転職が決まらない彼氏に言ってはいけない言葉と試して欲しい事

<人生大逆転>私の体験談をご紹介

転職エージェントを使って社畜からの脱出!年収100万アップさせた方法

何も考えず適当に転職活動をしても失敗します。

学歴もスキルもない私が、転職エージェントを利用して5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。学歴やスキルもなく、転職に関する知識がない人にこそ転職エージェントを利用しないのはもったいないです。

なぜなら、転職エージェントは転職に関しての独自のノウハウを持っており、的確なアドバイス、非公開求人の紹介、履歴書添削、面接対策、年収交渉をしてくれるからです。

転職活動をスムーズに行えるサポートが充実しています。

自分のキャリアに自信がない人や転職しようにも何したら良いか分からない人ほど転職エージェントを利用するべきです。

どの転職エージェントを利用するか迷ったら業界最大手のマイナビエージェントがおすすめです。まずは、王道の転職エージェントを利用するのが間違いないです。求人数も多くサポートの質が高いので全ての人におすすめできます。

無料で90秒で簡単に登録できます。

かっこよくて優しい彼氏。そんな大好きな彼氏と結婚を考え始めてはいるものの、彼氏の転職がなかなか決まらない。

大好きな彼氏と結婚したい。なんとか彼氏に頑張って欲しい。

落ち込んでいる彼氏に私は「どんな言葉を投げかければ良いのだろう」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

ご存知の通り、転職活動がうまくいっていない時は、誰しもが精神的に不安定な状態です。つまり、かける言葉を間違えてしまうと、必要以上に相手を傷つけてしまう可能性もあります。

けいこ
友達は彼氏に早く転職させるために毎日プレッシャーかけていて、彼氏を精神的に追い詰めすぎて振られちゃったって言ってたわ。
誠司
プレッシャーをかけるのは逆効果だよね。側で支えてあげる意識を持つことが大切だよ。

実際にどのような言葉をかけたり、アドバイスを送ったりすれば、相手を励ますことができるのでしょうか?詳しく解説していきます。

 

転職が決まらない理由として考えられる事

そもそも忙しすぎて転職活動をする時間がない

当たり前の事ですが転職が決まらない人は、そもそも書類や面接に対して「準備不足」な事が多いです。

特に働きながらの人は「普段の仕事+α」で転職活動をしなくてはいけません。つまり働きながら転職活動をする場合、仕事終わりの自由な時間をうまく使う必要があります。

誠司
「仕事終わりの時間」で転職活動をするのが難しいんだよな。同僚が楽しく飲みに行ってる間に、履歴書を書いたり、求人に応募したり、面接の内容考えたり。。。うわー!やる事が多すぎるー!
けいこ
男性だと飲み会のお誘いとかも多そうだし、更に接待とかもあるだろうから時間を捻出するのが大変そうだね。
誠司
でも「準備不足」なんて言い訳にしかならないし、面接官からすれば、「本当にうちの会社来る気あるの?」って思われてもしかたないね。

仕事を選び過ぎている

転職先が中々見つからない人は仕事を選び過ぎてしまう慎重な人に多いようです。

確かに「仕事に費やす時間は人生の8割」とも言われており、慎重に仕事を探すのは当然の事でしょう。

「この業界はおもしろそうだけど、なんだか難しそうだな。でもこっちの業界は、経験があるからいけそう!でも職種が自分には合わないかな。じゃあ、こっちの業界は、、、」と慎重になることはいいことですが、慎重になりすぎると行動力が鈍ります。

転職活動で重要なこととは、ひとまず興味のある求人に応募して説明を聞きに行ったり、面接に行ってみたりという「フットワークの軽さ」です。転職活動は恋愛と同じでタイミングと巡り合わせなので、ある程度数を打つのは重要になります。

吟味して選びぬいた企業一本に絞って転職活動したとして、不採用だったら激萎えですしね。

労働条件への理想が高すぎる

けいこ
そういえば仕事を選ぶ時の理想とかってあるの?
誠司
そうだなぁ。昔は給料は高くて、残業はなくて、土日祝日は休みで、福利厚生も充実してて、仕事が楽で可愛い女の子に囲まれるのが理想だなんて思っていたな〜(笑)
けいこ
やれやれ。
理想の労働条件例
  • 他の人よりいい給料をもらいたい
  • 他の人より残業しずにプライベートな時間が欲しい
  • 他の人より休みが欲しい

人によって理想の条件は違うと思いますが、100%理想通りの職場を見つけ出すのはほぼ不可能でしょう。ほとんどの人は全てが理想通りの職場ではなく、どこか1つでも妥協している部分があるはずです。

もし彼の転職活動がうまくいかないとすれば、職場に対する理想が高すぎるのかもしれません。

 

転職がうまくいかない彼に言っていけない言葉

けいこ
普段、会話するときは、特になにも考えずに話すんだけど、転職活動中だと、ちょっとしたことでも相手を傷つけてしまう可能性があるから慎重にならないとね。でも、どんな言葉に気を付ければいいのかな?

