転職が決まらない女性の悩みと理由!具体的な対処方法を紹介!

<人生大逆転>私の体験談をご紹介

転職エージェントを使って社畜からの脱出!年収100万アップさせた方法

何も考えず適当に転職活動をしても失敗します。

学歴もスキルもない私が、転職エージェントを利用して5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。学歴やスキルもなく、転職に関する知識がない人にこそ転職エージェントを利用しないのはもったいないです。

なぜなら、転職エージェントは転職に関しての独自のノウハウを持っており、的確なアドバイス、非公開求人の紹介、履歴書添削、面接対策、年収交渉をしてくれるからです。

転職活動をスムーズに行えるサポートが充実しています。

自分のキャリアに自信がない人や転職しようにも何したら良いか分からない人ほど転職エージェントを利用するべきです。

どの転職エージェントを利用するか迷ったら業界最大手のマイナビエージェントがおすすめです。まずは、王道の転職エージェントを利用するのが間違いないです。求人数も多くサポートの質が高いので全ての人におすすめできます。

無料で90秒で簡単に登録できます。

転職活動中の女性のみなさんに質問です!

転職活動うまくいっていますか?

女性は男性と違い、「結婚・出産」を機にキャリアが断たれてしまったりして大変ですよね。

いくら男女共同参画社会という時代でも、「男性は外で働き、女性は家の事をするのが当たり前」という考えが根付いている会社があるのも現状です。

そのような企業に転職を考えている場合、女性特有のライフイベントがネックとなり、採用面談の際に不利になってしまうこともあります。

けいこ
うんうん。結婚後、妊娠・出産を機に仕事を辞めた友人がいるんだけど、仕事から離れているブランクが長い理由でなかなか採用されにくいって悩んでいたわ。

このように「社員として働きたいのに働けない」という悩みを持つ女性は大勢いるのではないでしょうか?社員を諦めて、せっかく今まで積み上げてきたキャリアを無駄にするものもったいない気がしますよね。

この記事では女性が転職の際、どのようにPRをしていけば、採用に繋がるのかを解説していきます。

けいこ
転職で悩んでいた知り合いがたくさんいるからその時の経験談も一緒に紹介していくわ。

 

女性特有の転職に関する悩み

職種の競争率が激しい

女性が転職の際に希望する職業で一番人気の高いものはなにかご存知ですか?

それは「オフィスワーク(事務職)」です。

やはり、企業の受付やお茶出しなど男性より女性の方が華があり好まれますよね。それに「オフィスワークは土日祝日休みで残業があまりない」という特徴があります。

その為、どの年代の女性からも人気が高く、競争率が激しいのです…。

けいこ
私の友人A子も事務職希望だったけど競争率が激しくて良い転職先がなかなか決まらなかったみたい。
友人A子の体験談
仕事辞めて中々転職先が決まらなくて、派遣に登録してみたの。前職でも事務系の仕事をしてたから同じ職種で探してるんだけど、派遣会社の人から「事務の仕事を派遣社員にお願いする企業さんも増えてきましたよ。だから、普通に求人で探すより事務の求人は多いけど、やっぱり希望する方が多いので競争率は高いですね。」って話を聞いて驚いたわ。実際に転職先を探して見ても、競争率が激しい分、優良な転職先は早く埋まっていってしまっていたわ。
けいこ
やっぱりみんな転職で考えることは同じよね。
誠司
僕の会社でも事務をやってる女性は派遣社員の方が多い印象かな。仕事としても融通が利きやすいから、子育てと両立して働いてる方もたくさんいるよ。だから人気が高いんだね。

仕事の幅が狭まる

けいこ
そういえば、この前、サービス業している友人B子と会ったらこんなことを言っていたわ。
友人B子の話
私は人と接することが好きで、やりがいがあって楽しい仕事だと思ってホテルのフロント業務を選んだんだけど思ってたよりも辛いことが多いの。

働く時間帯が不規則で朝が早かったり、逆に夜が遅かったり、夜勤勤務があったり….。それが原因で体調崩すこともたまにあるし、体力的な部分もあるけど、なにより生理不順になるのが一番辛いんです。

