を辞めたのか」という退職理由と「なぜこの会社に入りたいのか」という転職理由は、一緒に考えましょう。

「前の会社の退職理由はこの会社に入ることで改善できます」といった流れが望ましいです。

例えば、「給与が少ない」という退職理由に対して「御社は家から近い」という転職理由では一貫性もないし、退職理由も拭えていませんね。

前の会社で「給与が安い」と感じていたのであれば、転職理由も給与に関するものを話すと一貫性が出るので、面接官も納得しやすくなります。

 

ネガティブな理由でもポジティブな内容で説明する

けいこ

会社を辞めた理由って愚痴っぽく聞こえるわよねぇ

よくある転職理由はネガティブなものが多く、素直に「給与が少なかった」「人間関係がよくなかった」と言うのは不平不満に過ぎませんし、そう言い切ってしまうとその面接でのモチベーションもその場の空気も落ち込みやすくなります。

ネガティブな退職理由でも具体的に伝えると転職理由の強い根拠になるので、「給与が安い」を「営業で売上を伸ばしても給与は変わらなかった」と深堀りし、「成果報酬制の御社で活躍したい」という転職理由に繋ぐと説得力が増します。

回答の入りがネガティブでも、話し終わりはポジティブな状態で締めましょう。

 

ポジティブに聞こえる言葉の落とし穴

企業が採用情報のキャッチコピーなどに使う言葉で、退職理由や転職理由では、言い方に気をつけないと悪い印象を与えてしまう可能性があります。

 

「キャリアアップ」

ポジティブに聞こえるからこそ注意が必要です。

具体的な背景や希望が相手に伝わらなかったら、ポジティブで転職に使いやすい言葉なだけに「この会社もこの理由で辞めるかも」「中途半端に辞めてきた可能性がある」という印象を受けることがあります。

実務経験や取得済みの資格を活かして新しい仕事を頑張りたい、という内容であれば、キャリアアップという言葉を使わずとも伝わりやすいです。

 

「スキルアップ」

新しい会社で自分が成長できそう、という内容で聞こえはいいですが、単なる転職者へのメリットなので、「私が入社する事で御社にこんなメリットがある」という貢献できる内容が伝わらないと採用に結びつきづらいです。

「営業成績を上げられる」「周囲と円滑なコミュニケーションがとれる」というような要素は、企業目線でも「会社の売上目標に貢献できる」「職場のチームワークがよくなる」と好印象で受け取ってもらいやすいので、企業と自分双方のメリットを積極的に伝えましょう。

 

退職理由別の回答例

実際に面接ではどういうふうに退職理由を回答すればいいのか、退職理由別に回答例をご紹介します。

労働条件が合わなくて退職した場合

残業が多い、休日出勤が頻繁にあるなどの理由で退職した方向けです。

回答例

前職では、残業時間が多く、休日出勤もありました。私自身、仕事のオン・オフをメリハリをつけたほうが効率よく仕事ができるので、転職しようと決意しました。

また、余暇の時間をリフレッシュするためだけでなく、自らの成長のために時間を使いたいと考えております。常に自己成長を意識して、会社に貢献していきたいと考えております。

御社では、ライフワークバランスが充実しており、自分の働きたい環境にぴったりだったので、志望致しました。

 

給与が少なくて退職した場合

給料に不満があることが理由で退職した方向けです。基本的に給与が理由で退職を伝える場合は、リスクが高いです。

企業としては、給料に見合った成果を出してもらわないと雇うメリットがありません。

「正当な評価があれば質のいい仕事ができること」「自分はこういう成果を出すことができる」などをアピールしていくと良い印象を与えることができます。

回答例

前職では、営業成績トップで、月の売り上げを〇〇万円を出すことができました。しかし、年功序列の制度の会社だったため、給料に反映することはありませんでした。

私は、成果に対して目に見える形で評価してもらえれば、もっと仕事に対してモチベーションも上がり、より成果が出せると思います。なので、実力主義の風土で、成果に対して正当な評価をしてもらえる会社で働きたいと思い、転職を決意しました。

