転職の面接を当日に辞退しても大丈夫?電話テクニックを公開!

転職活動って人生において大きな出来事の一つですよね。人生を左右するほどの大きな決断だからこそ慎重に選んで行きたいですよね。

転職活動をしていく中で、たくさんの会社に応募すると思いますが、途中で「やっぱりこの会社は辞めておこう」って思うことがあると思います。

 

辞退の理由
  • 他社から内定をもらった
  • ネットでの評判が良くなかった
  • 周りの人に反対された
  • 応募したものの、良く考えると希望の条件と合わないからと感じたから
  • 第一希望の会社の面接の日程と被ったから

 

そんな時は辞退の連絡をしなければなりませんが、実際に辞退をしていいものか悩みますよね。ましてや、当日に連絡するとなった場合、かなり気が引けます。

けいこ
怒り狂った担当者の顔が脳裏に浮かぶ・・・

でも実は、誠意を込めて辞退の連絡すれば案外大丈夫です。

今回は、当日にいきなり面接を辞退しても大丈夫なのか?もし辞退する場合はどうすればいいのか?について詳しく解説していきます。

 

採用担当者は、それほど怒りません

けいこ
当日に辞退の連絡をするとなると怒られそうで怖いわね、、、

 

誠司
採用担当者の知り合いに聞いた話だと、そんなに心配することもなさそうだよ

 

知人の採用担当者の声

面接当日にいきなり辞退する人は、たくさんいるのでいちいち怒るようなことはないです。何度も辞退の連絡を受けてきましたから、良くあることです。

中には、何の連絡もなく辞退する人も結構いるので、そういう人には「失礼だな」と思います。無断で辞退されると結構困ることがあるんですよね。

応募者をずっと待たなければいけませんし、辞退することが分かっていれば、空いた時間を他の業務を行うことができるんですよね。

なので、連絡さえしてもらえると助かります。

辞退の連絡をいただければ、「わざわざ、ご連絡ありがとうございました。」と挨拶し、終了となります。

案外あっさりと終わりますよ。

 

全ての採用担当者さんに当てはまるわけではないですが、しっかりと連絡さえすれば怒られることはないようです。

しかし、企業に迷惑をかけることには変わりないので、失礼のないように注意して連絡しましょう。

 

当日・前日に辞退するなら電話がベスト

辞退の連絡するときは、メールでも電話でもどちらでも大丈夫です。しかし、当日や前日に辞退の連絡を入れる場合は電話の方が良いでしょう。

なぜなら、緊急性が高いのでメールだと連絡に気づくのが遅れたり、気づかない可能性があるからです。

また、電話の方がメールよりも丁寧な印象を受けやすいので、こちらの方が良いでしょう。

 

電話をする時間と場所は?

電話をする時間と場所も注意しなけなりません。

電話をするときは、必ず営業時間内に連絡しましょう。始業後、お昼休みの時間、就業前は避けた方が良いでしょう。忙しい時に電話をするのは、迷惑かけることになります。

そして、電話するときは電波が良くて静かな場所で電話をしましょう。電波が悪かったり、うるさいと伝えたいことが伝わりません。採用担当者さんの失礼にもなりますので注意しましょう

 

電話で伝えるべきこと

面接を辞退する際は、名前、面接予定時間、辞退理由、謝罪を必ず伝えましょう。

辞退理由については、そんなに詳しい理由を伝えなくても大丈夫です。

「一身上の都合により、辞退させて頂きたくご連絡いたしました」のような表現でOKです。

担当者によっては、詳しい理由をごく稀に聞いてくる場合がありますが、その場合は正直に理由を話しましょう。企業の採用担当者は、今後辞退されないように対策するために辞退理由を聞いてくることがあります。

よほど失礼な理由でない限り、怒られるようなことはありませんので、安心してください。

 

誠司
辞退理由は「一身上の都合」でOK!

詳しい理由は、担当者に言いにくいけど、これなら言いやすいね!

 

担当者が不在だった場合はどうすればいい?

電話をした時に、担当者が出れないことは良くあります。そのような場合でも、焦らず落ち着いて行動してください。

まずは、時間を置いてから改めて再度電話をしましょう。それでも電話にでない場合は、メールで辞退を伝えましょう。

メールで辞退の連絡をする場合も、名前、面接予定時間、辞退理由、謝罪を必ず文章にいれて伝えましょう。

メール 例文

件名:面接辞退のご連絡 

本文:お世話になっております、◯◯(名前)です。

本日〇〇時に貴社にて面接の機会を頂いていたのですが、一身上の都合により面接を辞退させて頂きたくご連絡いたしました。

先ほど、担当である◯◯様(担当者の名前)にお電話しましたが、不在とのことでしたので、メールにてご連絡させて頂いました。

お忙しい中、貴重なお時間を作って頂いていたにも関わらず、大変申し訳ございません。

また急なご連絡となってしまったこと重ねてお詫び申し上げます。

誠に身勝手なお願いではありますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

本当に辞退していいのか良く考えよう

一度面接を辞退してしまうと、基本的に再び応募しても合格する可能性は低いでしょう。

辞退した後に、「やっぱりこの会社で働きたい!」と後悔しないようにしっかり考えてから判断することが大切です。

 

知人の体験談

面接辞退を後悔しています。

転職活動をしていた時に複数社受けたうち、不動産会社に内定をもらいました。不動産会社は、一番給料が良く、この会社に入社しようと決めました。

もう1社別の会社の面接を控えていましたが、不動産会社に入社を決めたので辞退しました。面接を辞退した会社は、給与はあまり良くなかったものの勤務地や仕事内容、会社規模など羨ましいと思うところはありました。

現在も不動産会社で働いていますが、正直辞めたいです。給料に不満はないのですが、かなりのハードワークです。残業は当たり前で、毎日終電近くまで働いています。休日出勤もあります。

ノルマもあってしんどいです。朝起きるたびに憂鬱な気分になります。お金があっても使う時間がないので、何のためにお金を稼いでいるのかわかりません。

こんなことなら、面接を辞退した会社の方がよかったと思います。

けいこ
こんなに会社に縛られるのは辛すぎる!給料だけで選ぶのも考えものね
誠司
確かに。お金も大事だけど時間も大事だね!

 

まとめ

  • 面接当日に辞退しても、しっかりと連絡を入れれば問題ない。
  • 辞退の連絡をするときは、マナーを守ってちゃんと謝罪をすること
  • 辞退をする場合は、慎重に判断しないと後悔することがある

転職活動していく中で様々な理由で、面接を辞退することもあると思います。辞退すること自体は、どうしても仕方ないこともあると思います。

しかし、企業の担当者さんは、応募者の為に時間を割いて準備してくださっています。辞退をする場合は、感謝の気持ちと謝罪をしっかりすることが大切です。

気まづいからといってドタキャンをしたり、失礼な対応をしないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です