来なかったら月1の煩わしいのから解放されて嬉しいんですけど、こなさすぎるのもちょっと…。将来的にも子供が欲しいし、生理不順になったら子供が出来づらいとか聞くから不安に感じて…。だからいつかは転職しないといけないと思ってるんだよね。

誠司
働く時間が不規則なのは体力的にも精神的にもつらいよね。もっと働きやすい環境を整備できればいいけど職業によってはそれができない職業もあるからね。

企業によってはフレックス制や在宅勤務などプライベートと仕事を両立しやい仕組みを作っていますがそれらの多くは大企業です。一方で中小企業はどうでしょうか?ほとんどの企業が人数の関係などによりそのような取り組みができません。

つまり、一般的に定時(9時から18時)で仕事が終わる人というのは一握りだということです。子育てに家事と日々やる事が多く時間の制約もある女性の場合、選べる仕事が限られているというのが現状だと言えます。

彼氏と仕事の両立

けいこ
他にも数年後に県外にいくかもしれない先輩とご飯にいった時にこんなことを言っていたわ
先輩Cさんの話
私、今お付き合いしている彼氏と婚約したんだけど、彼転勤族であと何年かしたら転勤の話も出るみたいなことを言ってた…。

私、今の仕事にやりがいがあってまだバリバリ働きたいんだけど…。

単身赴任も選択肢にあるけど、そんなの絶対に嫌!だって一緒に居たいもの!

だから自分のやりがいを捨てて彼について行くか、それとも寂しいのを我慢してこっちで仕事をとるのか。あと何年かしたら選ばないといけないんだろうな…。

誠司
男性の「転勤してもついてきてほしい」って気持ちは分かるよ。仕事を頑張っている傍に大好きな彼女に居てほしいもん。
けいこ
そうよね。でも女性もやりがいのある仕事を見つけられてるのにそれを手放すのもなんだかね…。本当女性って大変だわ。

彼氏と結婚する事前提で、今の仕事だったら両立が難しいと考えている女性であれば、転職を視野に向けて行動している方もいるのではないでしょうか?

結婚・出産しても産前産後休暇や育児休暇が取れる職場環境で、尚且つ、子供が幼稚園、保育園に預けられるようになったらまた仕事復帰しやすい職場を選びたいですよね。

しかし、そんな条件の良い職場に巡り合えるかどうかは…運次第ですよね…。

 

企業にとって女性を採用するリスクとは?

せっかく雇い入れて、仕事を任せられるようになったものの、結婚や出産を機に退職されるケースが企業にとっては痛手です。新しい社員を補充しないといけないですし、一から仕事を教えないということも企業にとって大きな負担です。

誠司
そうだよね。僕の会社でも愛想が良くて気の利くいい子がいたんだけど、結婚を機に退職してしまったな…。寿退社だから嬉しい事だし、今までありがとうっていう気持ちを持って見送ってあげたけど、内心は少し残念だったなぁ…。

結婚や出産は人生のライフイベントで最も幸せな事ですよね!

企業によっては、実際に働いている人が育児休暇を得て、職場復帰してますよ!というPRになるので、将来、子供ができても職場復帰して働きたいと思っている女性の方は、求人を探すときにそのような実績がある企業にしたほうがいいでしょう。

補足
産前産後休暇は労働基準法で決められた権利ですが、育児休業を取得するにはその企業に継続して1年以上勤めている。など条件があります。

詳しくは勤める会社の労働条件等を確認して下さい。もし転職先でこのような権利の有無を確認したい場合は、直接問い合わせるのではなく、転職エージェントを通して聞いてみましょう!

もしも、その条件を満たしていない場合は、育児休業の取得が難しくなってしまうので、やむ負えなく退職という形を取らざる負えない場合もありますのでご注意ください。

 

女性の成功する転職とは?

