会社を辞めたいと思う理由をランキングトップ5で紹介します!

<人生大逆転>私の体験談をご紹介

転職エージェントを使って社畜からの脱出!年収100万アップさせた方法

何も考えず適当に転職活動をしても失敗します。

学歴もスキルもない私が、転職エージェントを利用して5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。学歴やスキルもなく、転職に関する知識がない人にこそ転職エージェントを利用しないのはもったいないです。

なぜなら、転職エージェントは転職に関しての独自のノウハウを持っており、的確なアドバイス、非公開求人の紹介、履歴書添削、面接対策、年収交渉をしてくれるからです。

転職活動をスムーズに行えるサポートが充実しています。

自分のキャリアに自信がない人や転職しようにも何したら良いか分からない人ほど転職エージェントを利用するべきです。

どの転職エージェントを利用するか迷ったら業界最大手のマイナビエージェントがおすすめです。まずは、王道の転職エージェントを利用するのが間違いないです。求人数も多くサポートの質が高いので全ての人におすすめできます。

無料で90秒で簡単に登録できます。

皆さんは、現在勤めている会社を辞めたいと思ったことはあるでしょうか。もしかしたら、会社を辞めたいとは思っているけれど、こんな理由で会社を辞めてもいいのだろうか、と誰にも相談できずに悩んでいる方もいるかもしれません。

そのような方達の悩みを少しでも解消してもらうべく、この記事では、実際に会社を辞めて転職した人たちはどのような理由で会社を辞めようと思ったのか、1位から5位までのランキングにして紹介します。(契約期間終了、会社都合、その他の項目は除いています。)

参考:平成 29 年雇用動向調査結果の概況

 

第1位 労働条件

第1位は、労働時間や休暇、残業などの「労働条件」です。有給を取って休みたいのに休めない、せっかくの休日なのに出勤しろと会社に言われた、など自分の時間をゆっくり過ごせないのはかなりのストレスが溜まると思います。

また、残業が多かったり、労働時間そのものへの不満も多いようです。また、この理由は女性の割合が高く、家庭と仕事の両立、妊娠・出産・産後復帰などの問題が大きく関わっていると考えられるでしょう。

法律で定められていることはもちろん、働く人たちのことをしっかりと考えた上で、働くことに対する制度を整え見直すことが今の企業には求められていると思います。

 

第2位 給料

第2位は、働らいた対価として貰う「給料」です。自分の方が仕事ではるかに成果を出しているのに、上司は倍近く給料を貰っていたり、正当に仕事が評価されず、その結果給料が上がらなければ仕事に対するやりがいを感じなくなってしまいます。

また、やりがい以前に、どんなに頑張っても給料が上がらなかったり、働いた分のお金がきちんと支払われないのは直接生活や自分の幸せに関わってくるので、状況をしっかりと判断した方がいいでしょう。

アルバイトでも、時給以上の仕事をやらされたり、本来は正社員がするべき仕事の責任を負わされているのに給料は変わらず、という状態ならばすぐに辞めてしまうでしょう。

私も初めてアルバイトとして働いた時に、本来は業務内容に入っていないクレーム対応や納品書の取り扱いなどを任され、それにも関わらず給料は低いままだったのですぐに辞めたいと思うようになりました。

 

第3位 人間関係

第3位は、上司や同僚、部下などの「人間関係」です。一緒に働いている人が自分と仲が悪かったり、常に意見が衝突していたり、セクハラやパワハラをしてくる上司がいたら、どんなに立派な仕事でやりがいを感じていても、人間関係のせいで会社に行きたくないと思ってしまいます。

逆に、仕事で何か辛いことがあったとしても、一緒に働いている人たちの支えがあればそれを乗り越えることが出来ます。

上記とは別の職場で、私は6年間アルバイトを続けていました。もちろん、以前の職場よりも時給が高く業務内容や責任の所在がはっきりしていたから長く続けられたのも事実ですが、一緒に働く人たちが仕事に関する悩みを聞いてくれたり、アドバイスをくれたり、親身になって私を支えてくれたのが一番の理由だと強く感じます。

