転職面接で印象強い逆質問!役員に一目置かれる質問例を紹介!

<人生大逆転>私の体験談をご紹介

転職エージェントを使って社畜からの脱出!年収100万アップさせた方法

何も考えず適当に転職活動をしても失敗します。

学歴もスキルもない私が、転職エージェントを利用して5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。学歴やスキルもなく、転職に関する知識がない人にこそ転職エージェントを利用しないのはもったいないです。

なぜなら、転職エージェントは転職に関しての独自のノウハウを持っており、的確なアドバイス、非公開求人の紹介、履歴書添削、面接対策、年収交渉をしてくれるからです。

転職活動をスムーズに行えるサポートが充実しています。

自分のキャリアに自信がない人や転職しようにも何したら良いか分からない人ほど転職エージェントを利用するべきです。

どの転職エージェントを利用するか迷ったら業界最大手のマイナビエージェントがおすすめです。まずは、王道の転職エージェントを利用するのが間違いないです。求人数も多くサポートの質が高いので全ての人におすすめできます。

無料で90秒で簡単に登録できます。

転職活動を進めていく中で、書類選考、採用担当者による選考などをクリアし、いよいよ最終面接!!

この面接では、直々に社長や、会社役員など、経営上層部による最後の見定めが行われます。

そんな最終面接での逆質問はどうしたらいいの?!

「何もないな・・・」では印象も何も残せたものではありません。

役員からの質問に的確に答えていくことも重要ですが、こちらの最終アピールにも使える逆質問において、何か爪痕をの残して後の選考の際に「あの人か」と覚えておいてもらいたいし、自分の疑問もしっかり解消させておきたいところ。

「最後になりますが、何か質問はないですか?」

ドキドキしますよね。本当に、この最終面接での逆質問が、自分の再出発の分かれ道になりかねないんですから。

 

転職での最終面接で逆質問のマナー・NG・例文などを参考に、役員にいい印象を与えられ、自分も転職先についての疑問がスッキリできたらいいですよね!

誠司
緊張するしドキドキするけど、物怖じしていても仕方がない!上から目線はダメだけど、堂々としているほうが、絶対に好印象だよ。向こうも見ているけど、もちろんこちらも見定めているんだから。何のための転職なのか、自分はどうなりたいのか、会社との相性をじっくり考察・見極めていこう!最終面接の最後の最後、思いっきりやってきたらいいよ!ファイトだ!

 

転職面接逆質問で、役員は何を見ているか?

1次面接、2次面接では、業種、職務への適合性など、応募企業で仕事をしていく上でのスキルなどを主に見られて選考されています。

最後の会社役員による面接では、今会社に「即戦力として欲しい」と思われた人たちの中から、「本当にうちの会社に合っているか?」「これからのうちの会社にいい影響を与え、貢献してくれるか?」「うちで活躍していく意欲があるのか?」といった応募企業へのマッチングを見極められています。

なので、あなたの個人なところを見定められています。自身の価値観や入社したいという気持ち、この面接までの一貫した考え方などが伝わるかが重要です。

 

役員へ逆質問の目的別例文

まずは皆さんがいち早く知りたい役員への逆質問の例文について、どんな目的で、どんな事を質問していくべきなのかを見ていきましょう。役員面接なので、会社の経営的な視点から会社全体の今後の展望について聞いたり、役員個人の仕事に対する熱意・価値観などについて質問したりするのが好印象につながります。

逆質問は、自由に自分をアピールできる場でもあります。

なので、「面接官に何を伝えたいのか」を明確に決めましょう。

誠司
何をアピールする?

やる気?長所?会社の社風に合っている人間だよってこと?世間のニュースに関心が高いよってこと?

逆質問のゴール(何を伝えたいか)を決めることで、どんな話を盛り込むのかが自然と決まってくるよ!

補足

質問と合わせて「自分の考え・思い」を盛り込むようにするのも効果的です。

たとえば、「御社で早期に活躍したいと考えています。そのために、~?(予定していた質問)」など。

自分の考えを先に話すことで、相手にメッセージが伝わりやすくなります。

役員面接において、印象に残る逆質問を目指しましょう!

では例文をみていきましょう。

やる気や意欲をアピール

入社までに少しでも必要なスキルを高めたいのですが、勉強しておいたほうがいいこと、経験しておいたほうがいいことなどがあれば教えてください。
御社で働くことをより具体的にイメージしたいのですが、一日の流れや仕事内容に関して詳しく教えていただけますか?
1日でも早く独り立ちをして活躍したいと考えていますが、御社に入社する上で、これだけは覚悟しておいてほしいという極意などがあれば教えてください。
御社の~という理念にとても共感したのですが、その実現のために取り組んでいることを教えてください。
ポイント

  • やる気・意欲をアピールしたい場合は、仕事の内容や評価・昇格基準などの質問によって入社後の具体的なイメージに対して関心があることを伝えましょう。
  • 「この会社で前向きに取り組んでいきたい!」「私は前向きな人間です!」との思いを込め、「入社までにやっておくべき準備は何ですか?」などを聞くことで仕事に対して前向きな人間性を伝えることができます。
  • 「~様がこれまで面接してきた中で、『こんな人は結果を出してくれる!』と確信できる人物像の共通点があればおしえてください」など、面接官個人に訴えかける質問からの、その回答に対して賛同の意思や自分自身の意見を返していけたら、役員個人に印象付けができます。

