医療事務に転職したい人必見!面接で困らない自己紹介の方法

<人生大逆転>私の体験談をご紹介

転職エージェントを使って社畜からの脱出!年収100万アップさせた方法

何も考えず適当に転職活動をしても失敗します。

学歴もスキルもない私が、転職エージェントを利用して5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。学歴やスキルもなく、転職に関する知識がない人にこそ転職エージェントを利用しないのはもったいないです。

なぜなら、転職エージェントは転職に関しての独自のノウハウを持っており、的確なアドバイス、非公開求人の紹介、履歴書添削、面接対策、年収交渉をしてくれるからです。

転職活動をスムーズに行えるサポートが充実しています。

自分のキャリアに自信がない人や転職しようにも何したら良いか分からない人ほど転職エージェントを利用するべきです。

どの転職エージェントを利用するか迷ったら業界最大手のマイナビエージェントがおすすめです。まずは、王道の転職エージェントを利用するのが間違いないです。求人数も多くサポートの質が高いので全ての人におすすめできます。

無料で90秒で簡単に登録できます。

誠司
けいこさん、今度医療事務に転職しようと思うんですけど、面接が自信ないんですよね…
けいこ
女性の方がこの資格取っている人が多くて、男性の医療事務って中々いないよね。でも、男性の医療事務は少ない分貴重な戦力になるのよ
男性の医療事務が貴重な戦力と呼ばれる理由
・病院の夜間救急の受付

・長く働いてくれることを期待しているから

・力仕事をする事があるから

・トラブルなどの抑止力ななる

・病院の事務長クラス担当

・そもそも、開院時から携わる(クリニックなど)

誠司
なるほど!でも、何から始めてばいいのかわからないですね
けいこ
そもそも医療事務とは何かを説明するね!

医療事務とは

医療機関での受付・会計・診療報酬の請求などを行う業務。この業務の他に、患者様に笑顔で応対できる接遇スキル、医療費計算の請求の正確性やパソコンのスピーディな処理能力も求められる。

けいこ
未経験でも、年齢を問わずチャレンジでき、安定して長く働いていけるんだよ!それに、男性でも女性でも資格が取りやすいんだよ!
医療事務に関連する資格
・医療事務管理士

・医療事務技能審査試験

・診療報酬請求事務能力認定試験

・医療事務認定実務者(R)

誠司
なるほど!これなら取れると思います!でも、転職する時に面接の自己紹介が上手くできなくて何度か落ちた事があるんですよね…
けいこ
なら、一緒に自己紹介と自己PRも一緒に説明するね!

自己紹介と自己PRの違い

自己紹介→自分を知ってもらうためのもの(=第一印象を決める)

自己PR→自分の魅力を伝えるためのもの

けいこ
自己紹介は第一印象に関わることで、印象が良いと採用率が上がるとも言われるわね!

自己紹介

役割として、面接を受ける方の緊張をほぐし、面接にスムーズに進めると言われています。また、最初の自己紹介の印象が良いとその後の質問に対しての回答も好印象に見られる事が多いからです。

面接担当者は面接で何を見極めているのかと言われると

求める人物像にあっているかを確認し、入社後に活躍する人材か

職務経験やプレゼン能力、人柄を知るため

自己紹介で伝えることは、①氏名②現職または前職について(社名・所属・職種について)③締めの言葉(意気込みなど)

けいこ
②については希望する仕事においてスキル・資格(この場合は上にあげた資格についてのことよ)があれば併せて簡単に伝えるようにする事と③については今回の仕事・会社(この場合医療事務・病院や診療所など)に関心を持ったのかを伝えると自己PRもしやすくなるよ!

自己紹介もただ長く話すのではなく以下のことに注意しながら考えていきます。

要点だけ話す

自己紹介は30秒〜1分程度にまとめる

表情や話し方の抑揚まで意識する

あえて伝え過ぎない(面接の導入としてもう少し話を聞きたいと思わせるため)

誠司
なるほど!これなら簡単に自分のことを伝えられますね!

自己PR

自己PRは、自己紹介の簡潔にまとめた文章と違い強み、仕事へのこだわりを具体的になエピソードや成果を交えて伝える事です。この事で、面接担当者が「募集中の仕事に行かせるか」上記に書いた自己紹介で面接官が見ている2つのことを具体的に見極める事ができます。

けいこ
自己紹介と併せて自己PRを話すと面接担当官にさらなる好印象を持ってもらえるわね!

自己PRのポイントとして以下のようなものがああります。

・結論から話し始め、具体的な行動・将来の展望につなげる

・明るく謙虚な姿勢で伝える

まず、結論から話す事で相手に伝わりやすくなります。そして、その結論に至るまでに行った行動を具体的にあげていきます。行った行動に至った考えも併せて話していく事でより説得力を増していきます。

 ただし、自己PRは自己紹介もですが簡潔に話すことを心がけてください。(背景も含めてです!)自分のことをアピールするために長く話したくなると思いますが、話しすぎると面接官に伝えたい事が伝わらない可能性があります。そのため、簡潔に話すことにとどめ、気になる点などは面接官の方から質問されます。