長く企業で働きたいという気持ちをアピールする

もしも転職の面接で「結婚のご予定は?」や「子供の予定は?」と面接官に質問された場合、企業側の意図としては、「この人は長くうちの会社で働いてくれるのだろうか?」ということを懸念しています。

この質問に関する回答としては「現在のところ予定はございません。」で問題ありません。補足でもし助けが必要になった場合、ご両親と同居している方や、近所にご両親が住んでいる方については、その補助が受けれることや夫とも相談して子育てに関して協力的である(理解がある)ことを伝えましょう。

ここで面接官に一番伝えるべきポイントは「あなたがその企業で長く働きたいという気持ち」です。結婚や子育てを上手くマネジメントして(具体的なプランなどがあれば説得力が増す)、御社で長く働きたいという想いがあればOKです。

回答例「質問:出産のご予定はありますか?」

現在のところ出産の予定はございませんが、将来的には出産を考えております。もし子供ができた場合、子育ての負担や家事を分担するなど、極力業務に支障がでないように事前に夫と相談の上、調整します。また幸いなことに、両親が近くに住んでいることから、子育てに関して支援を受けれる環境にいますので、職場への早期復帰も可能ですし、御社で長く働くことができると考えております。

転職エージェントを活用する

派遣会社も様々なタイプがあり、若者を主にターゲットにしたものや、働く女性をターゲットにしたものもあります。あなた一人の力ではなかなか転職がうまくいかないと感じていたら、転職エージェントに複数登録してみましょう。

あなたが不安に思っていることでも、エージェントの担当者が企業側に伝えてくれたり、企業毎の育児休暇を取得している女性や、職場復帰した女性がいるかといった実績を確認してくれたりします。

けいこ
自分一人で探すのも大変だけど、エージェントの人がいたら頑張ろうと思うわよね。それに、同じ状況の女性が働いている職場って、色々悩みとか相談もできるし、そんな企業は働きやすそうね。

フリーランスとして働く

かなりの覚悟と時間が必要ですが、今の時代パソコン一つでどこでも仕事ができるようになってきました。いっその事企業に勤めるのではなく、個人事業主として働くという選択肢もあります。

フリーランスのメリットは、場所を選ばず、自分の好きな時間帯に仕事が出来ることです。

小さなお子さんがいる場合は、子供が寝ている間や保育園・幼稚園に行っている時間帯に自宅で作業が出来ますし、彼氏や旦那さんが転勤族の場合は、一緒について行くこともできます。

ただ、このフリーランスとして働くには、デメリットがあります。

それは、収入が不安定で安定した収入を得るために時間がかかることです。

ライターやプログラミングの技術を持っている人は、その経験を生かして独立して仕事が出来ますが、そうでない人は難しいです。在職中に副業としてこのような技術の練習をしておくと、仕事を辞めて転職しようと考えた時に自分の選択しの幅が広がりますね。

 

まとめ

  • ライフイベントがあったとしても長く企業で働けることをアピールする
  • 転職エージェントを活用し、あなたの悩みに沿った企業を提案してもらう
  • 在職中に将来フリーランスとして活動できる技術を身に付ける

今の時代は、晩婚化が進んでいたり、男性も育児に積極的に協力してくれたり、時代の流れとともに変化してきています。

しかし、時代が変わっても、昔の考え方というのは根強く残っているのは事実です。

企業と求人者、お互いが良いようにマッチして働きやすい職場に出会えるように頑張りましょう!

学歴なしスキルなし】そんな私でも転職したら年収100万以上アップ

転職しようと思った時、何も考えずやみくもに転職活動していませんか?それ、かなり損しています。

なんとなくハローワークに行ったり転職サイトを利用して良いと思った求人に応募しても内定を取るのは難しいです。ましてや、私のように学歴もスキルもないと余計に難しいです。

私は転職エージェントを利用してわずか3ヶ月で5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。

私は低収入で休みなしのブラック企業に勤務していました。毎月ギリギリの生活で欲しいものなんて買えませんでした。収入が低いので女性にもモテませんでした。優良企業に就職していて充実した生活を送っている友人には嫉妬と劣等感を感じるようになり、苦しくて辛い毎日でした。

そんな私が人生大逆転に成功した体験談はこちらになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です