 

スキルや長所をアピール

チームワークが必須な仕事だと伺いました。私自身、チーム一丸となって取り組むことに仕事の面白みを感じてきました。配属先のポジションでは、具体的にどのような役割が求められていますか?
~の資格を持っていて、~を得意としてきましたので御社で募集されている◯◯職で活かしていきたいと思うのですが、他にどのような能力が求められるでしょうか?
前職ではチームリーダーを務め、メンバーのモチベーションを高め、一致団結できるように~のような取り組みを行なっていました。御社でマネジメントを行なうにあたり、役職の立場の方々はどのような姿勢で取り組みを行なわれていますか?
ポイント

スキルや長所をアピールしたい時はあくまで「さりげなく」伝えるように心がけましょう。強引すぎるとただの自慢話にしか聞こえないことも。謙虚な心をお忘れなく。

「これだけは伝えておきたかったのにアピールできなかった自分の長所」などを、面接最後の逆質問を利用して話せるように、あらかじめ準備しておくことをおススメします。

好印象を残すためのアピール

~様(役員)から見て、御社の魅力や仕事のやりがいは何だとお考えか教えていただけますでしょうか?
御社の~事業にとても魅力を感じ、将来性を感じています。どのような努力やスキルを磨くことで、将来的に関わることができるチャンスが生まれるでしょうか?
実は私は御社の~サービスを、他社と比較した上で長年愛用させていただいているのですが、このサービスにまつわるプロジェクトがスタートしたきっかけなどを教えてください。
ポイント
意欲やスキルをアピールする以外にも、社風との相性を示し、応募企業に対して理解を深めようとしている姿勢から志望度の高さをアピールでき、好印象を与えることができます。

 

逆質問におけるNGとは?

会社ホームページなど、調べればすぐにわかるような内容の質問
面接中に面接官の方からすでに説明のあった内容の質問
抽象的または細かすぎる質問
自分に自信がないように感じる質問
待遇ばかりを気にしすぎる質問
注意

  • 「うちの会社に興味がないのか?」「さっき説明した話を聞いていなかったのか?」と思わせる質問は言わずもがな、よくありません。
  • ぼやっとしていて何を聞かれているのか面接官がわからない質問や、逆に細かすぎて、すぐには回答できないような質問で面接官を困らせることもよくないです。
  • 例えば、営業職で「ノルマを達成できなかった場合はどうなりますか?」など、転職者に求められることについて自信なさげな感じも、いい印象にはつながりません。
  • 待遇面を強みと考えている企業もあるので一概には言えませんが、面接の逆質問の場でいくつも待遇について聞くのはナンセンス。とはいえ、失敗しない転職のためにも条件や離職率を事前確認することは必要な事です。転職エージェントを介することで、役員の心象を保ちながらも条件の確認が可能となります。 
誠司
話を聞いていないなんてもってのほかだし、やっぱり自信なさげなのはよくないね!

聞きづらい待遇面なんかは、転職エージェントを利用して賢く情報収集しよう!

 

「企業研究」と「志望動機」をもう一度深掘りして考えておく

役員面接官からの質問にも、こちらからの逆質問にも、応募企業の研究と志望動機を深めておくことはとても重要な事です。1次、2次と面接を進んできた上で、それを踏まえて再度、応募企業に思いを馳せて考えておきましょう。

この綿密な下準備が、役員面接において自分の強く良い印象を残すカギとなります。

面接中の端々で、あなたの強い思いが自然と違和感なくにじみ出てくることでしょう。

その他気を付けるべきマナーとは?

役員への逆質問の数は、5つ以上用意しておこう

転職面接において企業側は、ぜひ欲しいと思った人に「ここに入社を決定しよう!」と思ってもらえるように、質疑応答の時間を時間の許す限り最大限にとってくれるところもあります。

絶対に来てほしいと思った人に、自社で働く上での様々な疑問点を解決し、不安などをなくしてもらい、入社を決意してほしいからです。

なので、逆質問は上記の例文を参考に、最低でも5つ以上は用意しておくようにしましょう。

 

まとめ

  • 「質問はありません」は選択肢としてナシ。
  • 転職の役員面接では、即戦力を期待する人の、最終的な会社とのマッチングをみられる。
  • 「逆質問はありません」ではもったいない!最後の自己アピールの場と心得るべし。
  • 何をアピールしたいのか?目的を決め、自分の思いや考えを添えると印象強い逆質問になる。

転職面接で役員に最後の自己アピールができる逆質問において、上記のことを参考に、あなたの転職活動が素晴らしい結果で終えることができることを心から祈っています!

学歴なしスキルなし】そんな私でも転職したら年収100万以上アップ

転職しようと思った時、何も考えずやみくもに転職活動していませんか?それ、かなり損しています。

なんとなくハローワークに行ったり転職サイトを利用して良いと思った求人に応募しても内定を取るのは難しいです。ましてや、私のように学歴もスキルもないと余計に難しいです。

私は転職エージェントを利用してわずか3ヶ月で5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。

私は低収入で休みなしのブラック企業に勤務していました。毎月ギリギリの生活で欲しいものなんて買えませんでした。収入が低いので女性にもモテませんでした。優良企業に就職していて充実した生活を送っている友人には嫉妬と劣等感を感じるようになり、苦しくて辛い毎日でした。

そんな私が人生大逆転に成功した体験談はこちらになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です