転職の面接でメモを取ってもOK?面接官からの印象悪くなるの?

<人生大逆転>私の体験談をご紹介

転職エージェントを使って社畜からの脱出!年収100万アップさせた方法

何も考えず適当に転職活動をしても失敗します。

学歴もスキルもない私が、転職エージェントを利用して5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。学歴やスキルもなく、転職に関する知識がない人にこそ転職エージェントを利用しないのはもったいないです。

なぜなら、転職エージェントは転職に関しての独自のノウハウを持っており、的確なアドバイス、非公開求人の紹介、履歴書添削、面接対策、年収交渉をしてくれるからです。

転職活動をスムーズに行えるサポートが充実しています。

自分のキャリアに自信がない人や転職しようにも何したら良いか分からない人ほど転職エージェントを利用するべきです。

どの転職エージェントを利用するか迷ったら業界最大手のマイナビエージェントがおすすめです。まずは、王道の転職エージェントを利用するのが間違いないです。求人数も多くサポートの質が高いので全ての人におすすめできます。

無料で90秒で簡単に登録できます。

「面接で大事な話はメモを取りたいな〜」

「メモを取ったら印象悪いかな?」

「逆にメモを取った方が意欲的に見えて印象いいかな?」

なんて言うふうにメモを取っていいのかどうか悩む人は多いのではないのでしょうか?

結論を言うと基本的に面接の際はメモを取ることはNGです。

今回は、面接でメモを取ることで面接官は、どのような印象を受けるのか?メモを使用する際のマナーについて解説していきます。

 

メモを取ることを面接官はどう思うの?

本気で内定を取りたいと思うからこそ大事な部分はメモを取って忘れないようにしたいですよね。

誠司
緊張してるとすぐ忘れちゃう、、、

分かります。しかし、メモを取ることによって面接官にどのような印象を与えてしまうのでしょうか?

けいこ
採用担当者の知人に聞いてきたよ!
知人の話

ずっとメモを取られるのは印象良くないですね。

何でもかんでもメモを取られると、「意欲があることをアピールしているのか?」

「なんかめんどくさそう」と感じてしまいますね。

特に、メモを取らなくてもいいだろっていうとこまでメモを取られるとマイナス評価にしてしまうかもしれないですね。

厳しい意見ですね〜。

あくまでも、なんでもかんでもメモを取られると印象が良くないとのことでした。

基本的に、メモを取ることでマイナスはあっても、プラスなことはないのでメモを取らないのが無難でしょう。

けいこ
どうしても取りたいときはどうすればいい?

 

面接でメモを取るときの注意点

どうしてもメモを取りたい場合は面接官に必ず確認を取りましょう。いきなりメモを取り出されると良く思わない面接官もいます。一度確認を取ってワンクッションおくことで担当者も嫌な気持ちにはなりません。

確認を取るときのポイントとして、「忘れたくないのでメモを取ってよろしいでしょうか?」「重要だと思ったのでメモを取ってよろしいでしょうか?」というような聞き方だと良いです。

このように聞くことによって、面接官は「真剣なんだな。本当に御社で働きたいんだな」と思ってもらえます。

メモを取るといっても好きな時にメモを取って良いというわけではありません。

自分が質問されている時には、メモは控えましょう。

例えば、面接官から質問された時にメモを取るのに夢中になっていると「質問に答える気があるのか?」というような印象を与えてしまいます。

自分が面接官の立場で考えてみると、自分が質問しているのに顔も合わせずにメモに夢中になられると嫌な気持ちになりますよね。

また、メモを取る時間はなるべく短くしましょう。

面接は、あくまでも会話をする場です。一方的に話を聞く説明会とは違います。

メモを取ることによって面接官を待たせてしまうことになりますから、あまりにも長いと失礼になります。

メモを取るのは最小限にして、顔と顔を合わせて会話をすることを重視していきましょう。

 

メモを見ながら面接受けていいの?

面接をする時って言いたいことが多すぎて、全部伝えられるか不安ですよね。

その時に伝えたいことのメモを見ながら話したいって思うことがあります。

でもやっぱり「メモを見ながら話すのって印象悪いのかな?」と思ってしまいます。

基本的には、メモを見ながら話すのはNGです。

先ほどもいった通り面接は会話で成り立っています。メモを見ながら話すと自分の言葉ではないと捉えられても仕方ありません。

面接官は、その人の本当の人間性を探ってきます。

当然、面接では自分の言葉で、ありのままの気持ちを伝えた方が良いでしょう。

言葉に詰まってでもいいから本心を語りましょう。面接官はスラスラ綺麗に話す人を求めているわけではありません。

一生懸命に自分の思いを話してくれた方が良い印象を持ってもらえます。

誠司
確かにね〜。不器用でも誠実に本心を話してくれた方が聞く立場からすると気持ちがいいよね。

 

まとめ

  • メモを取ることは基本的にやめておいた方が良い
  • どうしてもメモを取りたい場合は、面接官に確認を取る
  • メモを見ながら話すことはNG

 

メモを取りながら面接を受けると担当者にネガティブな印象を与えます。メモを取るのは最小限にとどめ、メモを取る際は担当者に一声かけ確認するようにしましょう。

お互いにネガティブな面接とならないようにマナーを守った行動を心掛けましょう.

 

学歴なしスキルなし】そんな私でも転職したら年収100万以上アップ

転職しようと思った時、何も考えずやみくもに転職活動していませんか?それ、かなり損しています。

なんとなくハローワークに行ったり転職サイトを利用して良いと思った求人に応募しても内定を取るのは難しいです。ましてや、私のように学歴もスキルもないと余計に難しいです。

私は転職エージェントを利用してわずか3ヶ月で5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。

私は低収入で休みなしのブラック企業に勤務していました。毎月ギリギリの生活で欲しいものなんて買えませんでした。収入が低いので女性にもモテませんでした。優良企業に就職していて充実した生活を送っている友人には嫉妬と劣等感を感じるようになり、苦しくて辛い毎日でした。

そんな私が人生大逆転に成功した体験談はこちらになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です