そんな時に御社のことを知り、実力主義の会社で魅力的に感じました。実力主義で、成果が給料に反映される御社で働きたいと思い、志望致しました。

 

環境の変化により退職した場合

引越し、結婚、出産、介護など環境の変化によって退職した場合、会社にとっては、「また環境が変化したらやめられるのではないか?」と不安に感じさせてしまいます。

環境の変化が今後起こらないこと、長く働くことができることをアピールすると良いでしょう。

 

回答例

前職では、肉体労働が長く、労働時間が長かったために子育てとの両立が難しくなり、退職しました。今は、子育ても落ち着き、両親のサポートも受けられるので、子育てを理由に辞めることはありません。

次の仕事は、長く働きたいと考えております。創業〇〇年と歴史のある御社で、前職の経験を活かしつつ、長く働いていきたいです。

 

人間関係が原因で退職した場合

人間関係を悪くて退職したとストレートに伝えると、「うちの会社でも人間関係が上手くいかなくなれば簡単にやめられるのではないか?」と感じてしまいます。

コミュニケーションを積極的にとっていきたい、チームで力を合わせて仕事を頑張っていきたいなど、ポジティブな理由を伝えていきましょう。

 

回答例

前職では、個人成果主義で個人で行動することが多く、社員同士でのコミュニケーションが気薄でした。情報共有をすれば、もっと自分自身も会社も成長していけると思い、周囲に声をかけましたが、変化は見られませんでした。

私自身、コミュニケーションをとってチームで働くのが好きなタイプですので、そのような環境で働きたいと思い、転職を決意しました。御社では、チームワークを大切にしていて私の求めていた環境にマッチするので志望しました。

 

けいこ
すごい!伝え方を工夫することで、全然悪く聞こえないね!
誠司
そうだね!むしろ、良い印象に感じた!

 

 

退職理由は嘘をついたらバレる

あなたの退職理由は、言いにくいことかもしれません。そこで、嘘の退職理由を言ってしまいがちですが、おすすめできません。

なぜなら企業の人事担当者は、数多くの面接を行なっています。仕草や発言などから嘘が見破られる確率が高いでしょう。嘘をついていると思われてしまうと転職はかなり難しいです。

下手に嘘をつくのではなく、退職理由をポジティブな表現に言い換えた方が良いです。ポジティブな表現で自信を持って発言すれば、採用担当者に良い印象を持ってもらえることが可能です。

 

まとめ

  • 退職理由は企業が求めている人材か長く勤めてくれるのか判断するために聞かれる
  • 退職理由をストレートに伝えると悪い印象を与えてしまう
  • ネガティブな退職理由をポジティブな退職理由に変えて説明すると良い印象を与えることができる
  • 退職理由を嘘をつくのが危険

 

転職する際に退職理由は、必ずと言っていいほど聞かれますよね。退職理由はネガティブな印象を与えがちですので、あまり言いたくはないものです。しかし、ポジティブな表現に変えることで良い印象を持ってもらえるチャンスにもなります。

退職理由は、言い方や視点を変えて話すことが大切です。このような工夫の仕方は、仕事においても役に立つでしょう。

転職は今後の人生を大きく左右しますので、しっかりと考えてから面接に挑みましょう。

 

学歴なしスキルなし】そんな私でも転職したら年収100万以上アップ

転職しようと思った時、何も考えずやみくもに転職活動していませんか?それ、かなり損しています。

なんとなくハローワークに行ったり転職サイトを利用して良いと思った求人に応募しても内定を取るのは難しいです。ましてや、私のように学歴もスキルもないと余計に難しいです。

私は転職エージェントを利用してわずか3ヶ月で5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。

私は低収入で休みなしのブラック企業に勤務していました。毎月ギリギリの生活で欲しいものなんて買えませんでした。収入が低いので女性にもモテませんでした。優良企業に就職していて充実した生活を送っている友人には嫉妬と劣等感を感じるようになり、苦しくて辛い毎日でした。

そんな私が人生大逆転に成功した体験談はこちらになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です