 

第4位 将来性

第4位は、働いている会社の「将来性」です。もしも自分が働いている会社が「この先10年以内に潰れます」と言われたら、給料で取り上げたのと同じく、直接生活に関わってくる大問題になります。

会社が潰れてから転職先を探すにしても、色々と準備が必要ですし、その間の収入の問題も発生します。会社の経営方針や利益率などを自身できちんと把握して、少しでも「危ないかも」と感じたら、早めに今後の準備をしておいた方がいいかもしれません。

 

第5位 仕事内容

第5位は、自分に任せられている「仕事内容」です。入社以前にイメージしていた業務内容とかけ離れていたり、想像もしていなかったような問題に突き当たってしまい仕事が辛いなど、実際に働いてみないとわからない点は多々あると思います。

また、もっと別のことにチャレンジしたい、スキルアップしたいと考えているのに、その機会が提供されず、いつまでも同じ業務内容でやりがいが無くなってしまった人もいるでしょう。確かに、ずっと代わり映えしない仕事を淡々とこなすのは難しいことかもしれません。

同じ仕事を長く続けるのには、自分自身で仕事のやりがいを見つけることも重要になってくるのかと思います。アルバイトでひたすら単純作業を任せられた時は、私もつまらないな、と感じていました。

しかし、ただつまらないなと思いながら淡々と仕事をしていれば必ず辛くなってくるので、どんなに単純な仕事であっても私は必ず自分で目標を設定して、それを達成するために頑張って作業をしました。

そうすると、目標を達成した時に自然と喜びを得ることが出来て、この次も頑張ろうと思うことが出来ました。

 

まとめ

会社を辞めたいと思う理由は男女や年齢で若干の違いがありますが、

  • 勤務時間や休暇などの労働条件が見合っていない
  • 仕事量に対する報酬の不満
  • 一緒に働く人々との関係がうまくいっていない
  • 会社の存続が危うい
  • 仕事に対するやりがいがない

など、働く環境そのものに対する不満がおもな理由になっているようです。

残念ながら、働く環境は、実際に入社して働いてみないとわからないことが多いと思います。入社する前は楽しそうだった仕事も実際にやってみたらやりがいを全く感じなかったり、一緒に働いている人との関係がうまくいかずに、仕事どころではなくなってしまったり、会社を辞めたいと思う理由も様々です。

しかし、自分が辛いと感じていて会社を辞めたいと思ってしまうのは仕方がないことであるし、会社を辞めてしまってもそれに対して後ろめたさだったり罪悪感を感じる必要はありません。辛いと思いながら仕事を続けるよりも、自分にあった環境で仕事をこなして、毎日を充実させることの方がはるかに重要だと私は思っています。

この記事を読んでくださった会社を辞めたいと思っている皆様が、今いる会社を辞めて新しい出発をするべきか、今いる会社でもう少しだけ頑張ってみるのか、検討する際に少しでも参考になればと思います。

学歴なしスキルなし】そんな私でも転職したら年収100万以上アップ

転職しようと思った時、何も考えずやみくもに転職活動していませんか?それ、かなり損しています。

なんとなくハローワークに行ったり転職サイトを利用して良いと思った求人に応募しても内定を取るのは難しいです。ましてや、私のように学歴もスキルもないと余計に難しいです。

私は転職エージェントを利用してわずか3ヶ月で5社から内定を獲得し、年収を100万以上アップさせました。

私は低収入で休みなしのブラック企業に勤務していました。毎月ギリギリの生活で欲しいものなんて買えませんでした。収入が低いので女性にもモテませんでした。優良企業に就職していて充実した生活を送っている友人には嫉妬と劣等感を感じるようになり、苦しくて辛い毎日でした。

そんな私が人生大逆転に成功した体験談はこちらになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です