明るく謙虚な姿勢で伝えることは、言葉での情報は2割仕草や身振り手振りなどの情報は8割相手の中に入ると言われています。そのため、面接でのコミュニケーションは言葉などの言動より自分の身振り手振りの方が面接官の目に留まりやすいです。そのために、明るく謙虚な姿勢で面接に臨むと面接官にも好印象を持ってもらえる事ができます。

面接官は、「技術があっても不遜な態度の人」よりも「多少技術を劣っても謙虚な人」を組織を円滑に回す事ができて採用したいと思えるでしょう。いくらスキルや自分の実績に自信を持っていても、謙虚な姿勢で仕事ができないと仕事ができても今度転職後に人間関係のトラブルになってしまう事があります。そのためにも、面接時に謙虚な姿勢で話す事で今後の人間関係にもいい影響をもたらしてくれると思います。

けいこ
確かに、いくら仕事が出来ても謙虚じゃなくてプライドが高かったら取っ付きにくくて仕事しづらいよね…

 

医療事務の面接の自己PRのポイント

パソコンスキル

医療事務にかかわらず、事務全般でパソコンを使った作業がとても多く「パソコンができる」というアピールポイントがあるのと無いので採用率も差が出てきます。

なぜかというと、医療機関の多くは殆ど電子カルテになってきており診察や検査、処置なども全てコンピューターで管理されるようになりました。

そのため、医療事務の大きな仕事である「診療報酬の計算」もコンピューターで管理されオーダー(処置で使ったもの)を医師や看護師その他医療関係者は入力することで患者さんが支払う金額を計算するのでパソコンのスキルは必要不可欠と言えます。

誠司
(確かに、大きい病院とかは診察券を入れるだけで支払ができる病院が増えてきてるよね!)

コミュニケーション能力の高さ

「コミュニケーションって何をアピールすればいいんだろう」となるかと思います。難しいですよね…でも、難しく捉えなくても大丈夫です!

病院は、体調に変化があり患者さんは不安の中病院に来院されます。そんなとき、病院の人に明るく笑顔で対応されたら安心しませんか?

誠司
(不安な時こそ、安心して受信したいよね)

病院には、様々な年代の方だ来院されます。そんなときに、一番最初に会うのは受付にいることが多い医療事務(受付業務に当たります)です。

人とコミュニケーションをとるとき先ずは「第一印象」です。そのため、自分がコミュニケーションをとるときどこに気をつけているのか。また、どこがコミュニケーションで自分は強みになるのかをアピールすると好印象になると思います。

仕事をいかに丁寧にできるか

医療事務は、診療報酬の計算など正確な仕事が要求されます。また、医療チームのなかでも重要な役割を果たします。そのため、報告・連絡・相談を正確にできるかという部分もかなり重要になります。そのため、自分が丁寧にできた仕事と合わせてPRするのがいいでしょう。

自分で、丁寧に仕事ができたと思えるものがないという方は先ずは自分の性格「物事をコツコツやれる」「今まで任されたものは確実にしてきた」などを見つけそれを踏まえて自分は事務の仕事を正確にできるとアピールしていくと印象がいいです。

守秘義務を守れるか

医療従事者は患者さんの個人情報を特に慎重に扱います。なぜか、個人情報が守れないと病院の信用をなくすからです。

けいこ
(ニュースでも個人情報の事を報道されることがあったわね!)

いくら、仕事が出来ても患者さんは病気のことをデリケートに扱います。守秘義務が守れなかったら、患者さんの信用だけではなく病院の信用にも関わってくるので秘密を守れることを伝えるといいかもしれません。

誠司
(人に聞かれたくないことってあるし、知られてくなかった事がバレたら良い気持ちはしないよな)

まとめ

・医療事務は男女問わず未経験からでも資格が取れ転職できる。

・自己紹介と自己PRは自分を知ってもらうための物だが特に自己紹介の方が第一印象を決める

・自己紹介や自己PRは簡潔に伝える

・自己紹介や自己PRがうまくいくと採用率が上がる

・面接では言動だけではなく身振り手振りも面接官に見られる

・自己PRはパソコンスキルやコミュニケーション、仕事の正確性や人間性のアピールをすると好印象

けいこ
医療事務は男女問わず取得できる人気の資格よ!それに一度取得すると安定して求人も見つかる職業でもあるわ!その分、他の職業よりも求められる事が多い職業だけどやろがいがあるのも魅力の一つ!

ここで書いてきたことは、医療事務だけではなく他の職業に転職するときにも使える事です!これらのことが読んでくださっている皆さんのお役に立てることを祈っています!

学歴なしスキルなし】そんな私でも転職したら年収100万以上アップ

転職しようと思った時、何も考えずやみくもに転職活動していませんか?それ、かなり損しています。

なんとなくハローワークに行ったり転職サイトを利用して良いと思った求人に応募しても内定を取るのは難しいです。ましてや、私のように学歴もスキルもないと余計に難しいです。

私は転職エージェントを利用してわずか3ヶ月で5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。

私は低収入で休みなしのブラック企業に勤務していました。毎月ギリギリの生活で欲しいものなんて買えませんでした。収入が低いので女性にもモテませんでした。優良企業に就職していて充実した生活を送っている友人には嫉妬と劣等感を感じるようになり、苦しくて辛い毎日でした。

そんな私が人生大逆転に成功した体験談はこちらになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です