仕事まだ決まらないの?(心の声:早く働いてほしいな)

転職活動していて不採用が続くととても落ち込みます。「自分はこんなにも価値がない人間なんだ」と自己嫌悪に陥りやすい状況だからです。

その落ち込んでいる時に追い打ちをかける様に「仕事まだ決まらないの?(心の声:早く働いてよ)」と聞かれると更にとてつもないプレッシャーを与えてしまうことになります。

誠司
いやいや、こっちも一生懸命頑張って転職活動してるから、そんなにプレッシャーかけないでよって思っちゃうよね。

そして「早く転職を決めなくては!」と焦ってしまい、余計に空回りして転職が遅くなってしまうこともあります。NGワードですので注意しましょう。

仕事はやく決まるといいのにね!

何気ない一言「仕事はやく決まるといいのにね!」も、転職が決まらない彼には禁句です。

転職活動をしているのであれば、彼も焦りや不安を感じているはずです。そして焦りや不安でストレスが溜まってくると、ちょっとした言葉にも敏感に反応してしまいます。

けいこ
「はやく仕事決まるといいのにね」って言っちゃいそうよね。でもよく考えると「他人事」のような印象で、「私は関係ありませんけどー」のようなニュアンスで伝わっちゃうかもね。注意しないと!

この前受けた会社どうだった?

転職に限らず資格試験やテストとかで良い成果をあげる事が出来ると自分から話したくなるものです。そして逆に悪い結果だったら自分から話すどころか他人からも聞かれたくないですよね。

転職活動がうまく言ってない時に、「そういえばこの前受けた会社どうだった?」と聞かれるのは憂鬱な気分になります。

ダメだったと答えると暗い雰囲気で居心地が悪くなりますよね。転職活動が上手くいっていたら自分から話してきますから進捗状況の聞きすぎはしないほうが良いでしょう。

 

転職が決まらない彼にどう接したらいいの?

ちゃんと否定せずに話を聞いてあげる

転職活動中は何かと落ち込む事が多いです。面接中に不採用を確信したり、連続で怒濤の不採用通知が届く事も日常です。このように不採用が続くと「あなたみたいな人はうちの会社には要りません」と言われてるみたいで、全てを他人に否定されている気分になってきます。

そうやって他人から否定されて落ち込んだ時って誰かに話をしたくなりますよね。そんな時に彼の話を否定せずに、話を聞いてあげられる存在は、とても大きいのです。

話を聞く時の注意点
話を聞いてあげる時に一つだけ注意点があります。それは「適当に話を聞かない事」です。人間というものは落ち込んでいる時相手の態度に敏感になります。そのため違う事をしていて適当な相づちをすると、「関心がないんだな」と勘違いされてしまうことがあります。

お金のかかるデートを提案しない

転職活動中というのは交通費などで思っているよりも出費がかさみます。それに転職活動中はバリバリ働く事も出来ないためお金に余裕がない状態である事が多いです。

外食に行く際も食べたいメニューより、値段が安いメニューを選びがちになったりしますので、出来るだけ彼のお金の状況に合わせたデートを提案してあげると彼は内心「ホッ」とするかもしれません。

男というものは見栄っ張りな生き物なので、自分からお金がないとは中々言えないですからね。。

あえて転職の話題を振らない

彼の転職の結果ってあなたからしたらめちゃくちゃ気になると思います。しかし彼からしてみればうまくいっていない転職の状況を聞かれるのは大きなストレスにもつながりかねません。

それに良い結果であれば彼の方から転職の話についてしてくるでしょう。そのためあなたはあえて彼の転職の話題には触れず、転職活動のストレスから彼を癒やしてあげましょう。

 

まとめ

  • ちゃんと否定せずに話を真剣に聞く
  • お金のかかるデートを提案しない
  • あえて転職の話題を振らない

転職がうまくいかない時期というのは先が見えないため、精神的に辛い時期です。その辛い時期というのは誰かに甘えたくなったり、精神的な支えが必要になります。

もし彼が転職がうまくいかない場合は、よき理解者となって支えてあげて下さいね。

学歴なしスキルなし】そんな私でも転職したら年収100万以上アップ

転職しようと思った時、何も考えずやみくもに転職活動していませんか?それ、かなり損しています。

なんとなくハローワークに行ったり転職サイトを利用して良いと思った求人に応募しても内定を取るのは難しいです。ましてや、私のように学歴もスキルもないと余計に難しいです。

私は転職エージェントを利用してわずか3ヶ月で5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。

私は低収入で休みなしのブラック企業に勤務していました。毎月ギリギリの生活で欲しいものなんて買えませんでした。収入が低いので女性にもモテませんでした。優良企業に就職していて充実した生活を送っている友人には嫉妬と劣等感を感じるようになり、苦しくて辛い毎日でした。

そんな私が人生大逆転に成功した体験談はこちらになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です